« 「慰安婦強制」で新資料 6点、河野談話に含まれず | トップページ | 秘密保護法案:国連人権理の特別報告者 日本に懸念表明 »

2013/11/22

徳洲会グループ 猪瀬知事側に5000万円 報告書記載なし

 なんとも不思議な、うさんくさい事件であるなあ。

徳洲会グループ 猪瀬知事側に5000万円 報告書記載なし(東京新聞)

 東京地検特捜部が強制捜査中の医療法人「徳洲会」グループが、昨年十二月の東京都知事選の告示直前に、猪瀬直樹知事(67)側に五千万円を提供していたことが、関係者の話で分かった。特捜部が今年九月に強制捜査を始めた後、猪瀬氏の秘書が全額を返却したという。 
 猪瀬氏は午後一時二十分ごろ、報道陣に対し、徳田虎雄前理事長を訪問したことを認め、「五千万を借り、ことし九月に返した。資金提供ということで応援してもらうことになった」と述べた。
 猪瀬氏側の関係者は「金は使わず猪瀬氏の妻が保管していた。すぐに返すつもりだったが、東京五輪招致活動などで先延ばしになっていた」と説明している。ただ、猪瀬氏の政治資金収支報告書などに徳洲会関連の記載はなく、政治資金規正法や公職選挙法に違反する可能性がある。
 猪瀬氏が知事選後、都選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」では、収入として昨年十一月に自己資金から三千万円、後援団体「東京を輝く都市にする会」から五十万円の記載しかない。猪瀬氏の資金管理団体「猪瀬直樹の会」など関連二団体の二〇一二年の報告書などにも、徳洲会関連の献金の記述はない。
 関係者によると、猪瀬氏は副知事だった昨年十一月六日、神奈川県鎌倉市の湘南鎌倉総合病院で、療養中の徳田虎雄前理事長(75)を訪問。前理事長の妻と猪瀬氏の知人が同席し、約四十分間面会した。猪瀬氏が「都知事選に出ます」とあいさつすると、虎雄前理事長は難病で話せないため、文字盤を目で追う方法で「応援します」などと伝えた。その後、徳洲会グループから猪瀬氏側に五千万円が提供されたという。
 猪瀬氏は訪問から約二週間後の十一月二十一日、都知事選に無所属で立候補することを表明。翌十二月十六日の選挙で初当選した。
 特捜部は今年九月十七日、都知事選と同日に実施された衆院選で、前理事長の次男の徳田毅衆院議員(42)の選挙運動をめぐり、徳洲会グループの関係先の家宅捜索を始めた。
 関係者によると、捜索後の九月下旬、猪瀬氏の秘書が東京都内で虎雄前理事長の妻に会い、五千万円を返却したという。公職の候補者や資金管理団体などに対する個人からの献金は、年間百五十万円までに制限され、企業・団体の献金は一切禁止されている。公選法では、出納責任者が報告書に記載しなかったり虚偽の記入をした場合には、三年以下の禁錮などが科される。政治資金規正法では、会計責任者が記載しなかったり、虚偽の記載をした場合、五年以下の禁錮などが科される。

 人脈的にも、そんなに有力なスポンサーがいなかったのでしょうかね。
 しかし、ころころと発言がかわる。そして、最終的に、かりたということで認めたようだけど。上脇さんは、このことについて、「これを『本人と妻』しか知らず、『現金』で受け取り、都条例が命じる資産報告書にも公選法が命じる選挙運動費用収支報告書にも不記載、徳洲会捜索直後に返済した、となると、『裏金』が一番自然。知事選用の借金だとしても、本人が公選法の収支報告書不記載罪に問われる。」と指摘している。そもそも、行政の長(知事)が特定の医療法人から借金するのも問題。しかもそれは選挙資金であると考えるのが、妥当だし。まだまだ、明らかになっていない問題が多いし、しっかり、明らかにしてもらいましょう!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「慰安婦強制」で新資料 6点、河野談話に含まれず | トップページ | 秘密保護法案:国連人権理の特別報告者 日本に懸念表明 »

政治」カテゴリの記事

コメント

「金は使わず猪瀬氏の妻が保管していた。すぐに返すつもりだったが、東京五輪招致活動などで先延ばしになっていた」とうだけのことならば、選挙資金に使ったわけでもなく、政治資金に使ったわけでもなく、ただ個人的に借りて、これを妻に保管して、何らかの事情により先延ばしになっていたものの、そのまま返したというだけの事実ならば、これを裏付ける借用書等があれば、これを動かぬ証拠として差し出せば、罪に問われるものではございませんよね。
確かに、選挙資金や政治資金というのであれば、確実に資金収支報告書なりに記載していなければならないはずだし、これを調べれば、献金したお金が、どこに使われて、どのようにして返済に至ったのかという流れを調べれば簡単に、真実を裏付ける動かぬ証拠を見つけることか、見つからないかあるいは記載がなければ、裏金という事実を裏付ける動かぬ証拠として、真実を明るみにすれば、簡単に有罪を立証することが出来るだけのことだし、猪瀬都知事がおやめになるだけではなく、贈賄側の罪も立証することも出来る分けだし、ただ、何の事実もなければ、何らかの意図的な目的によって、猪瀬都知事ならびに贈賄者に濡れ衣を着せようとしたに過ぎないという真実を見破れば、シリアのアサド大統領のしらないところで、アメリカやイギリス等から化学兵器を抜け荷をして、これを反政府軍に横流しをして、暴利を貪り、アメリカの軍事介入によって、シリアのアサド大統領に濡れ衣を着せ、オバマ大統領にも濡れ衣を着せようとしたなんていうのと本質的には同じ真実にもたどり着くばかりでしかないとすれば、ドイツのメルケル首相への電話盗聴疑惑にしても、結局はメルケル首相を罪人の娘にしようとしたに過ぎないというのとも変わり無いし、小泉元首相にしても、結局のところは、核武装計画書の事実が明るみに出るのを恐れて、これを利用して原発にしがみつこうというどころか、結局はこれが特定秘密保護法案の真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実を見破れば、余りにも幼稚で子供じみた悪あがきに過ぎないし、結局のところは、こうした連中からすれば、これが「お国のため天皇陛下のため」と言っておきながら、自分たちが生きて行けなくなることへの不安や恐れを抱き、ただ自分たちも幸せに暮らしたいし、ただ自分たちに従属してくれるだけの使い物にならない間抜け連中とだけで、共に幸せに暮らせれば、これ以外には心を寄せる余裕もゆとりも無いし、幾らでも犠牲にしてでも生き延びたいなんていう極めて幼稚で傲慢極まりない、子供じみた悪あがきに過ぎないという真実を見破れば、戦前の日本に置き換えれば、韓国からすれば、これだけでも従軍慰安婦問題の真実を裏付ける動かぬ証拠になるだけのことでしかないとすれば、もうさすがに怒りなんていうものを通り越して聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんし、結局これが、積極的平和主義と言っておきながら、単なる好戦的平和ボケ主義に他ならないし、全人類を騙し、天皇陛下を騙し、日本国民を騙して、日本を滅ぼすどころか、全人類の悲劇に繋がりかねないという真実を裏付ける動かぬ証拠になって、行き着く先は、自ら目と耳を塞ぎ、孤立化させられるだけの悪あがきに過ぎないし、勝手に自滅することになったとしても、後の祭りにしかならないだけのことでしかないとすれば、さすがに、こんな連中こそ、どうなろうと自ら選択した運命に他ならないし、自明のことでしかないと割り切ってしまえば、まともな日本人からすれば、「いいかげんにしろ!どうぞ安倍首相と共に運命を共にして、幾らでも涙を流しながら、何処か人目につかないところで、そっと静かにくたばって下さい」ということで、上手く騙されたふりをして突き放してしまうしかございませんし、そっと静かにこえを乗り越えて、日本の運命を大きく変えていく様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

「金は使わず猪瀬氏の妻が保管していた。すぐに返すつもりだったが、東京五輪招致活動などで先延ばしになっていた」とうだけのことならば、選挙資金に使ったわけでもなく、政治資金に使ったわけでもなく、ただ個人的に借りて、これを妻に保管して、何らかの事情により先延ばしになっていたものの、そのまま返したというだけの事実ならば、これを裏付ける借用書等があれば、これを動かぬ証拠として差し出せば、罪に問われるものではございませんよね。
確かに、選挙資金や政治資金というのであれば、確実に資金収支報告書なりに記載していなければならないはずだし、これを調べれば、献金したお金が、どこに使われて、どのようにして返済に至ったのかという流れを調べれば簡単に、真実を裏付ける動かぬ証拠を見つけることか、見つからないかあるいは記載がなければ、裏金という事実を裏付ける動かぬ証拠として、真実を明るみにすれば、簡単に有罪を立証することが出来るだけのことだし、猪瀬都知事がおやめになるだけではなく、贈賄側の罪も立証することも出来る分けだし、ただ、何の事実もなければ、何らかの意図的な目的によって、猪瀬都知事ならびに贈賄者に濡れ衣を着せようとしたに過ぎないという真実を見破れば、シリアのアサド大統領のしらないところで、アメリカやイギリス等から化学兵器を抜け荷をして、これを反政府軍に横流しをして、暴利を貪り、アメリカの軍事介入によって、シリアのアサド大統領に濡れ衣を着せ、オバマ大統領にも濡れ衣を着せようとしたなんていうのと本質的には同じ真実にもたどり着くばかりでしかないとすれば、ドイツのメルケル首相への電話盗聴疑惑にしても、結局はメルケル首相を罪人の娘にしようとしたに過ぎないというのとも変わり無いし、小泉元首相にしても、結局のところは、核武装計画書の事実が明るみに出るのを恐れて、これを利用して原発にしがみつこうというどころか、結局はこれが特定秘密保護法案の真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実を見破れば、余りにも幼稚で子供じみた悪あがきに過ぎないし、結局のところは、こうした連中からすれば、これが「お国のため天皇陛下のため」と言っておきながら、自分たちが生きて行けなくなることへの不安や恐れを抱き、ただ自分たちも幸せに暮らしたいし、ただ自分たちに従属してくれるだけの使い物にならない間抜け連中とだけで、共に幸せに暮らせれば、これ以外には心を寄せる余裕もゆとりも無いし、幾らでも犠牲にしてでも生き延びたいなんていう極めて幼稚で傲慢極まりない、子供じみた悪あがきに過ぎないという真実を見破れば、戦前の日本に置き換えれば、韓国からすれば、これだけでも従軍慰安婦問題の真実を裏付ける動かぬ証拠になるだけのことでしかないとすれば、もうさすがに怒りなんていうものを通り越して聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんし、結局これが、積極的平和主義と言っておきながら、単なる好戦的平和ボケ主義に他ならないし、全人類を騙し、天皇陛下を騙し、日本国民を騙して、日本を滅ぼすどころか、全人類の悲劇に繋がりかねないという真実を裏付ける動かぬ証拠になって、行き着く先は、自ら目と耳を塞ぎ、孤立化させられるだけの悪あがきに過ぎないし、勝手に自滅することになったとしても、後の祭りにしかならないだけのことでしかないとすれば、さすがに、こんな連中こそ、どうなろうと自ら選択した運命に他ならないし、自明のことでしかないと割り切ってしまえば、まともな日本人からすれば、「いいかげんにしろ!どうぞ安倍首相と共に運命を共にして、幾らでも涙を流しながら、何処か人目につかないところで、そっと静かにくたばって下さい」ということで、上手く騙されたふりをして突き放してしまうしかございませんし、そっと静かにこえを乗り越えて、日本の運命を大きく変えていく様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58625149

この記事へのトラックバック一覧です: 徳洲会グループ 猪瀬知事側に5000万円 報告書記載なし:

« 「慰安婦強制」で新資料 6点、河野談話に含まれず | トップページ | 秘密保護法案:国連人権理の特別報告者 日本に懸念表明 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31