« みんな・渡辺氏、連立視野に与党連携 | トップページ | 燃える労働基準監督官 ドラマ効果?相談急増 »

2013/11/30

米 中国に飛行計画書提出の方針

 うーん心配なんだよなあ。心配。

米 中国に飛行計画書提出の方針(NHKニュース)

 中国が東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定し、飛行する航空機の飛行計画の通報などを求めていることについて、アメリカ政府は外国政府が発表する航空情報には従うべきだとして、アメリカの航空各社に対し、中国当局へのフライトプラン=飛行計画書の提出を事実上、求めていく考えを明らかにしました。
 中国は今月23日、沖縄県の尖閣諸島の上空を含む東シナ海の広い範囲を防空識別圏に設定し、飛行する航空機に対し中国外務省や航空当局に飛行計画を通報することや中国国防省の指示に従うことなどを求め、従わない場合、武力による緊急措置を取るとしています。
 これについてアメリカ国務省は、29日、報道官の談話を発表し「アメリカ政府は、国際的に運航するアメリカの航空会社は外国政府が発表する航空情報に従うべきだと考えている」として、アメリカの航空各社に対し、中国当局へのフライトプラン=飛行計画書の提出を、事実上求めていく考えを明らかにしました。
 一方で、「中国が設定した防空識別圏については引き続き深く懸念している」としたうえで、「今回の措置はアメリカ政府が中国の防空識別圏の設定に伴う要求を受け入れたことを意味するものではない」としています。
これについてアメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは、「オバマ政権内部で不測の事態が起きることへの懸念が強まっていた」として、安全面への配慮が今回の方針につながったとの見方を示しています。
 一方、日本政府は、日本の航空各社にフライトプランの提出には応じないよう要請しています。……

 日本の航空会社は、当初は、中国が国際機関のルールに従って各国に通報したことから、飛行計画を中国に提出していたようだけど、日本政府が提出すべきでないとする方針を示したことから、その後は提出していないと言う。航空会社は、日本政府に従うと言う。
 もちろん、今度の中国政府のやり方は、異常で、おかしいとは思うけど。
 一方で、どう不足の事態をさけるのかをよく考えないといけない。こわいよ。
 アメリカは外交のルートも太く、軍レベルの交流もある。だけど、日本は、外交のルートも細くなっているし……。軍と自衛隊レベルの交流は初歩の初歩。うーーーん。どれだけ、外交的な手立てがうたれているのか? どういう情報を政府はもっているのかなあ。
 いずれにしても、不足の事態をおこさない、努力を相互になあ。うーん、そういう動きが生まれるのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« みんな・渡辺氏、連立視野に与党連携 | トップページ | 燃える労働基準監督官 ドラマ効果?相談急増 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

そもそも防空識別圏というものは、国際法に則れば、「アメリカ政府は、国際的に運航するアメリカの航空会社は外国政府が発表する航空情報に従うべきだと考えている」ということを、「逆転の罠」として利用するならば、まんまと騙されたふりをすれば、「日本の航空会社が中国政府に対してフライトプランを提出するならば、中国の航空会社も日本政府に対して、フライトプランを提出して下さい」ということで構わないだけのことだとすれば、日本政府が、日本の航空会社に対して中国にフライトプランを提出させない」なんて対応には、これがオホーツク海であれば、ロシアがまんまと騙されたふりをすれば、中国政府がフライトプランをロシア側に出さなければ、それこそ、中国の民間航空会社からすれば、それこそシベリア上空を通り抜けることもできなくなるだけのことでしかないし、それこそ大韓航空機撃墜事件のようなことが起きたとしても、中国の自己責任でしかないという真実を裏付ける動かぬ証拠になるだけのことでしかないという真実に辿りつけば、さすがに日本の国民全体からすれば、怒りなんていうものを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんし、ましてや、これが沖縄県民の皆様や台湾の皆様が、モンゴルや内モンゴル自治区の皆様にでも置き換えれば、たまったものではございませんよね。
中国政府からすれば、それこそ騙されたふりをすれば、日本に対してフライトプランを差し出すならば、この見返りとして、沖縄県に対して尖閣諸島を払い下げるお金を出してあげることで、今度はこの見返りとして、それこそ核武装計画書を中国政府に差し出させるという「逆転の罠」に利用して、幾らでも日本政府を揺さぶることになれば、まんまと騙されたふりをして、使い物にならない間抜け総理に過ぎなかった小泉元首相でも構わないし、副総理の麻生さんにでも子供の使いをさせて、表紙だけを差し替えた偽物の核武装計画書を中国政府に出させれば良いだけのことだし、中国政府が、これを「動かぬ証拠として、アメリカ政府に持って行かせることで、この見返りとして、沖縄県に払い下げた尖閣諸島のお金を、半分でもアメリカ政府に出させるという「逆転の罠」に利用させてあげることで、今度はアメリカ政府が、これを「逆転の罠」として利用するならば、日本政府に対して、使い物にならない間抜け総理に過ぎない安倍首相を幾らでもコケにして、自民党をコケにして、使い物にならない間抜け官僚機構をコケにして、1%の金と権力の亡者をはじめとする、原発推進派をまとめとコケにさいて、これに付き従うだけの保守右翼連中だけをコケにすることで、こうした連中こそが全人類の大敵に過ぎないし、お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもならない、とんだ迷惑極まりないゴミクズに過ぎないという真実を裏付ける動かぬ証拠として突きつけることで、国連の安全保障j理事会に、本物の核武装計画書を差し出させることで、結局位のところは、積極的平和主義と言っておきながら、自分たちの面子を奪われ、自分たちだけが幸せに暮らせれば、国民のことなんかどうでも良いし、他国のことには心を寄せる余裕もゆとりもないし、どうなろうと構わないという身勝手な欲望が招いた好戦的平和ボケ主義によって、全人類を騙し、天皇陛下を騙し、日本国民を騙して、自分たちに従ってくれるだけの保守右翼と、そうでない国民とで民族分断に繋がる根本的な矛盾により、日本を取り戻すどころか、取り返しのつかないことになり、全てを奪われ、日本を滅ぼすどころか、全人類の悲劇に繋がりかねない悲惨な運命を裏付ける動かぬ証拠になるだけのことでしかないという真実を見破れば、今度はまともな日本国民全体が全人類と共に、幾らでも騙されたふりをして、こうした連中に対しては、「どうぞ安倍首相と共に運命を共にするならば、もうニ度と全人類を巻き込むこともなく、天皇陛下を騙すようなこともせず、自ら勝手に日本から、とっとと出ていかれて結構ですから、全人類から邪魔されるようなことになった場合には、どうぞ、幾らでも勝手に子供の喧嘩でもやって、共に恨みを分かち合い、憎しみを分かち合い、深い悲しみを分かち合いながら、幾らでも傷つけ合って、共に血の涙を流しながら、勝手に死んで見捨てられることになったとしても、自らが選択した運命に他なりませんし、自明のことでしかございませんので、そっと静かにくたばって下さい」ということで、幾らでも日本から追い出して最終処分されるように願いながら、そっと静かに、子供の喧嘩に巻き込まれることも無い様に無視してあげることで、勝手に孤立化して、次第に窮地に追いやるようにして、雲散無消させてしまうことで、これを乗り越えて、誇りを持って、日本全体を縮小させ、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、誇りを持って、肩身の狭い思いをして、誇りを持って身を縮めながら、ただひっそりとした二流国にも三流国にも転落させるようにして弱体化させ、誇りを持って名誉ある孤立化をしながら、そっと静かに自立して行く道を選択することで、中国には、まmmなと騙されたふりをさせてあげることで、これを「間抜けの倍返し」ということに繋がる逆転の罠に利用させてあげることで、誇りを持って反面教師になってあげることで、日本の運命を大きく変えて行く様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58671561

この記事へのトラックバック一覧です: 米 中国に飛行計画書提出の方針:

« みんな・渡辺氏、連立視野に与党連携 | トップページ | 燃える労働基準監督官 ドラマ効果?相談急増 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30