« だいぶ、アップアップ | トップページ | 20代の24%、勤め先「ブラック企業」 連合総研 »

2013/11/07

集団的自衛権「東南アジアも」 行使対象国で石破氏

 いやはや、一般論としては、集団的自衛権というものが、同盟関係にかぎらないという解釈はあるのでしょうけどねえ。

集団的自衛権「東南アジアも」 行使対象国で石破氏(東京新聞)

 自民党の石破茂幹事長は六日のBS日テレ番組で、集団的自衛権の行使容認に向けた議論に関し、共に行使できる対象国に、同盟国の米国以外に東南アジア諸国が入ることもあり得るとの考えを示した。この地域で海洋進出を進める中国を念頭に置いた発言とみられ、中国側の反発を招く可能性もある。
 石破氏は、行使の対象国にフィリピン、マレーシア、インドネシア、ベトナムを例示し「そういう国々に急迫不正の攻撃がなされた場合、アジア太平洋全体の(軍事)バランスが大きく崩れる。日本にとって死活的な問題になる可能性はある」と指摘。「米国でないから(自衛隊を)出さないということでいいのか。最初から排除する選択肢はない」と述べた。

 だけど、当の東南アジアの国々と言うのは、TACだとかDOCなどによって、平和秩序形成の独自の努力をおこなっているわけであって。
 国連憲章の本筋の問題での努力と、違うみちすじで生まれた集団的自衛権というものそのものが抱える問題という問題も見えてくるような気がするが、いずれにしても、この石破さんという人は、どういうつもりでこんなことを言っているのか。こんなことを言って、アジアが歓迎すると思っているのだろうかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« だいぶ、アップアップ | トップページ | 20代の24%、勤め先「ブラック企業」 連合総研 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58531138

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権「東南アジアも」 行使対象国で石破氏:

« だいぶ、アップアップ | トップページ | 20代の24%、勤め先「ブラック企業」 連合総研 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31