« 加速する“未婚社会”どう備える | トップページ | 社会保障「プログラム法案」可決 野党は抗議 »

2013/11/15

集団的自衛権の行使容認 報告書に

 こんなニュースが出ているとは。

集団的自衛権の行使容認 報告書に(NHKニュース)

 集団的自衛権の行使を巡る政府の有識者懇談会の北岡伸一座長代理は、報告書の策定に向けて、集団的自衛権の行使に憲法上の制約はないとして、憲法改正ではなく憲法解釈の変更によって行使を容認する内容の文書を取りまとめました。
 報告書はこの文書の内容に沿って策定される見通しです。
 「あるべき新しい憲法解釈」と題されたこの文書は、報告書の策定に中心的な役割を果たす北岡座長代理がまとめ、13日の有識者懇談会に示されました。
 文書は、集団的自衛権の行使は自衛権行使の機会を増やすのではなく、むしろ紛争の可能性を未然に減らし、個別的自衛権だけで一国で安全を守るより、集団的自衛権は軍備のレベルを低く抑えることを可能にすると指摘しています。そのうえで、集団的自衛権の行使は認められないとする従来の内閣法制局の解釈は誤りで、その行使に憲法上の制約はないと結論づけています。
 そして、集団的自衛権を行使する自衛隊の活動範囲について、地理的な限定を設けることは不適切だとしています。
 ただ一方で、行使に歯止めをかけるため、要件を密接な関係にある外国が武力攻撃を受け、その国から明確な要請がある場合とし、行使については、内閣として意思決定し、その場合でも国会の承認を得る必要があるとしています。
 さらに、文書は個別的自衛権の行使は憲法解釈を固めることで認められてきたと指摘し、集団的自衛権の行使も憲法改正ではなく、憲法解釈の変更によって容認できるとしています。
この文書は、有識者懇談会でのこれまでの議論を踏まえてまとめられており、報告書は文書の内容に沿って策定される見通しです。

 昨日の段階では、全然、報道されていないし、法制懇のHPにもこの文書はアップされていない。どんな文書なんだ? 知っている人がいれば情報を求む。
 だけど、この報道の限りでは、1つは、法解釈のレベルでは、集団的自衛権を全面解禁するということ。これって、ほんとうに9条を亡き者にしようと言うものにほかならないもの。こんなことが許されるのか。
 そして、政策判断として、その行使の在り方に制限をかけるという仕組みだから、その制限はまったく歯止めにならないのではないのか?しかも、きわめて政治的な判断なわけだから、いっそう矛盾を抱え込むことになるわけだし。粗悪だなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 加速する“未婚社会”どう備える | トップページ | 社会保障「プログラム法案」可決 野党は抗議 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58579232

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の行使容認 報告書に:

« 加速する“未婚社会”どう備える | トップページ | 社会保障「プログラム法案」可決 野党は抗議 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30