« 秘密保護法案:「政策検証困難に」歴史学研究者ら反対集会 | トップページ | ユリョン-幽霊- »

2013/11/09

米軍の性的暴行46%増 国防総省発表

 ニュースをクリップ。

米軍の性的暴行46%増 国防総省発表(沖縄タイムス)

 米国防総省は7日、米軍の性的暴行事件に関する中間報告を発表し、2012年10月~13年6月に発生した米軍の性的暴行事件が3553件で、前年同期(2434件)に比べ約46%増加していることを明らかにした。9カ月間の合計件数は、12会計年度(11年10月~12年9月)全体の事件数(3374件)をすでに上回っている。同省は例年、年次報告書で開示しており、中間報告は異例。
 米軍の性的暴行を調査している独立委員会が同日に開いた公聴会で明らかにされた。軍別や項目ごとの詳細なデータは公開しなかった。届け出件数が増加した理由について、同省のウィルキンソン報道官は本紙に対し、「被害者らのわれわれの対応に対する信頼の表れ」と述べ、被害者支援措置が功を奏していると評した。
 米上院は18日以降の審議で、米軍の性的暴行事件の起訴権限の委譲や被害者の保護強化など、米軍の司法制度の変更を盛り込んだ法案を諮る。国防総省や米軍幹部らは、起訴権限の委譲に強く反対しているが、すでに46人の上院議員が賛成票を投じる意向を表明しており、成立する可能性が高まっている。
 同省が昨年公開した報告書によると、12会計年度の実質的な被害者数は2万6千人で、前回調査時(10年度)の1万9千人から37%増加している。

 こんなニュースは聞くだけで、つらく、悲しい。だけど、何が問題なのかは、ちゃんと見ていかないと。軍事という問題、それにとどまらない女性への見方、女性の権利の問題。2重3重に、大事な問題があるのろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 秘密保護法案:「政策検証困難に」歴史学研究者ら反対集会 | トップページ | ユリョン-幽霊- »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

本質的には、このアメリカを戦前の日本に置き換えれば、このような性的暴行による被害者というのを、戦場で使い物にならない間抜け兵士によって、慰安所にて性奴隷として、好き勝手に弄ばれたなんていう従軍慰安婦問題の真実と重なることになるとすれば、もしもこれが、麻薬犯罪なんていうものに置き換えれば、それこそサイゴン市内の飲み屋や売春宿を東インド会社にでも置き換えれば、日本が清国の立場に置き換えれば、イギリスを朝鮮王朝の立場に置き換えるとなれば、中国からすれば、東インド会社が、イギリス本国からアヘンの抜け荷をして、それを横流しして暴利を貪り、国内社会を混乱させ、国を滅ぼす大罪を引き起こしたという、「動かぬ証拠」になるだけのことでしかないという真実を見破れば、韓国の朴大統領が、ドイツのメルケル首相に置き換えれば、日本の安倍首相をイギリスのキャメロン首相にでも置き換えれば、従軍慰安婦問題に関して言えば、これを「逆転の罠」としてでも利用するなら、幾らでも騙されたふりをして、小林よしのりに従軍慰安婦問題に関する風刺漫画でも描かせて、これを韓国に売って、それをドイツやフランスにでも横流しをして、このお金で、性奴隷とされた被害者の皆様のための老人介護福祉等に還元してあげるようにすれば良いのだし、日本が清国を見倣って、まんまと騙されたふりをしてあげれば、副総理の麻生太郎を石原慎太郎と共に韓国にでも行かせて、竹島上陸騒動を引き起こした前大統領と一緒になって竹島にでも連れて行って、そこで、幾らでも大恥をかかせて堕落させてから、そのまま38度線を超えて、北朝鮮が用意したトラックにでも乗せて、そのまま何処かに走り去って、「毛のない猿」にでもさせられて、見捨てられてしまうなんてことになったとしても、これもまた自らが選択した運命に他ならないし自明のことでしかないという真実に見破れば、最後には安倍首相に対して、「従軍慰安婦問題に関しては、これでも罪を認めないおつもりですか。まだ言い逃れをするつもりですか。強制連行の事実はなかったとか、幼稚な言い訳をして、シラを切り通すつもりですか。こんなことをしたところで罪が消えるわけではございませんし、自らが罪を認めて、きちんと謝罪をしてくださるのならば、取り戻す機会を与えてあげることはできますが、もうこれ以上許すわけには参りません。全ては終わったのですから、どうぞ罪を認めて、自ら勝手に自民党を引き裂いて、戦前の日本にしがみついているだけの保守右翼連中だけを道連れにして、何処か人目のつかないところで、そっと静かに民族自決でもやって、勝手に滅び去って下さい。こうれもまた、あなたが自ら選択した運命に他ならないのだし、自明のことでしかありませんので、全人類のためにはならないし、お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもなりませんから、幸せに暮らす資格なんか何処にも無いし、あなたがたこそ日本人以前の人間ではない獣もしくは虫けらと同然のことでしかありませんので、勝手に叩き潰されても当然のことですから」ということで、幾らでも安倍首相を馬鹿にして、幾らでも涙を流しながら泣き崩して堕落させていただくしかございませんし、これを乗り越えたまともな日本国民全体からすれば、「安倍首相を馬鹿にして泣き崩して頂きまして、誠に有難うございます。従軍慰安婦問題に関しては、お詫びしたところで、決して許されないことであることには変わりありませんが、これも全ては、戦前の日本が、お国のため天皇陛下のためと称して、好き勝手に利用したにすぎないという真実を見破れば、天皇陛下にはなんの罪があるわけではございませんし、これを知らなかった当時の日本国民もまた、被害者であったことは、天皇陛下にとっても変わりないことだし、中国や韓国をはじめ、アジア諸国全体にとっても、アメリカの99%の皆様にとっても変わりないことは間違いありませんが、同時に戦前の日本については加害者であるということには、中曽根大震災を引き起こした東京電力をはじめとする原発推進利権共同体をはじめ、アメリカの軍産複合体をはじめとする1%の金と権力の亡者のみならず、ベトナムからすれば、こうしたサイゴン市内の飲み屋や売春宿を東インド会社に置き換えれば、イギリス国民の皆様にとっても、当時の日本国民と本質的には変わりないという真実を見破れば、私たちまともな日本国民が、こうした全ての罪を被ってあげますので、戦前の日本だけを、幾らでも厳しく断罪し、そっと静かに葬り捨ててあげますので、この代償として、日本の面子を全て投げ捨て、誇りを持って、そっと静かにいなふりをしてあげることで、ニ度と変な戦争に巻き込まれることもなく、ニ度と変なとばっちりを受けることもなく、そっと静かに生きて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」と誇りを持って、応えてあげると共に、天皇制官僚機構を頂点とする全体主義と分極化した利己主義だけの運命共同体そのものを、天皇陛下と根本的に引き離し、靖国神社については国際社会とも、天皇陛下とも、戦前の日本とも、こうした運命共同体とも、全てを断絶させ、幾らでも誇りを持って孤立化させてしまうことで、全てをしまい込んで、幾らでも誇りを持って、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守ってあげながら鎮め込ませてしまうことで、大切に存続させてあげるようにしてあげることで、幾らでも粉々に引き裂き、この中で自制するだけのことならば、ともかくとしても、何かと邪魔をしてくる使い物にならない間抜けと跳ね返りの馬鹿の寄せ集めに過ぎない保守右翼連中だけを、1%の金と権力の亡者と共に、幾らでも無視して、アメリカの1%の金と権力の亡者と共に、幾らでも全人類から馬鹿にされ、辱められて、文明の復讐をまともに受けて、この衝撃からくる物凄い痛みや苦しみ、深い悲しみを味わい、幾らでも血の涙を流しながら、勝手に自決して死んで行くのを、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、突き放す様にして見捨ててしまうことになったとしても自らが選択した運命に他ならないし自明のことでしかないと割り切って、そっと静かに離れて行く様にすることで、これを乗り越えて、「さらば暴政」、「さらば原発」ということに繋がり、「さらば自民党」、「さらば日本維新の会」、「さらば英米傀儡」ど当時に「さらば大日本帝国」、「さらば靖国神社」、「さらば保守右翼」ということで、好戦的平和ボケに陥ったカビの生えたような腐った国粋主義精神というものを雲散無消させて、そっと静かに葬り捨ててしまうことで、成熟した素敵な大人の国として自立して行く道を選択して行けば、今度は日本がイギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして、誇りを持って、日本全体を天皇陛下と共に、地球市民社会というなかにひっそりと埋没させてしまうことで、日本の運命を大きく変えて行くことで、2020年の東京オリンピックパラリンピックを、全人類からのご褒美として、幾らでも大衰退した東京で、誇りを持って開催を成功させて、こうした引き裂かれた哀れな連中には、そっと静かに涙を流しながら感謝して頂きながら、見せつけてあげることで、全人類の喜劇として、天皇陛下と共に、誇りを持って分かち合う様にしてあげましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58542174

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍の性的暴行46%増 国防総省発表:

« 秘密保護法案:「政策検証困難に」歴史学研究者ら反対集会 | トップページ | ユリョン-幽霊- »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30