« 【秘密保護法案、国際基準を逸脱】米政府元高官ハルペリン氏  秘密多いと管理困難に | トップページ | 秘密保護法案の福島公聴会、全員が反対 原発情報に懸念 »

2013/11/25

防空識別圏問題、中国側が反論 日米の抗議・非難受けて

 緊張感が高まっている。とっても危険で、心配な状況になっている。

防空識別圏問題、中国側が反論 日米の抗議・非難受けて(朝日新聞)

 中国外務省の秦剛報道局長は24日夜、中国が尖閣諸島上空を含む空域に「防空識別圏(ADIZ)」を設定したことに日米両政府が抗議・非難したことについて、「釣魚島(尖閣の中国名)は中国固有の領土だ。主権問題で米側は特定の立場をとらないとの姿勢を貫き、不適切な発言を回避すべきだ」と反論するコメントを発表した。また、中国外務次官補がロック駐中米国大使に申し入れをした。
 秦報道局長は防空識別圏の設定について「中国の国家主権と領土・領空の安全を守ることが目的で、特定の国や目標を対象としたものではなく、飛行の自由に影響を与えることはない」と強調した。…

 中国のおこないはやはり目に余る。実際に、日本が実効支配しているところに防空識別圏を設定することはやはり異常な挑発行為でもある。
 南シナ海をおこっている事態を考える。ここでも、中国に行為は目に余るような現状があるから。そして、実際に、武力衝突がたびたにおこっている。
 では、もつれた糸をどうほどいていくのか? きわめて危険な状態だからこそ、もう一度外交というものを考えたい。南シナ海をはじめ東南アジアでの、外交的努力は学ぶべきことは多い。東南アジア友好協力条約(TAC)、ASEAN地域フォーラム(ARF)、東アジアサミット(EAS)、東南アジア非核地帯条約、南シナ海行動宣言(DOC)などなど。年間1000回を超えるという徹底した対話によって、「紛争を戦争にしない」「紛争の平和的解決」をめざすとりくみ。
 ほんとは、外務省の担当者も、きっと、ハンドルを切り替えたいだろうしね。危険をそうするのか。分岐に立たされている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 【秘密保護法案、国際基準を逸脱】米政府元高官ハルペリン氏  秘密多いと管理困難に | トップページ | 秘密保護法案の福島公聴会、全員が反対 原発情報に懸念 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

本質的には、安倍首相が「私を右翼軍国市議者と呼びたければ、どうぞ呼んで下さい」なんて言い出したこと自体が、日本という国はアメリカの言いなりになるだけの間抜け国家に過ぎないし、積極的平和主義と言っておきながら好戦的平和ボケ主義に他ならないし、アメリカに見捨てられる位ならば、核武装をしてでも原発にしがみつきたいし、アメリカから核武装計画書の事実が明るみにされることによって、自分たちの面子を奪われ、地位や権力を剥奪され、生きていけなくなるのではないかという不安や恐れを抱き、これが戦前の日本に取り戻そうとしているに過ぎないという真実を裏付ける動かぬ証拠を、自ら発信してしまったに過ぎないという真実を見破れば、中国からすれば、まんまと騙されたふりをして、安倍首相をコケにして、自民党を揺さぶり、日本政府を揺さぶっているに過ぎないという真実を見破れば、沖縄県からすれば、たまったものではないし、これが南シナ海や黄海に置き換えれば、ベトナムやフィリピンが、韓国や沖縄県に置き換えれば、東南アジア諸国からすれば、今度はこれを「逆転の罠」として利用するならば、それこそオスプレイを外交カードに利用するすることで、騙されたふりをして、中国に対して、こうした行為をやめさせて、海洋資源の共同開発や環境保護への配慮を通じて、お互いの利益に叶うことが出来る様に、協力して取り組んで行くことを働きかけながら、そっと静かに安定した海域として維持管理することが出来る様に活かして行けば良いのだし、これならば、沖縄県がベトナムやモンゴルに置き換えれば、台湾を内モンゴル自治区に置き換えれば、こうした取り組みを学んで行くことで、東シナ海で物騒なことにならないように、そっと静かに、安定した海域として維持管理することが出来る様にして行けば、沖縄県民の皆様にとっても台湾の皆様にとっても、お互いの利益に叶うことが出来て、なおかつ、これが日本の国益になると同時に、中国の国益にもなり、アメリカの国益にも叶うことが出来て、安全保障上の担保が取れる方向に持って行くことが出来れば、此れ程素晴らしいことはございませんし、変な戦争に巻き込まれることもなく、変なとばっちりを受けることもなく、ロシアを日本の立場に置き換えれば、これをオホーツク海に置き換えれば、千島列島を尖閣諸島に置き換えれば、第二の沖縄県として、経済的には日露両属状態とすることで、今度は日本が中国を見倣って、上手く騙されたふりをして、これと同じことをすれば、北方領土問題については、簡単に円満解決することができる分けだし、同時に、アラスカ州をハワイ州に置き換えれば、北太平洋上における安全保障の担保も取れる方向に繋がれば、アメリカをはじめ、カナダやメキシコの国益にも繋がるし、ロシアの国益にもなるし、日本の国益にもつながることが出来る様になりさえすれば、此れ程素晴らしいことはございませんし、韓国ならば、それこそ、何処かの歴史ドラマの中での間抜け話を教訓に活かせば、北朝鮮に対しても良いお手本にも繋がるし、それこそ朝鮮王朝を徳川幕府に置き換えれば、アメリカを戦前の日本に置き換えれば、日本が中国を見倣って、今度は反面教師になってあげることが出来れば、TPP交渉に韓国が参加するならば、米韓FTA協定の教訓を活かして行くことで、これを日中韓FTA協定をはじめ東アジア共同体に活かして行くことが出来れば、日本としては、今度はイギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして、誇りを持ってそっと静かに没落させながらも、多極化した世界の中で、中華圏の外側で、ただひっそりと沈み込んだ状態で、そっと静かに自立して行く道を選択して、成熟した素敵な大人の国として生まれ変わって行くことが出来るのならば、EU圏を、ユーラシア大陸の西側の中華圏に置き換えれば、ドイツを中国に置き換えれば、フランスを韓国に置き換えるとすればイギリスを日本に置き換えれば、リベリア半島を朝鮮半島に置き換えると、満州地域をフランスに置き換えると、韓国や北朝鮮からすれば、アイルランドを沖縄県に置き換えれば、北アイルランドを九州や四国、北海道に置き換えるとすれば、ウェールズを百済に置き換えれば、イングランドとスコットランドを新羅と高句麗にでも置き換えれば、イギリスに対して、反面教師になってあげることで、今度は、これをウエストファリア体制を教訓として活かせば、今度は日本が清国を見倣えば、イギリスを朝鮮王朝に置き換えれば、ユーラシア大陸の西側のユーロ圏の外側で、ひっそりと没落し名誉ある孤立化をして行く道を選択するならば、これを日英同盟や日独同盟というものに活かして行けば、中国に対しても反面教師になってあげることが出来るし、アメリカやイギリスに対しても反面教師になってあげることで、世界的に見れば、日本は「尊い志」を持った、心豊かな痩せた社会福祉国家とみられることだけを、そっと静かに誇りとして、ひっそりと生きていくことで、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、いくらでもひっそりと静まり返った社会の中で、共に幸せに暮らして行くことだけを、そっと静かに誇りとして賢明に存続して行く様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58644181

この記事へのトラックバック一覧です: 防空識別圏問題、中国側が反論 日米の抗議・非難受けて:

« 【秘密保護法案、国際基準を逸脱】米政府元高官ハルペリン氏  秘密多いと管理困難に | トップページ | 秘密保護法案の福島公聴会、全員が反対 原発情報に懸念 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30