« 米軍の性的暴行46%増 国防総省発表 | トップページ | 与党が除染などに国費投入を提言 首相「復興進める」と意欲 »

2013/11/11

ユリョン-幽霊-

Yuryon 風邪で、休んでいて、ちょっと時間をもてあまして、WOWOWで見た映画でした。1999年の映画だから、ちょうどシュリがつくられたのと同じ。ストーリーは、

 海軍のエリート将校イ・チャンソク少佐は、潜水艦チャンボゴ で訓練中に気が狂って 味方の潜水艦に魚雷 を放った艦長を殺害した罪で、死刑の言い渡し受け銃殺刑に処せられる。だが、チャンソクはベッドの上で目覚めた。記録上でだけ死んだこととされ、韓国が海 上強国を夢見 て極秘裏にロシアから手に入れた最初の核潜水艦「幽霊(ユリョン)」に、ミサイル室将校として乗船する。核潜水艦「幽霊」は、周辺国が知らない極秘事項 で、乗船した匿名の乗務補助員たちは、みな住民登録上は死亡者として処理された人々。以前の記録が抹消され 、既に一度死亡した彼らは、単に番号で呼ばれるだけだ。ついに秘密任務を帯びて太平洋に出港する「幽霊」。彼らの任務を知るのは艦長(ユン・ジュサン)だ けで、副艦長202(チェ・ミンス)を警戒した艦長は、核ミサイルの鍵をチャンソク(431)に預ける。以前、日本領海を秘密裏に航海中の「幽霊」が日本 に発見されたことを知る副艦長202は、出航目的に不信感を抱いていたが、艦内を捜 索して自爆装置を発見し、「幽霊」の出航目的が太平洋での公開自暴であることを知る。202は部下と共に艦長を殺害し、自ら「幽霊」の指揮をとり始める。 自爆を拒否し日本を攻撃しようとする202と、これを阻止しようとする チャンソク(431)の頭脳戦が日本近海で始まる。深海の密閉された空間で行われる戦いは、どんな結果を産むのか。

 ストーリーそのものは、アクション映画のよくあるパターンなものだけど。だけど、映画の作り方というのは、まさに韓国映画そのもの。核ミサイルを使おうとするものと、それを阻止ししようという主人公と。死を運命づけられた潜水艦のなかでも、息詰まる、息苦しい物語の展開。そこはまさに韓国の「恨」をめぐる葛藤。うーん。
 チョン・ウソン、 チェ・ミンス、ソル・ギョング、チョン・ウンピョ…。おなじみの俳優さんたちはやっぱり、魅力的ですけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米軍の性的暴行46%増 国防総省発表 | トップページ | 与党が除染などに国費投入を提言 首相「復興進める」と意欲 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58557946

この記事へのトラックバック一覧です: ユリョン-幽霊-:

« 米軍の性的暴行46%増 国防総省発表 | トップページ | 与党が除染などに国費投入を提言 首相「復興進める」と意欲 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31