« 引きこもり若者715人 山形県初調査 | トップページ | 秘密保護法案、憲法踏みにじる 法学者ら270人が反対声明 »

2013/10/28

難病患者医療助成 厚労省案 受診抑制懸念 負担限度額が大幅増

 ボクには何人か、親しい難病患者がいる。

2013102814_01_1難病患者医療助成 厚労省案 受診抑制懸念 負担限度額が大幅増

 厚生労働省による難病患者の医療費助成の新たな制度案に対し、当事者らは反対の声を上げています。
 「難病患者にとって致命的に重い負担です」。作家で自己免疫疾患系の難病患者、大野更紗(さらさ)さん(29)はこう強調します。
 新案は、自己負担割合を3割から2割に引き下げる一方、負担限度額を現行より大幅に引き上げるもの。70歳以上の高齢者の高額療養費制度を参考にしています。重症患者の場合、現在無料から最大で月額4万4400円、本人が生計中心者で所得税非課税の場合、月額1125円から10倍以上の1万2000円にもなります。(表)
 これに対し日本難病・疾病団体協議会(JPA)の水谷幸司事務局長は「難病患者と高齢者では生活面でさまざまな違いがある。高齢者の医療費負担を参考にすべきではない」と批判します。
 現行の医療費助成の対象となっている56疾患全体の平均発症年齢は41歳(厚労省資料)。現役世代です。家計を支え、将来に備えるために働きながら治療します。身体障害者手帳の取得も障害年金を受けるのも困難です。
 大野さんは24歳で発症。難病の治療のための医療費だけでなく、薬の副作用による合併症の負担も。こちらは医療費助成の対象外です。
 「難病はいつ、何歳で発症するかわからない。発症後は、生涯を通して高額な医療費を負担し続けなければならないのです」と大野さん。「新案が現実化すれば、重い医療費負担に耐えかねて受診を控える人や心中、自殺を考える人が続出するのではないか」と懸念します。
 同省は、医療費助成の対象疾患を拡大することも検討。現在は対象外の「再発性多発軟骨炎(RP)患者会」の加藤志穂事務局長は「対象疾患の大幅拡大は、希少疾患患者団体にとって期待が大きい」と話します。
 一方、新案については「不安を感じています。難病患者には収入面での支援が著しく不足している現状を踏まえて制度設計してほしい」と強調します。

 みんなぎりぎりの不安定さのなかで、仲間や家族に支えながら、必死で、たたかったり、生活している。みんな尊敬する友人たちだ。だけど、正直、本当に苦労が多い。高額の医療費、就労の困難からくる生活の困難。そのなかで、たたかいもほんとうに課題が多い。しかし、その基盤を根底から崩すような制度改悪ではある。
 みんな、ほんとうに明るくがんばっているけど、薄氷を踏む思いをしながらのがんばりなんだ。

 だけど、その困難は、いまの社会に政治の手によってひろげられた自己責任論の地表のうえにつくられているということも言える。だからこそ、いっしょになって、この改悪は阻止したい。難病の対策のための新しい地平のうえにたった制度をつくっていかないと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 引きこもり若者715人 山形県初調査 | トップページ | 秘密保護法案、憲法踏みにじる 法学者ら270人が反対声明 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

当事者になって初めて,この手のニュースの反対運動に参加してる人の気持ちが解る。。。。

「新案が現実化すれば、重い医療費負担に耐えかねて受診を控える人や心中、自殺を考える人が続出するのではないか」ということに、一つの真実に近いのではないかと見て間違いありませんね。
そうなると、根本的に解決するには、高齢者にしても、子供たちの医療についても、全ての人に対して、必要な人たちには、無料で受診出来る様にすることこそ何より大切なことだし、そうなると医療保険をはじめ介護保険についての保険料負担というものについては、稼げば稼ぐほど、幾らでもたくさんの保険料を負担することで、この全てを、こうした受診を必要としている人たちに廻してあげる様にすることこそ何より大切なことでは無いでしょうか。
これならば、生活保護受給者にしても、怪我や病気で働くことが出来ない人たちには、幾らでも無料で受診出来る様にしてあげれば良いのだし、重症の患者には、こういう保険料の負担に関係なく、幾らでも遠慮することもなく、受診出来る様にしてあげることで、症状の軽い患者には、それなりに必要な医療サービスを受けることが出来る様にしてあげることで、症状が回復して働くことが出来る様になってからは、それなりの負担に誇りを持って応じてあげることで、他にも必要としている人たちに廻してあげることで、恩返しをして社会に貢献してあげることが出来ることだけを誇りとすることが出来る様になれば、お互いに損することもなく、むしろお互いの利益に叶うことが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る社会になれば、此れ程喜ばしいことはございませんし、これだけを誇りとすることが出来れば、アメリカをはじめ全世界に対しても、良いお手本として示してあげることが出来る様になれば、これだけでも、誇らしいこともございませんよね。
しかしながら、1%の金と権力の亡者にとっては、たくさんの医療保険や介護保険料を負担しているにも関わらず、それなりに必要なサービスしか受けることが出来なくなることになったところで、むしろ他に必要としている人たちに廻してあげることが出来ることだけを誇りとすれば、いざご自身が重症にでもなれば、遠慮することなく治療に専念することができるだけのことだと割り切って納得すれば良いだけのことだし、99%からすれば、何らかの事情により、怪我や病気などに見舞われた際には、遠慮なく、いつでも無償で医療を受けることが出来れば、大した病気しない場合には、少なくとも健康診断や人間ドックだけでも、定期的に医療保険にて受けることが出来る様にしてあげることで、それなりの稼ぎで、それなりの医療保険料や社会保険料の負担に応じてあげることで、それなりに税金も払ってあげることで、必要としている人たちに幾らでも廻してあげることが出来ることを誇りとすれば、1%の金と権力の亡者だけが誇りを持って肩身の狭い思いをするだけで、涙を流しながら感謝して頂ければ、99%にとっては、誰一人として損することはなく、むしろお互いに得することが出来て、共に幸せに暮らすことが出来ることだけを誇りとすることが出来る様な社会となれば、ただ、これを勘違いして、自分たちだけが損するのは嫌だからといって、物凄い抵抗を繰り返したり、自分達の都合ばかりを押し付けて、何かと邪魔をしてくる様な連中に対しては、相手にしたところで、子供の喧嘩に巻き込まれるようなことにでもなれば、たまったものではないし、議論なんかしたくも無いし、相手にしたくも無いし、一切関わりたくも無いし、そっと静かに無視して離れて行くことで、幾らでも、勝手に子供の喧嘩でもやって、共に恨みを分かち合い、憎しみを分かち合い、妬みを分かち合いながら、幾らでも勝手に傷つけ合って、痛みを分かち合い、深い悲しみを分かち合いながら、共に血の涙を流しながら、一部の幼稚で傲慢な金と権力の亡者に対して、幾らでも怒りをぶつけながら、共に滅び去って行くのを、そっと静かに見捨ててしまう様にすることで、この代償として、誇りを持って身を縮め、誇りを持って肩身の狭い思いをしながら、幾らでもひっそりと静まり返った社会に変えて行くことで、これだけを誇りとして、世界に見せつけながら、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、ただひっそりと自立して行く道を選択して、日本の運命を大きく変えて行く様にして参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58472955

この記事へのトラックバック一覧です: 難病患者医療助成 厚労省案 受診抑制懸念 負担限度額が大幅増:

» 難病重症者も自己負担 厚労省素案、医療費無料→年最大53万円 [蜘蛛の糸]
iPhoneが入荷して手に入れたは良いが最低限の設定(アドレスを移すまで)に1時間・・・・。 ウンザリ・・・・。 まだまだ、やらなければイケナイ設定はあるが明日以降に持ち越し・・・・。 昨日、更新したばかりだったので、しばらくは良いかなと思っていたが、...... [続きを読む]

« 引きこもり若者715人 山形県初調査 | トップページ | 秘密保護法案、憲法踏みにじる 法学者ら270人が反対声明 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31