« 高卒5年 どう生き、これからどう生きるのか | トップページ | 大学卒業認定厳しく 再生会議、助成見直し提言へ »

2013/10/29

大卒若者の離職率 宿泊・飲食業で51%

 今日のお昼のニュース。

K10056370211_1310291218_1310291229_大卒若者の離職率 宿泊・飲食業で51%(NHKニュース)

 大学を卒業して就職後、3年以内に仕事を辞めた人の割合は31%で、業種別では宿泊業や飲食サービス業で51%に上っていることが分かりました。
 厚生労働省は「社会に出た若者を育てていくような雇用管理ができていない企業もあるとみられ、改善が必要だ」と話しています。
 厚生労働省は、高校や大学などを卒業し新卒採用された若者の離職率を調べていて、去年からは業種別の割合を公表しています。
 それによりますと、平成22年に就職した若者のうち3年以内に辞めたのは、大学を卒業した人で31%、高校卒業でおよそ39%に上りました。
 大学卒業の若者の離職率を業種別に見ますと、最も高いのは宿泊業・飲食サービス業で、51%と去年の調査を2.5ポイント上回りました。
 次いで、教育・学習支援業が48.9%、生活関連サービス業・娯楽業が45.4%となっています。一方、離職率が最も低かったのは、電気やガスなどのライフライン産業で8.8%、次いで鉱業・採石業などで13.6%、製造業が17.6%となっています。…

 これが発表された調査結果。
 離職率はピークより下がったものの、依然、高水準であることにはかわりがない。と同時に、離職率が高い産業は、いまだに高いままであることもわかる。
 ニュースによると、厚生労働省は、離職率が極端に高い企業などは「若者の使い捨て」が疑われるとして、集中的に立ち入り調査を行って対策に乗り出していてわけだけれども。厚労省は、「社会に出た若者を育てていくような雇用管理ができていない企業もあるとみられ、改善が必要だ。なぜ離職率が高いのか、業種ごとの分析を進めたい」と話しているそうだけど、やはり構造的な問題があることは事実だろうなあ。基盤の脆弱な産業というのは、その脆弱さにはいろいろな側面がある。経済的な面もあれば労働の側の経緯もある。だからこそ、誘導や管理・規制や支援が必要なのはそうなのだから。もちろん徹底した規制が必要なのは言うまでもないのだけど、企業任せではどうにもならない側面もあるんだろうなあ。
 ちょっと、いろいろ考えさせられるのではなるんだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 高卒5年 どう生き、これからどう生きるのか | トップページ | 大学卒業認定厳しく 再生会議、助成見直し提言へ »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58478632

この記事へのトラックバック一覧です: 大卒若者の離職率 宿泊・飲食業で51%:

« 高卒5年 どう生き、これからどう生きるのか | トップページ | 大学卒業認定厳しく 再生会議、助成見直し提言へ »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31