« 政府・与党:福島「全員帰還」断念…困難区域「移住を」 | トップページ | 大企業、長時間労働増える »

2013/10/30

魔法のアニメーション工房【第2話】

 バクモンで、高畑勲をとりあげていた。
 高畑さんといえば、『火垂るの墓』だとか、『平成狸合戦ぽんぽこ』。話をさせていただいたこともあるのだけど、結構、理屈っぽく、難しいことを考える人。その理屈が、『映画を作りながら考えたこと』なんかに凝縮されている。方法論としては、いろいろ前衛的なことを考えるけど、考え方として、現実を直視するリアリストという印象。

 そのなかでも、ストレートに描いた、『太陽の王子ホルスの大冒険』や『セロ弾きのゴーシュ』が好きかな。『セロ弾きのゴーシュ』は、宮沢賢治の作品アニメの中ではトップクラスのものだと思う。この2作はボクはものすごく好きで、子どもと何度も見たなあ。

 さて、『かぐや姫の物語』は、どうなんだろう。楽しみでもあり、怖くもありだな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 政府・与党:福島「全員帰還」断念…困難区域「移住を」 | トップページ | 大企業、長時間労働増える »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58484371

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法のアニメーション工房【第2話】:

« 政府・与党:福島「全員帰還」断念…困難区域「移住を」 | トップページ | 大企業、長時間労働増える »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31