« 高江に希少チョウ群 専門家、ヘリパッドの影響懸念 | トップページ | 山本宗補写真集 戦後はまだ... 刻まれた加害と被害の記憶 »

2013/10/26

目標30%、実際2.6% 女性登用、自民公約と落差

 うーん、この政権だからなあ。どこまでできるのか?

目標30%、実際2.6% 女性登用、自民公約と落差(朝日新聞)

 自民党の野田聖子総務会長は25日の会見で、各省庁の幹部公務員に占める女性の割合(人事院調べ)が2011年度で平均2・6%と発表した。同党は選挙公約で20年までに「社会のあらゆる分野で指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」と掲げるが、実現へ道のりは険しそうだ。
 受験者に占める女性の割合が異なるため単純比較はできないが、幹部公務員(本省課長・室長以上)が100人以上いる15省庁で女性の登用が最も進んでいるのは内閣府と文部科学省の7・2%、遅れているのは会計検査院の0・5%。各省庁の09~13年度の国家公務員総合職(旧1種)の事務系採用者に占める女性は27・7%。採用者が50人以上の13省庁別では文科省の43・2%が最高、最低の総務省は21・1%だった。
 野田氏は「目を覆うばかりの悲惨な有り様だ」と語り、取り組みを急ぐよう求めた。

 もともと、国家公務員のなかでも異常な働き方、働かせ方が広がっている。当然、その担い手は男性というわけだろうし。
 一方で、自民党のなかでは、女性は家庭で家族を守るべきという考え方が、強い影響力をもつ。
 嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子と同等とする民法改正案、これは最高裁判決を受けたものだけど、自民党内では「家族制度を守れるのか」との慎重論が噴出しているそうだ。「民法上の法律婚と自己矛盾し、結婚制度を否定する話になる。私は政府の人間だが、おかしいと思う」と言うのは、西川京子文部科学副大臣。「親が亡くなった途端に、親の面倒を見ていない(事実婚の)子供が遺産相続に現れることがあるが、許されるのか」 「自民党は昨年の衆院選で『日本や家族の絆を取り戻す』と訴えて勝利した。家族制度を促す価値観をつくるのが立法府の仕事だ」などなどの意見が出ているそうだ。驚くような感覚である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 高江に希少チョウ群 専門家、ヘリパッドの影響懸念 | トップページ | 山本宗補写真集 戦後はまだ... 刻まれた加害と被害の記憶 »

政治」カテゴリの記事

コメント

「社会のあらゆる分野で指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」なんてことを言っておきながら、
実際のところは、女性たちのために風俗などで活躍する機会を与えようとしたり、あるいは、使い物にならない間抜け
官僚や間抜け議員、間抜け社員の性奴隷として活躍する機会を与えよう等としているに過ぎないのではないかという
真実を見破れば、戦前の日本の従軍慰安婦問題と本質的に変わらない真実に過ぎないと見破れば、中国や韓国のみ
ならずベトナムやアメリカからしても、怒りを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言い様がございませんよね。
どうせならば、中国が、騙されたふりをするなら、ハニートラップの女性を日本に送り込んで来られるのならば、これを
「逆転の罠」として利用して、それこそ介護職員としての人材として受け容れてあげることで、高齢者の皆様が振り込め
詐欺などに遭わないようにするための対策に、幾らでもハニートラップとしてのスキルを活かして活躍する機会を与えてあげるというのは、如何でしょうか。
他には、例えば万引きGメンとして、活躍する機会を与えてあげるとか、こうした介護業界全体での労働条件の改善や、介護報酬の引き上げと同時に、介護保険料についての負担も、若い世代の負担も止むを得ないところはあるし、逆に、世代を超えて、富裕層には幾らでもたくさんの介護保険料を負担することになったとしても構わないのだし、高齢者の皆様への介護サービスについては、必要な高齢者には、介護保険料の負担有無とは関係なく、必要な人には、幾らでも必要なサービスを無料で利用できるようにしてあげることで、特に必要が無い高齢者の皆様には、誇りを持って遠慮して頂くことで、どうぞほかにも必要な高齢者の皆様にどうぞ廻してあげて下さい、ということでお互いに損することもなく、お互いの利益になることで、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る社会になることだけを誇りとして、中国や韓国、アメリカに対して、誇りを持って反面教師になってあげるようにすれば良いだけのことですよね。
これならば、こうした振り込め詐欺等の様な犯罪は無くなり、高齢者の皆様からすれば、こうした被害に遭うこともなくなるし、老人介護福祉業界全体の体質改善に繋がり、付加価値の向上により、富裕層の高齢者にとっては、幾らでもたくさんの介護保険料を払ってあげる反面で、必要最低限の介護サービスだけでも受けられるようにしてあげることで、損することがあったとしても、誇りを持って、ほかの高齢者に廻してあげることが出来ることだけで、共に幸せに暮らせれば構わないと割り切って納得ぃて頂ければ良いだけのことだし、その代わりに、必要な介護サービスならば、遠慮することなく受けられるようにしてあげれば、何ら損するものではないのだし、これを生活保護に置き換えれば、最低賃金の底上げにより、不正受給者だけは減らすことには繋がるし、こうした介護業界のみならず、極めて良心的な中堅企業、中小企業を中心として、安定した収益を確保し、付加価値の向上に繋がり、安定した利益の拡大に繋がり、これを税金や社会保険料等の公的負担をはじめ、人件費に還元してあげることで、モチベーションの向上にも繋がり、ワークシェアリングにより、仕事を分かち合い、産業構造のダウンサイジング化と同時に、雇用の流動化に繋がり、公正な労働市場により、安定した雇用の拡大にも繋がって、生活保護を減らすことにも繋がり、大企業に対する法人実効税率は80%にまで引き上げ、電力料金についても大企業に対しては幾らでも値上げをして節電に協力させることで、大企業だけは、物凄い苦しみを味わい、深い悲しみを味わうことになったところで、労働者からすれば、誇りを持って利益に貢献してあげることで、これだけに深く感謝して頂ければ、涙を流しながら、誇りを持って没落させてあげるようにすれば良いのだし、これを勘違いして、邪魔をしてくる様な使い物にならない間抜け社員や間抜け官僚に対しては、上手く騙されたふりをして、誇りを持って利用してあげることで、これもまた、幾らでも涙を流しながら感謝して頂くだけで、何ら損することは無いし、むしろお互いの利益に叶うことができることのならば、これだけを誇りとして、深い反省をさせることで、ひっそりとした社会となって安定化させることで、これを乗り越えて、世界の中では、そっと静かにいないふりをしながらも、成熟した大人の国となって自立して行く道を選択することで、日本の運命を大きく変えて行く様にして行けば良いだけのkとでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58458157

この記事へのトラックバック一覧です: 目標30%、実際2.6% 女性登用、自民公約と落差:

« 高江に希少チョウ群 専門家、ヘリパッドの影響懸念 | トップページ | 山本宗補写真集 戦後はまだ... 刻まれた加害と被害の記憶 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30