« 規制改革会議、派遣制度巡り意見 日雇い規制など見直しを | トップページ | 貧困と格差が拡大する不平等社会の克服を目指す決議 »

2013/10/04

「おい、服脱いで踊れ」 パワハラ深刻化、心むしばむ

 心がつぶれるような記事。これもまた雇用の問題。

「おい、服脱いで踊れ」 パワハラ深刻化、心むしばむ(朝日新聞)

 「おいテメー、最近売り上げがねーな。テンション上げるぞ。服脱いで踊れ」
 午後8時過ぎ。東京都の男性(34)がオフィスで営業の電話をかけていると、年上のマネジャーが命令してきた。
 30人ほどの同僚が残っているが、上司の命令は絶対だ。ためらうことなく全裸になり、机の上に乗った。命じられるまま、当時はやっていたロックバンドの歌を、踊りながらうたった。
 同僚たちがどっと笑うと、男性もつられて笑った。「笑われるのはつらくなかった。怒られるよりは、こっちの方がずっと楽だった」。全裸で踊らされたことが何度もあったと、男性は振り返る。
 当時勤めていたのは、東京都に本社があるオフィス機器の販売会社。今まで取引がなかった中小企業に急に電話してアポイント(訪問の約束)をとり、コピー機を売る仕事だった。営業マン1人につき毎月4~10台の販売ノルマがあり、「ノルマをこなさなければ、人として扱ってもらえない会社だった」。
 朝8時半に出社。朝礼で腕立て伏せとスクワットをさせられてから、仕事が始まった。営業先のリストを見て、片っ端から電話をかけた。「間に合っている」と言われて、すぐに電話を切られる場合が多い。手をぬいていないか、マネジャーがずっと監視していた。
 夕方になっても1件もアポが取れていないと、冷や汗が出た。マネジャーが怒り始めるからだ。
 「なにポヤポヤやってんだよ! 電話離すんじゃねー」。怒鳴るマネジャーに、手と受話器を粘着テープで巻きつけられた。イスを蹴飛ばされ、テープを巻いた手で、立ったまま電話をかけ続けた。
 午後10時。アポ取りの電話ができない深夜になると、マネジャーの前に正座させられた。「なんでアポ入らねーんだ。死にてーのか!」「仕事できねーやつだな。親の育て方が悪かったのか?」
 長い日は午前1時ごろまで、マネジャーの説教は続いた。2004年に入社し、5年もたたないうちに過労とストレスで頭痛がひどくなり、退職を決めた。…

 なぜ、ここまでハラスメントがひどくなり、広がったのか。
 ここまでぐると、職場の問題とか、人間関係の問題というレベルではないはずなのに。
 よく考えてみたら、抑圧する側も抑圧されている関係が見えてくるはずなのに。働くということが、効率だけによって評価されるような状況が広がって。人権とかいう尺度がなくなっていく。そんな構造が見えるはずなのに。だけど、そういう問い方はなかなかなされないんだよなあ。

 そういえば根幹の問題としての解雇の問題が、特区という形で議論されている。
 日弁連会長声明がこの問題でも出ている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 規制改革会議、派遣制度巡り意見 日雇い規制など見直しを | トップページ | 貧困と格差が拡大する不平等社会の克服を目指す決議 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58321556

この記事へのトラックバック一覧です: 「おい、服脱いで踊れ」 パワハラ深刻化、心むしばむ:

« 規制改革会議、派遣制度巡り意見 日雇い規制など見直しを | トップページ | 貧困と格差が拡大する不平等社会の克服を目指す決議 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31