« 意欲なく仕事嫌いな従業員9割も 世界23万人調査 | トップページ | 生活保護却下は違法=「求職努力していた」-大阪地裁 »

2013/10/31

イラク戦支持の根拠巡り「誤った」 元内閣官房副長官補

 さすがに官房副長官補だった人の言葉だもん、重みがある。し、説得力もある。

イラク戦支持の根拠巡り「誤った」 元内閣官房副長官補(朝日新聞)

 柳沢協二・元内閣官房副長官補は31日午前、衆院国家安全保障特別委員会での参考人意見陳述で、小泉政権が米国のイラク戦争を支持した根拠の一つだった大量破壊兵器の存在について「私も間違えていたが、当時みんなが間違えていた。政策決定者の方向性に情報サイドが引っ張られた。そうならないように気をつけていかなければならないというのが、最大の教訓だ」と認めた。
 柳沢氏は小泉政権で、防衛庁官房長、防衛研究所長、副長官補を務め、首相らに情報を報告していた。大量破壊兵器は、当時の小泉純一郎首相が「フセイン大統領が見つかっていないからと言って、存在しなかったということはない」と国会答弁したが、その後も確認されていない。
 また、柳沢氏は政権に提供する情報に関連し、特定秘密保護法案と国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案について「秘密保護と情報提供義務は表裏一体の関係。(閣僚がNSCに提供する)情報の中には国の安全上、秘匿すべきものが含まれている。それを理由に政策決定のプロセスが一切公表されない恐れがある」と指摘した。
 柳沢氏は「危機管理の事案、政策決定に関して議論したことの概要を、定例的に公表することをぜひ考えてほしい」と要請。公表できる特定秘密の範囲について「何が秘密かは神学論争的になりがちだが、『説明(公表)のために必要な範囲のことは特定秘密ではないだろう』という相場観が与野党やメディアの間に共通認識として出来上がっていく」とも述べた。

 イラク戦争支持では、政府の方向に情報がひっぱられていったと、明確に述べる。情報が操作される。と、同時に秘密保護法は、その情報が政府の判断で、秘密にされるわけだから、結局政策決定の過程が、見えなくなると警告を発するわけだな。政策決定の場にいた人だけに、結構、生々しさを感じ、いっそういまの流れの危険性も感じるんだけどねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 意欲なく仕事嫌いな従業員9割も 世界23万人調査 | トップページ | 生活保護却下は違法=「求職努力していた」-大阪地裁 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58488399

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦支持の根拠巡り「誤った」 元内閣官房副長官補:

« 意欲なく仕事嫌いな従業員9割も 世界23万人調査 | トップページ | 生活保護却下は違法=「求職努力していた」-大阪地裁 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31