« 「日本の原発対策に疑問」NYタイムズが1面で批判 | トップページ | 宮崎駿監督「僕の長編アニメーションの時代は終わった」 »

2013/09/06

日本軍の性暴力を告発 万愛花さん死去

 心が締めつけられるようなニュースだった。

日本軍の性暴力を告発 万愛花さん死去(東京新聞)

 中国人女性で初めて戦時中の旧日本軍による性暴力被害を訴えた万愛花(まんあいか)さんが四日、山西省太原市内で死去した。八十三歳。万さんら被害者を支援する日本の団体が五日、明らかにした。
 万さんは共産党員として抗日運動に加わっていた一九四二年ごろ、三度にわたり日本兵に捕まり繰り返し乱暴された。真冬の三度目には拷問の後、意識を失ったまま裸で川辺に捨てられ、村人に救出されたという。
 万さんは九二年に東京で開かれた「日本の戦後補償に関する国際公聴会」で、中国人女性として初めて自身の被害を訴えた。九八年十月には他の被害者ら九人と、日本政府に謝罪と賠償を求めて東京地裁に提訴。訴えは退けられたが、この間何度も来日し、各地で実態を語ってきた。
 昨春から脳梗塞で入退院を繰り返していた。支援団体「山西省・明らかにする会」の石田米子共同代表(78)が先月下旬に見舞った際も「必ず結論を得て」と訴えたという。
 万さんは、暴行の後遺症に加えて心の傷も深く、証言する際もたびたび気を失うほどだったが、いつも他の女性たちを励ましていたという。石田さんは、「無念の思いで亡くなっていった彼女たちの人生を記憶、共有し、引き継いでいきたい」と話している。

 山西省の事件は、「慰安所」というよりも、軍による拉致・監禁・強姦というような実態。『黄土の村の性暴力』や『ガイサンシーとその姉妹たち』をボクも読んだけど、ほんとうに読むだけで苦しいものだった。証言にいろいろ言う人がいるが、性暴力の事実関係については日本の裁判所でも認定されているということは忘れてはいけない。

 心からご冥福を祈りたい。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「日本の原発対策に疑問」NYタイムズが1面で批判 | トップページ | 宮崎駿監督「僕の長編アニメーションの時代は終わった」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58139918

この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍の性暴力を告発 万愛花さん死去:

« 「日本の原発対策に疑問」NYタイムズが1面で批判 | トップページ | 宮崎駿監督「僕の長編アニメーションの時代は終わった」 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31