« [着陸地に校庭想定]許せない命の二重基準 | トップページ | 地域の会議などなど »

2013/09/03

自民 秘密保全法案を大筋了承

 いよいよこの問題も重大な局面を迎えるのか。

自民 秘密保全法案を大筋了承(NHKニュース)

 自民党は、政府が秋の臨時国会への提出を目指す「秘密保全法案」に関する作業チームの会合を開き、特に秘匿が必要な安全保障に関する情報を漏えいした公務員らに最高で10年の懲役刑を科すなどとした、法案の概要を大筋で了承しました。
 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる国家安全保障会議の創設に向けて、特に秘匿が必要な安全保障に関する情報を「特定秘密」に指定し、漏えいした公務員らに最高で10年の懲役刑を科すなどとした、「秘密保全法案」の成立を目指しています。
 自民党は3日、この法案に関する作業チームの会合を開き、法案の概要について議論しました。
 この中で、出席者からは「政府から情報が漏えいした事例も検証したうえで法案をまとめるべきだ」という指摘や、「諸外国によるスパイ活動にはより厳しく対応すべきだ」などという意見が出されましたが、最終的に大筋で了承されました。
 政府は秋の臨時国会への法案の提出を目指し、3日に概要を公表し、国民からの意見を募ることにしています。
作業部会の座長を務める町村元官房長官は記者団に対し、「法案には基本的人権を不当に侵害してはならないという項目があり、報道の自由は確保できると思う」と述べました。

 日弁連が、かなり資料をだしている。
 NPJも。

 ただでさえ秘密の多い国。知り権利や表現の自由がおかされる。そのさきには膨大な軍事情報を厳罰で管理する軍事国家体制づくりというか「国防軍」国家づくりというか、そういう軍事中心の国づくりがねらわれる。しかも、恣意的な判断で、その対象は、軍事から国の秩序全般にうつる。そういう強権的な国家づくりにつながる。

 うーん、明日からはこの問題をちょっと集中的に整理するのが、仕事の一つ。はやく法案概要を手に入れなきゃいけないなあ。

続報
こういう形で出ていた!

「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する意見募集について

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« [着陸地に校庭想定]許せない命の二重基準 | トップページ | 地域の会議などなど »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

秘密保全法で、ケッシュ財団から受け取った技術は封印されるかもしれない。

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

現在起こっている、原発問題、経済問題、環境問題といった様々な問題を根本的に解決できる技術を政府はケッシュ財団から受け取っている。
しかし政府はそれをひたすら隠蔽して実用化しようとはせず、このままでは秘密保全法で死蔵封印されるだろう。
ケッシュ財団の技術を使うなら、このような問題は既に全て解決し、世界は平和へ向かうだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58123237

この記事へのトラックバック一覧です: 自民 秘密保全法案を大筋了承:

» 秘密保全法制は治安維持法への道 [飯大蔵の言いたい事]
 秘密保全法制は非常に危険な法律だ。その報告書でもこういう表現がある。国民主権の原理にのっとり国民が政治的意思決定に関与するためには、政府の諸活動について十分な情報を得ることが必要であり、国民の知る権利は、健全な民主主義の根幹を支える極めて重要な権利である こういった認識でも秘密保全法が必要とするのがいまの政府の方針だ。... [続きを読む]

« [着陸地に校庭想定]許せない命の二重基準 | トップページ | 地域の会議などなど »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31