« 那覇空港F15、滑走路増設で飛行5000回増 | トップページ | 教育子育て九条の会シンポジウム »

2013/09/21

“復興“はしたけれど ~神戸 新長田再開発・19年目の現実~

 今日のETV特集。新長田の話は、以前にもドキュメントを見たことがあったけど。ここまで来ていたのか。

0921_01b 1995年の阪神・淡路大震災で深刻な被害を受けた街がある。神戸市西部の新長田地区。震災後、神戸市はこの街を復興させようと総事業費2,700億円の巨大開発計画を打ち出した。新長田駅南再開発事業。被災地を商業ビルや高層マンションなど44棟が建ち並ぶ「神戸の西の副都心」として再生しようとしたのである。震災で焼け出された商店主たちは、新しい街づくりに再起の希望を託した。
 それから19年目を迎えた新長田。再開発ですっかり生まれ変わったはずの街に異変が起きていた。真新しい商業ビルの中にシャッターを閉じたままの場所が目立つのである。再開発によって生み出された店舗スペースが大量に売れ残り、商店街を訪れる客の数は震災前より減っている。借金をして再開発事業に参加した商店主の多くが深刻な経営悪化に苦しんでいた。震災前から新長田で商売をしてきた老舗の商店主はいう。
 「店を売りたくても買い手がない。貸したくっても借り手がない。10年かそこらで資産価値が3分の1に落ちてしまう街なんてほかにあると思う?・・・ちょっと酷すぎるわ」
 いま東日本大震災で再び注目される「復興」、震災から19年目を迎えた神戸の知られざる現実を伝える。

 二カ月間で上からの開発計画ですすめられた、新長田の再開発は、下町が副都心へと姿を変えた。しかし、そこにあるのはシャッター通りでその姿はあまりにも酷い。、そして市と商店主たちの対立は続く。
 ほんとうに住民が主人公になった復興への模索。どこまでその教訓が東日本大震災に生かされるのか。一方で、まったく進まない東日本大震災の復興。
 いろいろな難しさも垣間見える。番組は商店主が中心で編まれたが、ここにすみはじめて新住民も含め、どんな思いや願いがあるのかなあ。19年か。
 ほんとうに、みんなの知恵と力、願いを集めた復興への道のりを、これからでも歩んでいくことができるのか。うーん。深く深く考えさせられるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 那覇空港F15、滑走路増設で飛行5000回増 | トップページ | 教育子育て九条の会シンポジウム »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58240118

この記事へのトラックバック一覧です: “復興“はしたけれど ~神戸 新長田再開発・19年目の現実~:

« 那覇空港F15、滑走路増設で飛行5000回増 | トップページ | 教育子育て九条の会シンポジウム »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30