« “復興“はしたけれど ~神戸 新長田再開発・19年目の現実~ | トップページ | 在日コリアン差別、やめよう 新宿、2千人デモ行進 »

2013/09/22

教育子育て九条の会シンポジウム

Wrtxk まだまだ原稿がそろいません。ここんところ自分がした仕事のなかでは、最大のピンチです。そんななか、今日は、表題のシンポジウムに行ってきた。そんな場合じゃないってか(苦笑)。
 シンポでは、田中孝彦さんがまずもって問題提起。そして最初に、福島、東京、大阪の3人の先生が報告した。福島の言いようのない困難のなかで、生徒ともに歩む姿、東京のそれでも現役の教師として職員室の中ででくることを広げるすがた、大阪の橋下の攻撃に対し父母とともにたたかうしたたかさ。たしかに、教育の変質は、かつてよりもかなり水準が変わってきたようにも思える。だけど、そのなかでたたかう姿がある。これをうけ、東京の父母が子ども不登校体験から学んだことの、弁護士が七尾の裁判で学んだことを発言。父母の発言は、ほんとうに子どもの見方を考え、子どもとともに歩むということを考えさせられる。七尾の話は、その原点というか七尾の教育がどのような子どもの姿をとおしてつくられてきたかを確認するような話。つまり、全体をとおして田中さんが言った憲法が想定している教育のあり方、原則を確認するようなそんな議論だった。その点を、佐藤学さんと堀尾先生がしっかりと確認する。
 その後、若い人から教育実習での体験などの話もだされ、活発な議論。
 会場では、原稿のたのんでいる方との挨拶や、今後、原稿を頼む方へのお願いなど、結構、いろいろな収穫もありったシンポでした。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« “復興“はしたけれど ~神戸 新長田再開発・19年目の現実~ | トップページ | 在日コリアン差別、やめよう 新宿、2千人デモ行進 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58245987

この記事へのトラックバック一覧です: 教育子育て九条の会シンポジウム:

« “復興“はしたけれど ~神戸 新長田再開発・19年目の現実~ | トップページ | 在日コリアン差別、やめよう 新宿、2千人デモ行進 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30