« 大阪 通天閣と新世界 | トップページ | 改憲と国防 (混迷する安全保障のゆくえ) »

2013/09/26

集団的自衛権、海上輸送にも…政府が解釈見直し

 アメリカでの安倍さんの発言はとまらないなあ。昨日(一昨日)の演説。

米研究所での安倍首相演説要旨(時事通信)

 米保守系シンクタンク「ハドソン研究所」主催の会合での安倍晋三首相の演説要旨は次の通り。
 具体例で話す。国連平和維持活動(PKO)の現場で、日本の自衛隊がX国の軍隊と活動していたとする。突然、X軍が攻撃にさらされる。しかし、日本の部隊は助けることができない。日本国憲法の現行解釈によると、憲法違反になるからだ。
 もう一つの例は公海上だ。日本近海に米海軍のイージス艦数隻が展開し、日本のイージス艦と協力してミサイル発射に備えているとする。突然、米艦1隻が航空機による攻撃を受ける。日本の艦船はどれだけ能力があっても、米艦を助けることができない。集団的自衛権の行使となり、違憲になってしまうからだ。こういった問題にいかに対処すべきか、私たちは今真剣に検討している。
 私の国は、鎖の強度を左右してしまう弱い一環であることなどできない。私はわが国安全保障の仕組みを新たなるものにしようと懸命に働いている。日本は初めて国家安全保障会議(NSC)を設立する。初めて国家安全保障戦略を公にする。
 本年、わが政府は11年ぶりに防衛費を増額した。すぐそばの隣国に、軍事支出が少なくとも日本の2倍で、米国に次いで世界2位という国がある。毎年10%以上の伸びを20年以上続けている。私の政府が防衛予算をいくら増額したかというと、たったの0.8%にすぎない。従って、もし私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、どうぞ呼んでいただきたい。
 日本は地域、世界の平和と安定に今までにも増してより積極的に貢献していく国になる。私は愛する国を積極的平和主義の国にしようと決意している。私に与えられた歴史的使命は、日本に再び活力を与えることによって、積極的平和主義の旗の誇らしい担い手となるよう促していくことだ。

 だけどなあ、言っている内容は、北岡さんとかとそんな変わんない。もともと6年前から言っていた、現実はおこりもしない問題を設定をして、というもの。
 しかも、アメリカで、「もし私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、どうぞ呼んでいただきたい」と言う。これは絶対に反発をくらうなあ。彼の人権を無視したような発言には、ほんとうに疑念がもたれているんだもの。

 それでも、きっととまらない。

集団的自衛権、海上輸送にも…政府が解釈見直し(読売新聞)

 政府は25日、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈を行う場合、同盟国に対する武力攻撃への対応以外に、中東からのエネルギー輸送のための海上交通路(シーレーン)の安全確保など、「日本の安全に重大な影響を及ぼす事態」を含める方針を固めた。
 ホルムズ海峡が機雷で封鎖された場合に、中東諸国などとともに日本が機雷除去にあたるケースなどが想定されている。
 これに関連し、安倍首相は24日夜(日本時間25日朝)、外遊先の米ニューヨークでの記者団との懇談で、「地理的な概念で『地球の裏側』(は除外する)という考え方はしない。国民の生命と財産、国益に密着するかどうかという観点での検討というのはある」と述べた。

 地球の裏側まで言ってこそ、日米安保のグローバルな展開が完結するという強い思いこみがあるんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大阪 通天閣と新世界 | トップページ | 改憲と国防 (混迷する安全保障のゆくえ) »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

万年筆のプラチナ仕上げの首軸には、精巧な刻印が施されており、モンブラン山脈の印象的な全景とそれぞれの山頂の名前が刻印されています。

このように、BURBERRY BLUE LABEL(バーバリーブルーレーベル)は、バーバリーで ありながらカジュアルなブランドとして日本で生まれたブランドであるということが分かり ます。 取り扱っている商品も、洋服、バッグ、靴、傘、マフラー、小物などさまざまなもの ...

「もし私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、どうぞ呼んでいただきたい」なんて言い出すとは、これをドイツに置き換えれば、自らが「私を日本のヒットラーと呼びたいのであれば、どうぞ呼んでいただきたい」と言い出したのと、本質的に同じことになるばかりでしかないとすれば、このドイツを中国に置き換えれば、フランスが韓国にでも置き換えれば、戦前の日本をイギリスにでも置き換えれば、これを「逆転の罠」として利用すれば、ドイツやフランスからすれば、騙されたふりをしてイギリスを揺さぶる事になったとしても、イギリスからすれば反論の余地は何処にもないどころか、シリアを北朝鮮に置き換えて、イスラエルをベトナムにでも置き換えれば、日本がトルコやサウジアラビアの立場にたてば、騙されたふりをして、今度はイギリスを揺さぶることになることも十分に想定されるし、だがイギリス国民を怒らせるようなことにでもなれば、これにより変なとばっちりを受けるようなことになったのでは、たまったものでは無いという真実に辿りついてしまうとすれば、さすがにアメリカのオバマ大統領のみならず、中国や韓国、ロシアからすれば、相手にしたくは無いし、下手に相手にしたところで、変なとばっちりを受けるばかりでしかないとすれば、何の国益にもならないし、それこそアメリカの99%が1%の金と権力の亡者の餌食にされてしまうという真実には、日本の99%からしても同じことでしかないどころか、日本の国益にもならないし、これが結果的に全人類の悲劇に繋がりかねない運命を選択させられてしまうという真実に辿りつけば、もうさすがに、怒りなんていうものを通り越して、ただただ聞いて呆れるばかりとしか言い様がございませんし、日本の99%からすれば、此れ程恥ずかしいことはないと同時に、此れ程悲しいことはございませんよね。
結局のところは、この発言の真実を見破れば、安倍首相自らが、「日本はアメリカの言いなりになるだけの間抜け国家に過ぎませんし、中国や韓国に馬鹿にされたところで構わないのだし、日本だけが幸せに暮らせるのならば、他国のことに心を寄せる余裕もゆとりも無いし、ただひたすらに惨めな思いをするくらいなら、どうぞ日本を滅ぼして下さい」なんていう幼稚な悪あがきの「動かぬ証拠」になるに過ぎないという真実に辿りつけば、これを「逆転の罠」として利用することで、外交カードに利用して、今度は、アメリカのみならず全人類に対して、騙されたふりをして、「安倍首相なんか、使い物にならない間抜け総理にすぎませんし、これに従属するだけの右翼、軍国主義者こそが、全人類の大敵に過ぎない存在でしかないと同時に、お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもなりませんので、どうぞ絶対に相手にすることはせず、むしろ幾らでも安倍首相を幾らでも馬鹿にして、こうした連中こそを引き裂き、物凄い痛みや悲しみを被り、自らが勝手に自決して頂く様に、揺さぶってくださるのならば、喜んで協力してあげますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」というメッセージを誇りを持って、幾らでも世界に拡大して発信して行きましょう。
この代償として、「こうした反日愛国者こそを、1%の金と権力の亡者と共に、幾らでも他国に売り飛ばし、全人類から虫けら同然の様に皆殺しにされるか、そうでなければ全人類から邪魔されない様に何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして頂くのか、そうでなければ、安倍首相と共に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに自決して滅び去って頂くのか、いずれかの運命を選択させてあげることで、そっと静かに離れて、これを乗り越えていくことで、誇りを持って、まずは天皇陛下と戦前の日本を根本的に切り離して、永久に断絶させた上で、戦前の日本だけを、全人類と共に、幾らでも厳しく断罪し、これだけをそっと静かに葬り捨ててしまうことで、この責任や罪だけは、自ら誇りを持って被ってあげることで、中国や韓国、北朝鮮に対しては、誇りを持って反面教師になってあげることで、この代償として、誇りを持って身を縮め、日本経済を幾らでも衰退させ、誇りを持って弱体化させ、誇りを持って一人負けをして、誇りを持って取り残され、誇りを持って取り残されながら、今度はイギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして行く道を選択をして、対米従属からも、そっと静かに離れながらも、国際社会の中での地位や名誉を全て捨て去ったところで、これ以上に失うものは何もないのだし、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、成熟した素敵な大人の国となって自立して行くことで、全人類からすれば、日本は心豊かで清貧で尊い存在として見られ、全人類の救世主として物凄く高く評価されるほどの素晴らしい運命を自ら選択して行くことで、貧富の格差は一定の範囲内に縮小し、日本の相対的地位は低下させ、地球市民社会というなかに日本全体を、天皇陛下と共にひっそりと埋没させ、没落させてしまうようにすることで、文明の大勝利となって、全人類の喜劇として、共に分かち合うことができることだけを幾らでも誇りとして、世界に見せつけて行く様にして参りましょう。

「もし私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、どうぞ呼んでいただきたい」なんて言い出すとは、これをドイツに置き換えれば、自らが「私を日本のヒットラーと呼びたいのであれば、どうぞ呼んでいただきたい」と言い出したのと、本質的に同じことになるばかりでしかないとすれば、このドイツを中国に置き換えれば、フランスが韓国にでも置き換えれば、戦前の日本をイギリスにでも置き換えれば、これを「逆転の罠」として利用すれば、ドイツやフランスからすれば、騙されたふりをしてイギリスを揺さぶる事になったとしても、イギリスからすれば反論の余地は何処にもないどころか、シリアを北朝鮮に置き換えて、イスラエルをベトナムにでも置き換えれば、日本がトルコやサウジアラビアの立場にたてば、騙されたふりをして、今度はイギリスを揺さぶることになることも十分に想定されるし、だがイギリス国民を怒らせるようなことにでもなれば、これにより変なとばっちりを受けるようなことになったのでは、たまったものでは無いという真実に辿りついてしまうとすれば、さすがにアメリカのオバマ大統領のみならず、中国や韓国、ロシアからすれば、相手にしたくは無いし、下手に相手にしたところで、変なとばっちりを受けるばかりでしかないとすれば、何の国益にもならないし、それこそアメリカの99%が1%の金と権力の亡者の餌食にされてしまうという真実には、日本の99%からしても同じことでしかないどころか、日本の国益にもならないし、これが結果的に全人類の悲劇に繋がりかねない運命を選択させられてしまうという真実に辿りつけば、もうさすがに、怒りなんていうものを通り越して、ただただ聞いて呆れるばかりとしか言い様がございませんし、日本の99%からすれば、此れ程恥ずかしいことはないと同時に、此れ程悲しいことはございませんよね。
結局のところは、この発言の真実を見破れば、安倍首相自らが、「日本はアメリカの言いなりになるだけの間抜け国家に過ぎませんし、中国や韓国に馬鹿にされたところで構わないのだし、日本だけが幸せに暮らせるのならば、他国のことに心を寄せる余裕もゆとりも無いし、ただひたすらに惨めな思いをするくらいなら、どうぞ日本を滅ぼして下さい」なんていう幼稚な悪あがきの「動かぬ証拠」になるに過ぎないという真実に辿りつけば、これを「逆転の罠」として利用することで、外交カードに利用して、今度は、アメリカのみならず全人類に対して、騙されたふりをして、「安倍首相なんか、使い物にならない間抜け総理にすぎませんし、これに従属するだけの右翼、軍国主義者こそが、全人類の大敵に過ぎない存在でしかないと同時に、お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもなりませんので、どうぞ絶対に相手にすることはせず、むしろ幾らでも安倍首相を幾らでも馬鹿にして、こうした連中こそを引き裂き、物凄い痛みや悲しみを被り、自らが勝手に自決して頂く様に、揺さぶってくださるのならば、喜んで協力してあげますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」というメッセージを誇りを持って、幾らでも世界に拡大して発信して行きましょう。
この代償として、「こうした反日愛国者こそを、1%の金と権力の亡者と共に、幾らでも他国に売り飛ばし、全人類から虫けら同然の様に皆殺しにされるか、そうでなければ全人類から邪魔されない様に何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして頂くのか、そうでなければ、安倍首相と共に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに自決して滅び去って頂くのか、いずれかの運命を選択させてあげることで、そっと静かに離れて、これを乗り越えていくことで、誇りを持って、まずは天皇陛下と戦前の日本を根本的に切り離して、永久に断絶させた上で、戦前の日本だけを、全人類と共に、幾らでも厳しく断罪し、これだけをそっと静かに葬り捨ててしまうことで、この責任や罪だけは、自ら誇りを持って被ってあげることで、中国や韓国、北朝鮮に対しては、誇りを持って反面教師になってあげることで、この代償として、誇りを持って身を縮め、日本経済を幾らでも衰退させ、誇りを持って弱体化させ、誇りを持って一人負けをして、誇りを持って取り残され、誇りを持って取り残されながら、今度はイギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして行く道を選択をして、対米従属からも、そっと静かに離れながらも、国際社会の中での地位や名誉を全て捨て去ったところで、これ以上に失うものは何もないのだし、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、成熟した素敵な大人の国となって自立して行くことで、全人類からすれば、日本は心豊かで清貧で尊い存在として見られ、全人類の救世主として物凄く高く評価されるほどの素晴らしい運命を自ら選択して行くことで、貧富の格差は一定の範囲内に縮小し、日本の相対的地位は低下させ、地球市民社会というなかに日本全体を、天皇陛下と共にひっそりと埋没させ、没落させてしまうようにすることで、文明の大勝利となって、全人類の喜劇として、共に分かち合うことができることだけを幾らでも誇りとして、世界に見せつけて行く様にして参りましょう。

バーバリー マフラーに関する商品をまとめた一覧です(1ページ目)。バーバリー マフラー の商品を探すなら通販サイト【パーク/PARK】。 気になる商品をクリックすると商品詳細 がご確認いただけます。

秋めいてきましたねー もみじ01 もみじ02 秋冬の登山で重要なのが『体温調節』 パンチ 山に登ると、寒かったり、急に暑くなって汗を掻いたり普段の生活では考えられない程、 状況が変わりますよね。

モンクレール ダウン モンクレール ダウン Hubert メンズ ジャケット ブラック [5219] - 1952年に創業したモンクレールは、軽量で保温力

モンクレールダウンジャケットの クリーニング. クリーニング店に受け取り拒否された? モンクレールやデュベティカなどの高額なダウンジ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58268983

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権、海上輸送にも…政府が解釈見直し:

« 大阪 通天閣と新世界 | トップページ | 改憲と国防 (混迷する安全保障のゆくえ) »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31