« 特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ | トップページ | 石垣市議会にて、玉津教育長の不信任が賛成多数で可決 »

2013/09/23

レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表

 このニュースも、日本の寒々とした今を象徴するようなニュース。

レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表(朝日新聞)

 北海道のJR函館線の貨物列車脱線事故現場のレール幅が、基準値以上に広がったまま約1年放置されていた問題で、JR北海道の野島誠社長は22日記者会見し、レールの広がりなどの異常計97カ所を放置していたと発表した。すべて補修は終わっているという。
 同社によると、北海道内では本線の14駅間49カ所と、列車のすれ違いなどに使う副線の48カ所でレールの異常を放置していた。点検担当者は異常を把握していたが、補修されていなかった。本線では約1~5カ月間放置され、副線では1年近く放置されていた場所が計4カ所あった。
 このうち本線については、同社は21日の記者会見で「問題ない」と説明していた。ところが、その後の国土交通省からの指示で点検記録を確認したところ、異常が放置されていることが判明。副線は、20日以降、レールの広がり以外の異常を点検している中で分かったという。点

 国鉄の分割民営化からもう26年かな。そこで捨て去られてものは何なのか。JR北の困難は最初から指摘されていたこと。
 もちろん、事故やこうした事態にいたったの直接の原因はしっかりした検証は必要だし、すべてを分割民営化の責任んということはただしくはないだろうけど。だけど、あそこで捨て去られたものはたしかにある。そして、あのころを転機に、社会全体で安全が軽視され、人権がふみにじられ、効率が優先されるようになったのも事実だと思う。そういうことと本質的な点では無関係でない事態。
 そういう意味で、歴史的経緯が問われているんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ | トップページ | 石垣市議会にて、玉津教育長の不信任が賛成多数で可決 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

「点検担当者は異常を把握していたが、補修されていなかった」ということに事故発生の根本的な原因に結びつくとすれば、仮に、ここまでの大事故が発生していなければ、異常を把握しておきながら放置していたに過ぎない、という真実を明るみにする「動かぬ証拠」を自ら差し出したという真実に辿りついてしまうとすれば、結局のところ、異常を把握していた点検担当者については、何の罪はないものの、これを把握したにも関わらず、社長はこれを把握していなかったということなら、社長個人にも罪があるわけでは無いものの、把握していたにも関わらず、これを隠していたという事実については、中国の高速鉄道脱線事故と本質的には変わりないし、中曽根大震災を引き起こした原発推進勢力などとも同じ穴の狢に過ぎないという真実に辿りつけば、JR北海道も、結局は使い物にならない間抜け社員しかいない、とんだ間抜け会社に過ぎないというところは、ブラック会社とも本質的に変わりないし、日本全体が、ただの間抜け国家に過ぎないという真実を自ら明かしてしまったに過ぎないという真実にまで辿りつけば、日本人として此れ程恥ずかしいことはないほどの物凄い笑いはなしにしかならないのは当然のことだし、もう怒りというも通り越して、聞いて呆れるばかりと同時に、もう余りにも悲しいことはございませんよね。
これこそが、日本国民全体の大敵でもあると同時に、全人類の大敵に過ぎないという真実に辿りつけば、もうこうしたブランク会社をはじめ、使い物にならない間抜け社員については、結局のところは、こうした真実が明らかにされることにより、自分達が生きていけなくなづのでは無いかという不安や恐怖に陥り、自分達の利益のために、こうした真実から目を背け、こうしたブラック会社にしがみついているに過ぎないという真実に辿りつけば、だが、これが好戦的平和ボケに陥り、中国や韓国との外交関係に影響を及ぼすようなことに繋がっているという真実に辿りつけば、反日活動家と本質的に変わりないということもまた一つの真実として見透かせば、これでは、この外側から見た限りでは、こうした自分達の主観的な都合ばかりを、勝手に押し付けられたのでは、たまったものではございませんし、それこそ、これを「逆転の罠」として利用するなら、騙されたふりをして、どうぞ中国や韓国の反日活動家と共に、幾らでも勝手に子供の喧嘩でもやって、共に恨みを分かち合い、憎しみを分かち合い、先祖を呪い合いながら、戦前の日本に対して、幾らでも勝手に怒りをぶつけて、そのまま勝手に死んで見捨てられて下さい、としか言い様がございませんし、このような勇気もなければ、余裕もゆとりもないのはお互い様のことだし、だが、仮に生き恥を晒して物凄い苦しみを味わうよりは、死んだほうが楽になるのであるならば、どうぞ全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに民族自決して下さい、としか言い様がございませんし、そうでなければ、どうぞ全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい、ということで、そっと静かに離れていくことで、この根本的な原因というものを究明すれば、日本人の構造的欠陥というものに行き着いてしまう限り、決してこうした連中だけに罪があるわけではないという真実に辿りつけば、これに対する罪だけは、誇りを持って被ってあげることで、これを克服し、乗り越えて行くことで、再発防止に繋がるのであれば、この代償として、こうした戦前の日本にしがみつくだけの、天皇制官僚機構と利己主義だけの運命共同体そのものを、まずは天皇陛下とは根本的に切り離し、永久に断絶した上で、この共同体そのものを引き裂いて、粉々に崩壊させてしまうことで、これを乗り越えて、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る市民社会に変えて行くことで、この市民社会の象徴として君臨するのが天皇陛下であるということに結び付けることで、これを国境を幾らでも乗り越えて行くことで、地球市民社会というなかに、日本全体をひっそりと埋没させてしまうことで、今度はイギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして、没落させて行くことで、誇りを持って身を縮め、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、誇りを持って取り残されつつも、誇りを持って反面教師になってあげることで、ただひたすらに地味で質素な生活をして、目立つようなこともせず、変な見栄を張る様なこともせず、風俗やパチンコについてもそっと静かに見捨ててしまうことで、強欲で傲慢な一部の金と権力の亡者については、誇りを持って、そっと静かに辱めながら、勝手に嘆き悲しみ、没落していくのを、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、通り過ぎて行く様にすれば良いだけのことだし、これが結果的に、「さらば暴政」、「さらば原発」ということに繋がり、「さらば右翼」、「さらば自民党」、「さらば日本維新の会」、「さらば靖国神社」ということに結びついて、戦前の日本だけをそっと静かに葬り捨てて行く様にして行けば良いだけのことでは無いでしょうか。

「点検担当者は異常を把握していたが、補修されていなかった」ということに事故発生の根本的な原因に結びつくとすれば、仮に、ここまでの大事故が発生していなければ、異常を把握しておきながら放置していたに過ぎない、という真実を明るみにする「動かぬ証拠」を自ら差し出したという真実に辿りついてしまうとすれば、結局のところ、異常を把握していた点検担当者については、何の罪はないものの、これを把握したにも関わらず、社長はこれを把握していなかったということなら、社長個人にも罪があるわけでは無いものの、把握していたにも関わらず、これを隠していたという事実については、中国の高速鉄道脱線事故と本質的には変わりないし、中曽根大震災を引き起こした原発推進勢力などとも同じ穴の狢に過ぎないという真実に辿りつけば、JR北海道も、結局は使い物にならない間抜け社員しかいない、とんだ間抜け会社に過ぎないというところは、ブラック会社とも本質的に変わりないし、日本全体が、ただの間抜け国家に過ぎないという真実を自ら明かしてしまったに過ぎないという真実にまで辿りつけば、日本人として此れ程恥ずかしいことはないほどの物凄い笑いはなしにしかならないのは当然のことだし、もう怒りというも通り越して、聞いて呆れるばかりと同時に、もう余りにも悲しいことはございませんよね。
これこそが、日本国民全体の大敵でもあると同時に、全人類の大敵に過ぎないという真実に辿りつけば、もうこうしたブランク会社をはじめ、使い物にならない間抜け社員については、結局のところは、こうした真実が明らかにされることにより、自分達が生きていけなくなづのでは無いかという不安や恐怖に陥り、自分達の利益のために、こうした真実から目を背け、こうしたブラック会社にしがみついているに過ぎないという真実に辿りつけば、だが、これが好戦的平和ボケに陥り、中国や韓国との外交関係に影響を及ぼすようなことに繋がっているという真実に辿りつけば、反日活動家と本質的に変わりないということもまた一つの真実として見透かせば、これでは、この外側から見た限りでは、こうした自分達の主観的な都合ばかりを、勝手に押し付けられたのでは、たまったものではございませんし、それこそ、これを「逆転の罠」として利用するなら、騙されたふりをして、どうぞ中国や韓国の反日活動家と共に、幾らでも勝手に子供の喧嘩でもやって、共に恨みを分かち合い、憎しみを分かち合い、先祖を呪い合いながら、戦前の日本に対して、幾らでも勝手に怒りをぶつけて、そのまま勝手に死んで見捨てられて下さい、としか言い様がございませんし、このような勇気もなければ、余裕もゆとりもないのはお互い様のことだし、だが、仮に生き恥を晒して物凄い苦しみを味わうよりは、死んだほうが楽になるのであるならば、どうぞ全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに民族自決して下さい、としか言い様がございませんし、そうでなければ、どうぞ全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい、ということで、そっと静かに離れていくことで、この根本的な原因というものを究明すれば、日本人の構造的欠陥というものに行き着いてしまう限り、決してこうした連中だけに罪があるわけではないという真実に辿りつけば、これに対する罪だけは、誇りを持って被ってあげることで、これを克服し、乗り越えて行くことで、再発防止に繋がるのであれば、この代償として、こうした戦前の日本にしがみつくだけの、天皇制官僚機構と利己主義だけの運命共同体そのものを、まずは天皇陛下とは根本的に切り離し、永久に断絶した上で、この共同体そのものを引き裂いて、粉々に崩壊させてしまうことで、これを乗り越えて、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る市民社会に変えて行くことで、この市民社会の象徴として君臨するのが天皇陛下であるということに結び付けることで、これを国境を幾らでも乗り越えて行くことで、地球市民社会というなかに、日本全体をひっそりと埋没させてしまうことで、今度はイギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして、没落させて行くことで、誇りを持って身を縮め、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、誇りを持って取り残されつつも、誇りを持って反面教師になってあげることで、ただひたすらに地味で質素な生活をして、目立つようなこともせず、変な見栄を張る様なこともせず、風俗やパチンコについてもそっと静かに見捨ててしまうことで、強欲で傲慢な一部の金と権力の亡者については、誇りを持って、そっと静かに辱めながら、勝手に嘆き悲しみ、没落していくのを、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、通り過ぎて行く様にすれば良いだけのことだし、これが結果的に、「さらば暴政」、「さらば原発」ということに繋がり、「さらば右翼」、「さらば自民党」、「さらば日本維新の会」、「さらば靖国神社」ということに結びついて、戦前の日本だけをそっと静かに葬り捨てて行く様にして行けば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58254226

この記事へのトラックバック一覧です: レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表:

« 特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ | トップページ | 石垣市議会にて、玉津教育長の不信任が賛成多数で可決 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30