« 奨学金問題 「埼奨ネット」発足 | トップページ | 堺市長選 現職の竹山氏が当選確実 »

2013/09/29

国連の集団安保に積極参加議論へ

 なんというか、こんな乱暴な議論を本気でしているのにも驚くのだけれども…。

国連の集団安保に積極参加議論へ(NHKニュース)

 集団的自衛権の行使を巡る政府の有識者懇談会は、国連のPKO=平和維持活動など、国連の集団安全保障に自衛隊が積極的に参加できるよう、憲法解釈を見直す方向で議論を進めることにしています。
 国連のPKOなど国連の枠組みのもとでの集団安全保障について、安倍総理大臣は先の国連での一般討論演説で「いかなる国も今や1国のみでは、みずからの平和と安全を守ることなどかなわない」と述べ、積極的平和主義の立場からより積極的に参加できるよう取り組む考えを示しました。
 ただ、今の憲法解釈では自衛隊がPKOに参加する場合、武器の使用は隊員の生命を守るためなど必要最小限の範囲に限られているほか、国連決議に基づいた武力の行使を目的にした多国籍軍には参加できないとされています。
 これについて、政府の有識者懇談会は、安全保障環境の変化を踏まえ国際社会との協力体制を強化する必要があるなどとして、自衛隊の積極的な参加を可能にするため、活動の範囲を広げる方向で議論を進めることにしています。
 具体的には、今の憲法解釈を見直し、PKOに参加するほかの国の部隊が攻撃を受けた場合に自衛隊が武器を使って救援できるようにするほか、目的にかかわらず国連決議に基づく多国籍軍の後方支援なども行えるようにすることを検討していくことにしています。

 ここでいう「国連の集団安全保障」とは何を意味するのか。少なくとも国連憲章が想定しているそれでは決してない。そこで、生じているPKOというものをどう理解するのか。それと、日本参加のスタンスの問題、これが二点目。そういう問題について、きちんとした理解抜に、あたかも国連の活動に積極的に参加することを言っているような、レトリック。
 そんな国際法の基本的な問題をちゃんと議論しないといけなということで。しっかりやらなくっちゃねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 奨学金問題 「埼奨ネット」発足 | トップページ | 堺市長選 現職の竹山氏が当選確実 »

世界」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

「私を、右翼、軍国主義者と呼びたければ、どうぞ呼んで下さい」なんてアメリカで発言した安倍首相こそが、自らが右翼であり軍国主義者に他ならないという「動かぬ証拠」を明かしたに過ぎないという真実を見破れば、根本的には、この積極的平和主義なんて言ったところで、実際には「好戦的平和ボケ主義」に他ならないという真実を見破れば、これに相対する共産党をはじめとする護憲派を「消極的平和ボケ主義」に他ならないという真実に辿りついてしまうとすれば、同じ平和ボケでも、全人類からすれば、とんだ迷惑極まりないものでしか無いし、最もタチの悪い平和ボケに過ぎないというところは、まともな日本人からしても、同じことでしかないし、「好戦的平和ボケ主義」こそが、「全人類のためにもならないし、お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもならない、極めて幼稚で傲慢な、身勝手極まりない、子供じみた悪あがきに過ぎない」という真実を見破ってしまえば、もうさすがに変なとばっちりを受けたのではたまったものでは無いし、議論もしたくも無いし、一切関わりたくも無いし、怒りを通り越して、聞いて呆れるばかりでしかないところは、中国や韓国にとっても同じことだし、アメリカのオバマ大統領をはじめ、99%の皆様からしても相手にしたくはないという真実に辿りついてしまえば、今度は、日本の99%が、これを「逆転の罠」として利用するなら、建設的野党に過ぎない共産党と共に、「消極的平和ボケ主義」を乗り越え、日本国憲法こそが「積極的平和主義」に他ならないという真実を明かすことで、これを国内政治のみならず、外交カードに利用することで、全人類に対して、上手く騙されたふりをして、「どうぞ安倍首相こそ、使い物にならない間抜け総理にすぎませんし、好戦的平和ボケ主義によって思考停止して、アメリカにしがみついているだけに過ぎませんから、くれぐれも一切相手にすることなく、騙されないようにご留意のほど、よろしくお願い申し上げます。そうでなければ、私たち日本国民全体にとっての悲劇にも繋がりかねませんし、同時に全人類の悲劇にも繋がりかねない、取り返しのつかないことになることも想定されますので、今後は容赦なく、幾らでも安倍首相を馬鹿にして下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」というメッセージを誇りを持って、幾らでも世界に発信して行く様にするしかございませんね。
この代償として、こういう「好戦的平和ボケ主義」こそ根絶やしとなって、次第に雲散無消させてしまうことで、天皇制官僚機構を頂点とする全体主義と分極化した利己主義だけの運命共同体そのものを、天皇制とは根本的に切り離した上で、幾らでも厳しく断罪し、粉々に引き裂き没落させた上で、この罪だけは誇りを持って被ってあげることで、この本質的な欠陥絵もある構造的欠陥というものを克服し、これを乗り越えて行くことで、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らせる市民社会というものを個人主義のベースとした、清貧で心豊かで、極めて尊い、無欲で痩せた民族として、ひっそりと生きていくことだけを誇りとして、この象徴として君臨するのが天皇陛下でもあるということにを、「和をもって尊しとなす」という和の精神にインテグレートされた民主主義の社会福祉国家として、「さらば暴政」、「さらば原発」に繋がって行く様に変えて行けば良いのでは無いでしょうか。

「私を、右翼、軍国主義者と呼びたければ、どうぞ呼んで下さい」なんてアメリカで発言した安倍首相こそが、自らが右翼であり軍国主義者に他ならないという「動かぬ証拠」を明かしたに過ぎないという真実を見破れば、根本的には、この積極的平和主義なんて言ったところで、実際には「好戦的平和ボケ主義」に他ならないという真実を見破れば、これに相対する共産党をはじめとする護憲派を「消極的平和ボケ主義」に他ならないという真実に辿りついてしまうとすれば、同じ平和ボケでも、全人類からすれば、とんだ迷惑極まりないものでしか無いし、最もタチの悪い平和ボケに過ぎないというところは、まともな日本人からしても、同じことでしかないし、「好戦的平和ボケ主義」こそが、「全人類のためにもならないし、お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもならない、極めて幼稚で傲慢な、身勝手極まりない、子供じみた悪あがきに過ぎない」という真実を見破ってしまえば、もうさすがに変なとばっちりを受けたのではたまったものでは無いし、議論もしたくも無いし、一切関わりたくも無いし、怒りを通り越して、聞いて呆れるばかりでしかないところは、中国や韓国にとっても同じことだし、アメリカのオバマ大統領をはじめ、99%の皆様からしても相手にしたくはないという真実に辿りついてしまえば、今度は、日本の99%が、これを「逆転の罠」として利用するなら、建設的野党に過ぎない共産党と共に、「消極的平和ボケ主義」を乗り越え、日本国憲法こそが「積極的平和主義」に他ならないという真実を明かすことで、これを国内政治のみならず、外交カードに利用することで、全人類に対して、上手く騙されたふりをして、「どうぞ安倍首相こそ、使い物にならない間抜け総理にすぎませんし、好戦的平和ボケ主義によって思考停止して、アメリカにしがみついているだけに過ぎませんから、くれぐれも一切相手にすることなく、騙されないようにご留意のほど、よろしくお願い申し上げます。そうでなければ、私たち日本国民全体にとっての悲劇にも繋がりかねませんし、同時に全人類の悲劇にも繋がりかねない、取り返しのつかないことになることも想定されますので、今後は容赦なく、幾らでも安倍首相を馬鹿にして下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」というメッセージを誇りを持って、幾らでも世界に発信して行く様にするしかございませんね。
この代償として、こういう「好戦的平和ボケ主義」こそ根絶やしとなって、次第に雲散無消させてしまうことで、天皇制官僚機構を頂点とする全体主義と分極化した利己主義だけの運命共同体そのものを、天皇制とは根本的に切り離した上で、幾らでも厳しく断罪し、粉々に引き裂き没落させた上で、この罪だけは誇りを持って被ってあげることで、この本質的な欠陥絵もある構造的欠陥というものを克服し、これを乗り越えて行くことで、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らせる市民社会というものを個人主義のベースとした、清貧で心豊かで、極めて尊い、無欲で痩せた民族として、ひっそりと生きていくことだけを誇りとして、この象徴として君臨するのが天皇陛下でもあるということにを、「和をもって尊しとなす」という和の精神にインテグレートされた民主主義の社会福祉国家として、「さらば暴政」、「さらば原発」に繋がって行く様に変えて行けば良いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58290690

この記事へのトラックバック一覧です: 国連の集団安保に積極参加議論へ:

« 奨学金問題 「埼奨ネット」発足 | トップページ | 堺市長選 現職の竹山氏が当選確実 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31