« レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表 | トップページ | 特定秘密保護法案:新聞協会と日弁連が反対 »

2013/09/25

石垣市議会にて、玉津教育長の不信任が賛成多数で可決

 これは、今日の話。玉津教育長という名を聞くだけで…。

 今回のことの起こりは次の発言。

石垣市教育長、戦争悲惨さの強調は「弊害」(琉球新報)

 石垣市教育委員会の玉津博克教育長は19日、石垣市議会一般質問で沖縄における平和教育の在り方について問われ、「平和の尊さを教えるとしながらも、戦争の悲惨さを強調する教育となっている。その教育の弊害は、戦争に対する嫌悪感から派生する思考停止と言える」と述べた。砥板芳行市議への答弁。
 玉津氏は自身が1996年に浦添高校で実施した戦争遺品展で、生徒の一人が「平和教育というよりも、戦争に対する恐怖感の植え付けのように感じる」などと指摘した感想文を書いていたことを紹介し、この感想文を基に平和教育の在り方に疑問を投げ掛けた。
 さらに「現実の社会では平和がいいと言ったところで、戦争は忍び寄ることは世界の歴史が教えている」と主張。「平和教育においては平和の尊さを基本に、どうすれば平和を維持できるか、どうすれば戦争を防げるかという視点から、情報収集力、思考力、判断力、行動力を身に付けさせることを目標に実践されるべきだ」と述べ、平和教育の在り方を点検、確認し、改善する考えを表明した。
 玉津氏が紹介した感想文は、戦争への恐怖感から平和の大切さを導き出す手法を「単純な構造の平和教育」と批判し、「小学校低学年までならそれ(恐怖感の植え付け)でもかまわない。しかし、年齢を重ねるにつれ生徒の理解力も変化し、成長する。平和教育の内容もそれに合わせて変わらないといけない」と主張している。

 沖縄の思いを踏みにじるような発言だ。
 問題は、教育長の後ろにいる、あのタカ派の市長がどのような態度をとるのかという問題。教育長はそれでも、辞めないと言っているようだが。今後の展開が注目される。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表 | トップページ | 特定秘密保護法案:新聞協会と日弁連が反対 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58265756

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣市議会にて、玉津教育長の不信任が賛成多数で可決:

« レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表 | トップページ | 特定秘密保護法案:新聞協会と日弁連が反対 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31