« 改憲と国防 (混迷する安全保障のゆくえ) | トップページ | <生活保護と扶養義務> »

2013/09/26

映画「標的の村」 全国で観客動員数1万人超える

 これはものすごくうれしいニュース!

映画「標的の村」 全国で観客動員数1万人超える(琉球朝日放送)

全国で公開されているQAB制作のドキュメンタリー映画「標的の村」が観客動員数1万人を突破しました。
2013年8月10日から東京で、9月7日からは県内でも公開が始まった映画「標的の村」はこれまで全国7都市で上映され、24日までに1万31人を動員しドキュメンタリーとしては異例のヒットとなっています。
オスプレイ配備がテーマになっているだけに県内の動員数は既に2000人を超えていてシネマパニック宮古島と那覇の桜坂劇場では10月11日まで上映、沖縄市のあしびなー劇場では10月19・20日の2日間限定で上映されます。

 みなさん! 見ましたか。ポレポレでも延長が決まったしね!
 ここに上映館の一覧がありますから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 改憲と国防 (混迷する安全保障のゆくえ) | トップページ | <生活保護と扶養義務> »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58272154

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「標的の村」 全国で観客動員数1万人超える:

« 改憲と国防 (混迷する安全保障のゆくえ) | トップページ | <生活保護と扶養義務> »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31