« 東学農民戦争と日本 もう一つの日清戦争 | トップページ | 終わらない戦争 »

2013/08/21

秋田書店:不正訴えた女性社員を解雇 撤回求め提訴へ

 大手の出版社なのに……。ブラックジャックを出していたのに。なんなんだろうこれ。酷い。

秋田書店:不正訴えた女性社員を解雇 撤回求め提訴へ(毎日新聞)

 秋田書店が漫画雑誌の読者プレゼントで景品数を水増し掲載していた問題で、社内で不正をやめるよう訴えた景品担当の女性社員(28)が「プレゼントを窃取した」などとして懲戒解雇されていたことが20日分かった。女性側は「罪をなすりつけられた」と主張。「組織的不正」として景品表示法違反(有利誤認)で秋田書店に措置命令を出した消費者庁の調査で主張が裏付けられた形となり、解雇撤回を求めて提訴する考えだ。【東海林智】
 女性の説明や加盟する労働組合「首都圏青年ユニオン」などによると、女性は不正のあった雑誌でプレゼント担当を4年以上務めていた。
 担当になった際の引き継ぎで不正を知り「一つの商品しかないのに、当選人数を10人にするのはおかしい」などと上司に訴えたが、「会社にいたかったら文句を言わずに黙って仕事をしろ」と言われたという。
 女性は不正を続けているうちに睡眠障害や適応障害を発症、2011年9月から休職していたが、12年2月29日に「多数の読者にプレゼントを発送せず、不法に窃取した」と書かれた解雇通知書が送られてきた。
 女性やユニオンは仕事を理由とした病気の発症で休職中に解雇するのは無効と主張。窃取と指摘された点について「会社の指示で当選者の数に満たないプレゼントしか準備されていなかった」としている。
 ユニオンの神部紅事務局次長は「不正を強制しながら、罪をなすりつけて懲戒解雇したのは許せない」と話す。女性は「不正をやめるべきだと何度も訴えた。消費者庁に不正を指摘され、会社も認めたのだから、解雇を撤回して謝罪すべきだ」と訴えている。
 秋田書店は「解雇と不正は別問題だと考えるため、コメントは差し控える」と話している。

 東海林さんが直接本人に取材しているわけで。彼女は2007年に同社に入社。「ミステリーボニータ」編集部、「プチプリンセス」の編集にも携わったそうだ。プレゼント欄を先輩から業務を引き継いだわけで……。それは、プレゼントの予算はボニータが各号約8万円、プチプリンセスが約13万円だとか。毎回、編集長と相談してメインの景品を決め、量販店などで商品を購入したうえで、それを撮影して雑誌に載せた。商品が1点しかない場合でも雑誌で「2名様」や「3名様」にプレゼントなどと紹介したという。告知されたプレゼント数に対し用意された数は1〜2割程度のケースが多かったし、告知数に対し約10倍の応募があったとも。
 当選者を発表する際も、実際の商品が送られる読者以外は、都道府県と氏名を担当者が捏造。「読者に申し訳ない思いで、本当に嫌だった」と語り、「プレゼントの数に多少の違いはあっても全誌で何らかの不正はあった。秋田書店はきちんと反省して出直してほしい」と話しているそうだ。

 この業界、とくに雑誌のひどさはどこでも言われていることだけど、ここまで神経は麻痺していて、どんな雑誌がつくれるものなのかなあ。たたかえ青年ユニオン!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東学農民戦争と日本 もう一つの日清戦争 | トップページ | 終わらない戦争 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58036464

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田書店:不正訴えた女性社員を解雇 撤回求め提訴へ:

« 東学農民戦争と日本 もう一つの日清戦争 | トップページ | 終わらない戦争 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30