« 高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁 | トップページ | 慰安婦問題のサイト開設 学者ら「まず事実知って」 »

2013/08/01

生活保護、過去最大の減額始まる 1日から新たな額で支給

 いよいよであるなあ。

生活保護、過去最大の減額始まる 1日から新たな額で支給(共同通信)

 生活保護費の基準額が国の予算で1・5%引き下げられ、1日から新たな額での支給が始まった。引き下げは2004年度以来で、食費や光熱費など日常生活の費用に充てる「生活扶助」が対象。15年度までに予算を計670億円(6・5%)減らす。下げ幅は過去最大。
 受給者の一部は反発し、引き下げは不当として行政不服審査法に基づく審査請求を1万人規模で行う動きが出ている。請求が却下されれば、集団訴訟を起こす方針だ。
 生活保護の支給は毎月1~5日の自治体が多い。金融機関の口座への振り込みや、福祉事務所の窓口などで受け取る。受給者は全国で約215万人、約158万世帯。

 たとえば、これまでの標準3人世帯である、33歳、29歳、4歳の家庭では、8月に5820円、来年4月に計1万0650円、再来年4月に計1万5980年の減額になる。約16万円から14万4000円ほどになるのだ。さらに母子世帯になると減額は大きくなる。子育て層の、経済困難が大きい世帯ほど、削減が直撃する。しかも、根拠となった基準額算出の方法そのものが、ほとんど科学性のないものという批判が強まっている。とくに物価考慮といわれているが、平均的CPI方式というものそのものが恣意的なのだ。最初に削減ありきですすむ生活保護の削減。その影響ははかりしれないものになるはずだろう。1万人審査請求というたたかいがはじめる。
 そのもとで、生活保護法大改悪、生活困窮者支援法という、水際作戦合法化法案とのたたかいが、この秋の大きな焦点になるのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁 | トップページ | 慰安婦問題のサイト開設 学者ら「まず事実知って」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57905914

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護、過去最大の減額始まる 1日から新たな額で支給:

« 高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁 | トップページ | 慰安婦問題のサイト開設 学者ら「まず事実知って」 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31