« タンク汚染水漏れ、点検記録なし 福島第一原発 | トップページ | 改憲、有権者の「賛成」減少 (朝日・東大谷口研調査) »

2013/08/24

福島第一 排水溝から高濃度ストロンチウム タンク汚染水 外洋流出

 どこまで、海の汚染はひろがったのか? かなり絶望的なものを感じるのだけど…。

福島第一 排水溝から高濃度ストロンチウム タンク汚染水 外洋流出(東京新聞)

 東京電力福島第一原発の地上タンクから、原子炉を冷やした後の処理水三百トンが漏れた問題で、東電は二十三日、外洋につながる排水溝に沿い、高い濃度の放射性ストロンチウムなどを含む水が確認されたと発表した。処理水がそのまま外洋に流れ出ていたことが確実になった。
 東電は二十二日、問題のタンク群近くの排水溝で採取。分析した結果、タンクより上流では放射性セシウム、放射性ストロンチウムとも濃度比のばらつきはあまりなく、濃度も一リットル当たり数十ベクレル程度と比較的低かった。
 しかし、処理水が溝に流れ込んだとみられている地点から下流側では、セシウム濃度はほとんど検出されなかったのに対し、ストロンチウムは一リットル当たり二〇〇~五八〇ベクレルと高い値で検出された。
 タンクから漏れた処理水は、原子炉建屋地下にたまった高濃度汚染水からセシウムの大半を除去してあるが、ストロンチウムなどは高濃度で残っているのが特徴だ。
 溝で採取された水とタンク内にあった処理水の特徴が一致していることから、漏れた水は溝を伝って外洋に流れ出たことがより確実となった。既に、溝の中には土砂とともに水が流れた形跡があり、毎時六ミリシーベルトと通常よりかなり高い放射線量が計測されていた。

 どのように理解すればいいのか。だれか、この問題について、どう勉強すればいいのか?教えてほしい。

 明日は、取材に言って仕込むか、それとも割り切って休むか。思案中。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« タンク汚染水漏れ、点検記録なし 福島第一原発 | トップページ | 改憲、有権者の「賛成」減少 (朝日・東大谷口研調査) »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58058004

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一 排水溝から高濃度ストロンチウム タンク汚染水 外洋流出:

« タンク汚染水漏れ、点検記録なし 福島第一原発 | トップページ | 改憲、有権者の「賛成」減少 (朝日・東大谷口研調査) »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31