« 教委廃止、首長6割が反対 東大准教授調査 | トップページ | 疎開船「対馬丸」沈没から69年 那覇の児童ら祈り »

2013/08/22

福島第1 汚染水海に流出濃厚 東電「否定せず」

 いったいどうなっているのか? もうわけがわからないほどの事態になっている気がする。

福島第1 汚染水海に流出濃厚 東電「否定せず」(河北新報)

 福島第1原発の地上タンクから放射能汚染水が大量に漏れ出した問題で、東京電力は21日、汚染水の一部が海に流れ出た可能性を認めた。同型タンクは製造が容易で整備しやすい一方、耐久性に問題があり、過去にも漏えい事故を起こしている。大量に増え続ける汚染水を処理するため、整備の効率性を優先した結果が招いたトラブルと言え、対策の見直しに迫られている。
 タンクから漏れ出した汚染水は約305トンに上る。大半は地面に染み込んだとみられるが、東電が21日、原子力規制委員会の指示を受け、海につながるタンク近くの排水溝を調べ、毎時6ミリシーベルトと高い線量を計測した。
 東電は「汚染水が流れなければあり得ない数値で、海への流出は否定できない」との見解を示した。流出量は不明としている。海は約700メートル先で、排水溝の出口付近の海水に含まれる放射性物質は微量にとどまった。
 東電によると、タンクは容量1000トンで汚染水の残量は約700トン。20日夜に別の同型タンクへ移送を始めた。作業は22日夕に終えるという。
 漏えい源のタンクと同じ型は構内に約350基ある。1日400トン(プール1杯分)のペースで増え続ける汚染水を保管するため、東電は構内に整備し、2011年10月に使用を始めた。
 タンクは円筒型の組み立て式で施工日数は最短で3日。溶接作業が要らず、作業が楽でコストを抑えられるメリットがある。一方、ゴムパッキンの耐用年数は5年と短く、当初から水漏れを懸念する声が上がっていた。
 同型タンクは今回を含めて5回の漏えいトラブルを起こした。大量の汚染水を処理するため、耐久性の危うさに目をつぶり、効率性を優先して整備を進めた。今後も使用を継続するという。
 今回の事故を受け、東電はタンクの見回り回数を1日2回から3時間おきにする監視強化策を打ち出した。
 汚染水の海洋流出は7月、地下水の漏出が判明。地上と地下から二重の漏えいが明らかとなり、漁業者や国際社会から反発を受けるのは必至だ。…

 何がどれだけ漏れだしているのか。水とともに流れ出しているものもあれば、そこにたまっているものもある。放射性物質の特質からくる汚染の状況の全体像がもう1つよくわからない。しかも、いま問題になっているものは、原子炉の技術的なものではなく、もっと原始的といいうか原理的なもの。そこにたいする対策が、どこまでされているのだろうかなあ。東電も無責任だろうけれども、政府はいったい何を考えているのか?
 政府が責任をもって、この福一の処理をすすめるということにならないともう大変なことになるのは、だれもわかっていることなのに。どんどん事態は悪化していく。もっと迅速に、すべての叡智をあつめて、あらゆることをやらないと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教委廃止、首長6割が反対 東大准教授調査 | トップページ | 疎開船「対馬丸」沈没から69年 那覇の児童ら祈り »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

ttp://www.onpa.tv/2013/05/13/789-3
ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-date-201308.html

深刻になっている汚染水問題は実は既に解決できるだけの技術を持っている。政府は昨年11月にケッシュ財団から放射能除去装置を提供されている。これらの技術を使うことで汚染水問題も解決し、電気代も無料化する。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58044077

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1 汚染水海に流出濃厚 東電「否定せず」:

« 教委廃止、首長6割が反対 東大准教授調査 | トップページ | 疎開船「対馬丸」沈没から69年 那覇の児童ら祈り »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31