« 「生活保護はねつけ法案」を永久廃案に!いのちをつなぐ社会保障費の削減を許さない!参院選前緊急集会 | トップページ | 不満層も内閣支持 批判票、民共に分散/さいたま市民政治意識調査 »

2013/07/03

原子力規制庁:独立性「骨抜き」 経産省から期限付き職員

 これはないなあ。どんどん原子力ムラがはぶりをきかしている。

原子力規制庁:独立性「骨抜き」 経産省から期限付き職員(毎日新聞)

◇「ノーリターン・ルール」の例外
 原子力規制庁が、原発再稼働の前提条件となる安全審査の態勢強化に伴い、原発の推進官庁である経済産業省に「応援」を要請し、職員が規制庁に異動したことが分かった。規制庁には、推進官庁に職員を戻さない「ノーリターン・ルール」が法律で定められているが、今回は発令時から出身官庁に戻すことを想定して1年間の期限付きとしており、推進側からの独立性が問われる。
 規制委は、7月8日の新しい原発の規制基準施行後、電力会社からの再稼働申請を受け、80人態勢で基準に合っているかを審査する。これに伴い、手薄になる日常業務にあてるため、経産省に職員派遣を要請した。
 経産省からは1日付で既に4人が異動。いずれも辞令に来年6月末までの期限が明記されている。このうち3人は原発の審査や検査を担う部署に、残り1人は広報の担当課に配属された。経産省からの応援要員は今後も増え、最終的に計10人程度になる予定。
 ルールには、2017年9月までの猶予期間が設けられていて、「職員の意欲・適性などを勘案してやむを得ない場合」に限り例外を認めることにしている。規制庁は「まだ猶予期間ではある。再稼働審査には従事させないし、管理職としての判断にもかかわらないので問題ない」(総務課)としている。

 骨抜きの基準のうえに…。これじゃなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「生活保護はねつけ法案」を永久廃案に!いのちをつなぐ社会保障費の削減を許さない!参院選前緊急集会 | トップページ | 不満層も内閣支持 批判票、民共に分散/さいたま市民政治意識調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57719553

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力規制庁:独立性「骨抜き」 経産省から期限付き職員:

« 「生活保護はねつけ法案」を永久廃案に!いのちをつなぐ社会保障費の削減を許さない!参院選前緊急集会 | トップページ | 不満層も内閣支持 批判票、民共に分散/さいたま市民政治意識調査 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30