« 東電 汚染水の海への流出認める | トップページ | 社説[糸数氏3選]沖縄の民意受け止めよ »

2013/07/22

参議院選挙結果 雑感

 まあ、こまかい分析は今後なんでしょうけど、いま感じていることを少し。

 国民の政治意識は、まだまだ流動的で、急速に政党間を行き来している。総選挙の時点からも大きく変化しているし、都議選からも変化は顕著だなあ。

比例区得票数:自民 18,460,404 公明 7,568,080 民主 7,134,215 維新 6,355,299
          共産 5,154,055 みんな 4,755,160 社民 1,255,235 生活 943,836
          大地 523,146 緑の党 457,862 みどりの風 430,673 幸福 191,643
参院選当選者数:自民65 民主17 公明11 維新8 みんな8 共産8 社民1 無他3

 だけど、共産党が、参院の比例で500万票を超える得票をえたのは、3回目。あの98年の大躍進のときと、86年。そういう意味では、たんに停滞・後退を脱したにとどまらない、たしかな意味をもつのだろうなあ。この500万票の意味や意義はしっかり受けとめたいと思うなあ。
 民主や、維新の後退や停滞は顕著で、2大政党制も第三極も崩壊したと言えるんだろうなあ。社民党もきびしい。そもそも、自民党に対して、しっかりした論戦をおこなう政党が共産党以外に存在しない状況はこの間続いていた感があるけれど、いよいよそういう状態が顕著になっていくのだろうなあ。
 一方で、自民・公明は、前進をしたと言っても、原発、アベノミクス、TPP、憲法などどれをもっても、国民の思いとの乖離が存在しているのははっきりしているし、それだけに、安定的なものでもないと思う。どちらかと言えば、民主党の減った分が移動したと言う感じか。

 うちの市議選では、うちの地域の議員が2400票をこえる得票を獲得した。担当地域は9000世帯ほど。おそらく26~27%ほどの得票を獲得したことになるのでは。これは結構すごいと思う。はやり、日常的に、共産党の活動やとりくみを有権者にしらせていて、共産党の存在を感じてもらっていることが大事なのかなあ。

 全国的には新しい運動の芽が注目されるのだろうけれども、同時に、従来の運動、そこまでいかなくても、有権者に共産党を感じてもらうことが重要か。たぶん、500万票にはいろいろな豊富な教訓もあるのだろうな。ネットの活用も含めて。次の一歩をすすめていくには、課題もたくさんあるんだろうな。一方で、自民党による国民生活への攻撃はまちがいなく強まる。現実に生活保護の改悪の再提出を、この8月にもやるという話まであるという噂まで出ている。そんなことは可能かというのはあるのだけど。外交などの面では、今後重大な展開は予想できるし……。低投票率というところからも、ともすれば、政治への不信や無関心も広がりかねない要素もある。いろいろな動きや思いをどううけとめて、どんなとりくみをしていくのか。単純に考えずに、しっかり考えたい。根を深くはったものにしていかないとなあ。これからの活動が大事ってことなんだろうなあってことだよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東電 汚染水の海への流出認める | トップページ | 社説[糸数氏3選]沖縄の民意受け止めよ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57844114

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙結果 雑感:

« 東電 汚染水の海への流出認める | トップページ | 社説[糸数氏3選]沖縄の民意受け止めよ »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30