« 難民高校生――絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル | トップページ | 共産党強気の訳は「給与減」 »

2013/07/13

南西諸島防衛:陸自新部隊の拠点、辺野古を検討

 え、これって本当なの? 自衛隊の辺野古使用は、以前から言われていたことだけど。

南西諸島防衛:陸自新部隊の拠点、辺野古を検討(毎日新聞)

 政府は、南西諸島の防衛強化に向け新たに編成する陸上自衛隊の「初動担任部隊」の拠点を、沖縄県名護市辺野古沿岸部に建設予定の米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の代替施設内に設ける検討を始めた。複数の政府関係者が明らかにした。沖縄周辺での有事に迅速に対応できるようにするとともに、米軍との連携強化が狙いだ。
 同部隊は2010年策定の中期防衛力整備計画に編成方針が盛り込まれた。主な任務は▽侵攻してくる敵の撃退▽災害時の救助▽本土からの応援部隊の受け入れ−−などの初動対応。今年度予算には編成に向けた調査費5000万円を計上した。
 配置場所としては、宮古島や石垣島が浮上している。ただ、能力維持に欠かせない広い演習場を島内に確保するのは困難で、辺野古であれば、滑走路などを使い離島へ迅速に展開できるメリットがある。
 日米両政府は10年5月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)の共同声明に、代替施設に関し「共同使用を拡大する機会を検討」との文言を盛り込んだ。米側では「自衛隊と作戦を一体的に行う体制を強化できる」(米軍関係者)といった前向きな声も出ている。
 一方、地元からは、米軍に加え自衛隊も使用することになれば、さらに沖縄の基地負担が増すとして、反発が起きる可能性がある。代替施設の使用開始時期も、日米両政府が想定する22年度より遅れることも予想され、実際の配置には課題が多い。

 なるほど、これが事実なら、いろんなことに辻褄が合う。米軍の傍若無人のもとで、それでも辺野古に固執する日本側の意図というか。日本政府は日本政府の思惑で、能動的に米軍に付き従う意味というか。絶対に許せない話。仲井真さんももっと厳しく政府・自民党に接するべきではないのか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 難民高校生――絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル | トップページ | 共産党強気の訳は「給与減」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57784478

この記事へのトラックバック一覧です: 南西諸島防衛:陸自新部隊の拠点、辺野古を検討:

« 難民高校生――絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル | トップページ | 共産党強気の訳は「給与減」 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31