« ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演 | トップページ | 琉球新報創刊120年企画展 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年 »

2013/07/30

「オスプレイ違反確認できず」

 どんどんオスプレイについて深刻な事態がすすんでも、日本政府=防衛省の立場がまったくのアメリカ追随でしかない。さきに結果だけ伝えておいて(もう数カ月も前だろう)、文書の回答を選挙後に出すなんてなんなんだ。

「オスプレイ違反確認できず」(NHKニュース)

 防衛省は、沖縄県の普天間基地に配備されているアメリカ軍の新型輸送機オスプレイを巡って、日米両政府が合意した運用ルールに違反する飛行は確認できなかったという調査結果を沖縄県側に伝えました。
 オスプレイを巡って、沖縄県は普天間基地に配備された去年10月から2か月間で、日米両政府が合意した運用ルールが守られていないケースが318件確認されたとして、国に飛行実態の調査を求めていました。
これについて、防衛省の辰己報道官は記者会見で、国側の調査結果を取りまとめ、30日、沖縄県側に伝えたことを明らかにしました。
 調査は、沖縄防衛局が撮影したおよそ3000枚の写真などをもとに判断を行ったということで、県側が指摘した318件のうち、315件の人口密集地の上空での飛行については、設定されたルートをおおむね飛行していて、運用ルールに違反するケースは確認できなかったとしています。
 また、午後10時以降の夜間飛行については、県側の指摘どおり、3件確認されたものの、運用上必要なものと考えられ、ルール違反には当たらないと結論づけています。
辰己報道官は「日米の合意が適切に実施されるよう、地元からの情報も踏まえながらアメリカ側と必要な協議を行っていく」と強調しました。

 これがその実物。
オスプレイに関する確認について(回答)(2013年7月30日)(PDF:462KB)(沖縄防衛局のホームページへ)
沖縄県から提示されたMV-22オスプレイの飛行状況の検証について(PDF:543KB)
オスプレイに関する確認について(2012年12月25日)(PDF:8.1MB)(沖縄防衛局ホームページへ)

 結局は、夜間飛行も運用上必要だという回答にすぎない。結局、とりきめが意味のないものであることをしめしている。環境レビューは運用計画ではないとまで言う。ちょっとなあ。すべてアメリカの行動を認めるということでしかないというわけだ。
 こういうなかで新たに12機オスプレイが岩国に陸揚げ終了。まもなく沖縄に移ることになる。(怒

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演 | トップページ | 琉球新報創刊120年企画展 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57897061

この記事へのトラックバック一覧です: 「オスプレイ違反確認できず」:

« ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演 | トップページ | 琉球新報創刊120年企画展 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31