« 自衛隊が毒ガス製造 周辺に学校・保育所、説明せず 化学学校でサリンなど7種類 防衛省認める 大宮駐屯地 | トップページ | 重重 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」の物語 »

2013/07/06

(憲法は生きているか 2013参院選:1)家族 孤立、支え合えない

 朝日は、選挙で憲法を問う。その発想はまちがってはいないけど、中身がどうなだなあ。

(憲法は生きているか 2013参院選:1)家族 孤立、支え合えない(朝日新聞)

 参院選で改憲の是非が大きな争点になっている。立ち止まってよく考えたい。この国でいま、憲法は生かされているだろうか。
 「ああ父さん、この街で生きてたんだ」
 北九州市で暮らす西原吾郎さん(41)に、市の福祉事務所から封筒が届いたのは4年前のことだ。父宣幸(のぶゆき)さん(64)が生活保護を申請するにあたり、息子として扶養できるかを問う書類。もう17年近くも音信不通だった。
 幼い頃に両親が離婚し、父の実家に引き取られた。祖母が死に、酒びたりの父との生活が嫌になった。二十歳で家を出て、ずっとひとりで生きてきた。
 半導体工場の派遣工として、各地を転々とした揚げ句、派遣切りにあう。自分だってしんどかった。
 「支援できません」と返事を出す。携帯に福祉事務所から留守電が入っていたが、折り返さなかった。
   ●  ○  ○
 宣幸さんは路上生活から脱しようと必死だった。
 長距離トラックの運転手をしていた頃は、羽振りがよかった。体を壊しタクシー運転手になってからも、夜遊びや競輪の誘惑に負けた。息子が出て行った後、家賃が滞り、今度は自分が追い出された。
 製鉄所に近い海沿いの空き地に小屋を建て、缶を集めて小金にした。深夜のラジオが唯一の話し相手。
 「死んだら、泣いてくれる人間はおるんかな」
 生活保護の受給を勧めてくれたのは、奥田知志牧師(49)が代表を務めるNPO法人・北九州ホームレス支援機構。アパートを紹介され、放置自転車の管理の仕事に就いた。秋には生活保護を卒業できそうだ。
 親子の糸は2年前、つながった。正社員の職を得た息子が、父親を訪ねた。汚れた作業着姿が、昔の自分にそっくりだと、宣幸さんは思った。いま3カ月に一度、顔を合わせる。
 奥田牧師は、これまで2千人以上のホームレスの再起を手伝ってきた。「ハウス(家)は取り戻せても、ホーム(家族)のもとに帰れるのはまれだ」。教会の祈祷(きとう)室の棚の上、行き先のない骨箱が、年々10体ほど増えてゆく。
 「あの人とはもう関係ありませんから」。ようやく捜しあてた身内が、そう言って電話を切る。
   ○  ●  ○
 東京都立川市の都営アパート7階の一室で、昨年3月、95歳の母とひとりで介護をしていた63歳の娘が、ともに遺体で見つかった。
 母は認知症で、娘が病死した後、衰弱死。生活保護や介護サービスは受けていなかった。当時の自治会長は「娘が一緒なので心配ないと思っていた」。
 昨年1月には札幌市で。姉(42)に続いて、知的障害のある妹(40)が凍え死んだ。姉は生活保護の相談窓口を3度訪ねたが、申請には至らなかった。全国で似た例が相次ぐ。
 憲法25条は、国民が健康で文化的な最低限度の生活を営むことを保障するよう国に求める。本当にそうなっているだろうか。
 「家族は、すでに支え合う力を失っている。なのに福祉を背負わせ、しがみついているのが現実。もう限界だ」。NPO法人・自立生活サポートセンター「もやい」の稲葉剛代表(44)は言う。……

 家族ではなく、国と社会が支える。それが憲法の精神ならば、国の支えがどうなっているのか、どのように家族に追わせることで、社会のゆがみをつくりだしているかこそ問いかけるべきなのになあ。記事はここから、社会の支え一般に流れていってしまう。
 自民党の改憲草案は、前文で「家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する」とし、24条1項に家族の規定を新設、「家族の助け合い義務」を定めようとしている。しかし、その先どりがすでに、生活保護の改悪案に盛り込まれていたり、バッシングですでに先取りが広がっているとも言える。それだけに国と政治がとわれるべきではないのか、と。稲葉さんの言うように。家族は福祉を背負わされて、一方で、経済的な困難が直撃し、もう限界になっているのだから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自衛隊が毒ガス製造 周辺に学校・保育所、説明せず 化学学校でサリンなど7種類 防衛省認める 大宮駐屯地 | トップページ | 重重 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」の物語 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57736090

この記事へのトラックバック一覧です: (憲法は生きているか 2013参院選:1)家族 孤立、支え合えない:

« 自衛隊が毒ガス製造 周辺に学校・保育所、説明せず 化学学校でサリンなど7種類 防衛省認める 大宮駐屯地 | トップページ | 重重 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」の物語 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31