« 琉球新報創刊120年企画展 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年 | トップページ | 高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁 »

2013/07/31

参院選:共産躍進にネット効果 リツイートと得票相関

 前近代的な規制だらけの日本の公職選挙法。少なくとも今回インターネットの世界で、わずかだけどその風穴があいたのは事実、そういう視点から今回の選挙についても見ていきたい。

参院選:共産躍進にネット効果 リツイートと得票相関(毎日新聞)

 参院選(7月4日公示、21日投開票)が自民党の大勝に終わったのを受け、毎日新聞と立命館大は、参院選で解禁されたインターネット選挙運動(ネット選挙)が当落に与えた影響を分析した。選挙区で2人しか落選しなかった自民党や、惨敗した民主党の候補者では、ネット上の運動量と得票数の間に相関は認められず、ネット選挙は大勢に影響しなかったと言える。ただ、改選3議席から8議席に躍進した共産党に限れば、組織的にツイッターを積極活用した「ネット効果」がデータに表れた。
 毎日新聞と立命館大のネット選挙共同研究では、ツイッター利用者と各党候補者の投稿(ツイート)を収集・分析し、選挙への影響を検証してきた。これまでに共産党候補者のツイートがツイッター利用者による引用・転送(リツイート=RT)によって効果的に拡散し、民主党候補者のツイートはRTによる拡散力が弱い傾向が判明している。
 共産党は12年ぶりに選挙区で議席を獲得。RT数が3万1000件に達した吉良佳子氏(東京)は70万票、2万5000件の辰巳孝太郎氏(大阪)も46万票を得た。落選者でもRT数1万件以上が4人おり、うち2人は得票数が25万票を上回った。比例当選者も2人がRT数1万件を超え、RTによる拡散力と得票数の相関が認められた。
 ただ、今回の参院選は当初から「自民党1強」の情勢が顕著で、ネット上の関心は低かった。自民党はRT数が4万件を超えた佐藤正久氏(比例)を例外に、多くの当選者が1000件以下。民主党はRT数が1万件を超えた候補はなく、最多の6700件だった鈴木寛氏(東京)が落選した一方、当選者のRT数は0〜500件程度だった。諸派ではRT数が10万件を超えた比例候補3人が落選。ツイッター上の発信・拡散と当落を関連づけるデータは共産党を除き得られなかった。…

 このネット選挙が巨大な力を発揮したのかと言えば、なかなかむずかしいところなのだと思う。だけど、新聞も読まず、テレビも見ない人が増えているなかで、ネットをとおして選挙の情報を得た人は少なくないと思う。そのなかで、共産党のようなとりくみで、巨大な数ではなかったとしても、ある程度の人が、この党の政策をしったり、候補者の姿を知ったりしたことは事実だと思う。そのことは、選挙の自由、民主主義の前進にとっても大きな意味をもつのではないのだろうか。そのことがとくに都市部での選挙の結果に一定は反映しているのだと思うけど。
 もちろん共産党のインターネット選挙だって、さまざまな問題があるにしても(まだまだ内容的に内向きだとか)、このことをとおして、共感した人も少なくないと思う。これが、今後の選挙の自由や、民主主義の発展にとって大きな意味をもつって言っていいと思う。なかなか、毎日も注目していたような「カクサン部」の活動はいろいろなことを教えているとも思うし。少なくとも、これまで資金力のある政党が有利だった制度(たとえばCM、ただしこれは、選挙活動ではなく政治活動なのだけど)から、ネット選挙もまだまだ資金力が力をもつにしても、資金力のない政党や政治勢力が一定の活用ができたことも意味をもつもではないのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 琉球新報創刊120年企画展 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年 | トップページ | 高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57903046

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選:共産躍進にネット効果 リツイートと得票相関:

« 琉球新報創刊120年企画展 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年 | トップページ | 高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30