« 4電力、8日に5原発の再稼働申請 原子力規制委が公表 | トップページ | (憲法は生きているか 2013参院選:1)家族 孤立、支え合えない »

2013/07/06

自衛隊が毒ガス製造 周辺に学校・保育所、説明せず 化学学校でサリンなど7種類 防衛省認める 大宮駐屯地

 おい、おい。

自衛隊が毒ガス製造 周辺に学校・保育所、説明せず 化学学校でサリンなど7種類 防衛省認める 大宮駐屯地(しんぶん赤旗)

 陸上自衛隊化学学校(さいたま市北区日進町、陸自大宮駐屯地所在)がサリンなど殺傷能力が高い7種類の毒ガスを製造・管理していることが分かりました。日本共産党の塩川鉄也衆院議員の聞き取りや本紙の取材に対して、防衛省が認めました。
 学校や保育所などが周囲に建つ首都圏の住宅街のまん中で、周辺住民はおろか国民には一切説明しないまま、化学兵器として各国が開発してきた毒性化学物質が製造されていることになります。
 防衛省が製造を認めたのは、神経系統を破壊するサリン、タブン、ソマン、VXガス、皮ふのただれを起こすマスタードガス、窒素マスタード、ルイサイトの7種類。いずれも致死性があります。
 1997年に発効した化学兵器禁止条約はこれらの物質の製造・使用を原則として禁止しましたが、研究・防護を目的とした製造は例外扱いとなっています。防衛省は「毒性から人の身体を守る方法に関する研究のため」と説明しています。
 毒ガス製造をめぐっては、「週刊金曜日」(5月17日付から6回連載)が、64年にサリン合成に成功し、自衛隊内部でも極秘扱いの下、毒ガスの製造と研究が続いていたとの元化学学校長の証言をスクープしています。
 84年に日本共産党国会議員団が防衛庁(当時)に化学兵器の有無について聞き取り調査を行った際、同庁は「毒ガスは実験を含め、一切していない」と述べ、否定しています。
 防衛省は製造開始時期について、確認する意向を示しました。

 純粋に研究目的なら、もっと情報を公開してもあたりまえとも思える。自衛隊には現在でも闇の部分が多い。それが軍事というなで、隠されていく。だけど、ここが国防軍になり、憲法が自民党案のように変えられてしまったら、こういうことを追及すること自体が、スパイとして処罰されかねない。そういうことが提起されているということは、しっかり理解しておくべきことでもあると思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 4電力、8日に5原発の再稼働申請 原子力規制委が公表 | トップページ | (憲法は生きているか 2013参院選:1)家族 孤立、支え合えない »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57735988

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊が毒ガス製造 周辺に学校・保育所、説明せず 化学学校でサリンなど7種類 防衛省認める 大宮駐屯地:

« 4電力、8日に5原発の再稼働申請 原子力規制委が公表 | トップページ | (憲法は生きているか 2013参院選:1)家族 孤立、支え合えない »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30