« 中国の挑発活動列挙、規範順守強く要求 防衛白書、同盟軸に国防強化 | トップページ | 84歳は闘い続ける »

2013/07/09

昼夜を問わぬ異常な激務を同僚でさえ見て見ぬふり! 夫の過労死をめぐって組織の闇と戦った妻の25年間

 ダイヤモンドオンラインではじまった連載は、「過労死」。ブラック企業の先にある姿だ。

昼夜を問わぬ異常な激務を同僚でさえ見て見ぬふり!夫の過労死をめぐって組織の闇と戦った妻の25年間(ダイヤモンド・オンライン)

今、ビジネスマンは喘いでいる
俯瞰的な報道で真実はわからない

 企業で働くビジネスマンが喘いでいる。職場では競争原理が浸透し、リストラなどの「排除の論理」は一段と強くなる。そのプロセスでは、退職強要やいじめ、パワハラなどが横行する。
 最近のマスメディアの報道は、これら労働現場の実情を俯瞰で捉える傾向があるように思える。たとえば、「解雇規制の緩和」がその一例と言える。事実関係で言えば、社員数が100以下の中小企業では、戦前から一貫して解雇やその前段階と言える退職強要などが乱発されている。解雇にまつわるトラブルは、決して新しい問題ではない。
 にもかかわらず、こうした積年の課題が深く吟味されないまま、「今の日本には解雇規制の緩和が必要ではないか」という論調が一面で出てくることについては、理解できないものがある。
 また、社員に低賃金での重労働を強いる「ブラック企業」の問題も、あたかも特定の経営者が率いる企業で起きている問題であるかのように、型にはめられた批判がなされる。だが、バブル崩壊以降の不況や経営環境の激変の中で、そうした土壌は多かれ少なかれ、世の中のほとんどの企業に根付いていると言ってもいい。
 これまでのようにメディアが俯瞰でとらえる限り、労働現場の実態は見えない。筆者の持論であるが、会社は状況いかんでは事実上、社員を殺してしまうことさえある。また、そのことにほぼ全ての社員が頬かむりをし、見て見ぬふりをするのが現実だ。職場で行われる退職強要やパワハラについて、大半の社員は沈黙を守り、企業内労働組合は抵抗することすらしない。こうした劣悪な労働現場には、社員を苦しめる「狂気」が存在するのだ。
 この連載では、理不尽な職場で心や肉体を破壊された人々、最悪の場合はそれがエスカレートして死に至った人々やその遺族などに取材を試み、彼らの横顔を浮き彫りにしていく。そして、踏みにじられた人々が再生していくプロセスにも言及し、転機を迎えた日本の職場が抱える問題点や、あるべき姿を提言していきたい。……

 続く記事の見出しは次のよう
・後を追って死ぬことができたらどれだけ楽なことか……。
・「泣けるのはまだ余裕があるから」 突然、夫の死を告げられた妻は……。
・深夜であろうと休日であろうと出社 「会社はスレイブ・ドライバーだ」
・仕事が押し寄せ、家に持ち帰る 妻が手伝うほどの激務が15年間も
・上司に呼び出された夫の「最後の姿」 電話をしても取り次いでもらえない
・過労死の認定書をとるべく奔走するも 夫と仲の良かった同僚らは知らん顔
・会社って、組織って本当に残酷 日本の社会は根底に愛が足りない
・踏みにじられた人々の崩壊と再生
1.死者や遺族の尊厳を徹底して否定する社会への怒り
2.過労死を生みながらも誰にも何も言わせない構造の矛盾

 この記事の最後に読んだ人へのアンケートがある。それは、「質問1 あなたはこれまで、異常と思える量の仕事を課せられた経験がある?」というものだ。その回答は、実に71.11%があるというものだ。

 もう、ものすごく根深い構造になっている。
 「社員がリストラなどで減り、1人が抱え込む仕事量が増えている。しかも仕事ができる人に集中する。そしてパワハラがエスカレートする。社員や企業内労組は何も言わない。サービス残業なんて勤務の記録にすら残らない。これでは認定もされない。私には実質的な殺人に見えるの。人が死んでいるんだから……」 。遺族のこの言葉は重い。
 どう変えていくのか? ずっと問いかけなければならない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 中国の挑発活動列挙、規範順守強く要求 防衛白書、同盟軸に国防強化 | トップページ | 84歳は闘い続ける »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57756383

この記事へのトラックバック一覧です: 昼夜を問わぬ異常な激務を同僚でさえ見て見ぬふり! 夫の過労死をめぐって組織の闇と戦った妻の25年間:

« 中国の挑発活動列挙、規範順守強く要求 防衛白書、同盟軸に国防強化 | トップページ | 84歳は闘い続ける »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31