« 住民側が敗訴 高江通行妨害禁止訴訟 福岡高裁那覇支部判 | トップページ | 安倍政権の「正体」 »

2013/06/25

アベノミクスに「強い副作用」…民主公約で批判

 この党はやっぱりちがうと思う。

アベノミクスに「強い副作用」…民主公約で批判(読売新聞)

 民主党は25日、参院選公約を発表した。安倍政権の経済政策について、物価上昇や国債金利の乱高下など「強い副作用がある」と批判。環境分野や農林水産業、中小企業に政策資源を集中し、「時代の要請にあった産業を育成する」とした。
 具体的には、太陽光など再生可能エネルギー技術の普及や農家の戸別所得補償の法制化、事業承継など中小企業支援税制を強化することなどを盛り込んだ。
 また、昨年の衆院選政権公約(マニフェスト)と同様に、2030年代の「原発稼働ゼロ」や、最低保障年金の創設なども掲げた。
 環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加については、「国益を確保するため、脱退も辞さない厳しい姿勢で臨む」とした。

 これがその実物。

 いろいろ自民党は批判しようとしているけれども、ちゃんと足下をみてほしい。今度の国会の終盤戦だって、維新やみんなと一緒になって、自民党にたいした筋のない喧嘩をしかけ、自民党の議長不信任で膠着状態になって、「生活保護法の改悪案が廃案になれば…」という局面になったら、「政府提出法案の成立を最優先する」として、明日午前の参議院本会議で議長不信任を処理して、その後生保改悪案も全部通すという手打ち。長妻さんとか、山井さん、貧困の問題を出してくるけど、なんなんだこれは。もう、政党として、どうにもならないとしか思えない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 住民側が敗訴 高江通行妨害禁止訴訟 福岡高裁那覇支部判 | トップページ | 安倍政権の「正体」 »

政治」カテゴリの記事

コメント

野田前総理が、自ら「騙した男が悪いのか騙された私が悪いのか」なんて言ってましたが、民主党からすれば、これを「逆転の罠」として利用すれば、国民全体からすれば、「騙した男(自民党、公明党)が悪いのか、騙された私(民主党)も悪いのか」ということであれば、公明党もこれを見倣って、上手く騙されたふりをすれば、公明党からすれば、これを見倣えば、今度は、自民党に対して、うまく騙されたふりをして、この代償として、連立解消をして、共産党と共に、建設的野党として生き残る道を選択するなら、自民党からすれば、維新の会やみんなの党と共に、幾らでも窮地に追いやられて、安倍総理もまた、野田前総理の二の舞となるように、幾らでも追い込んで行く様にするというのは如何でしょうか。
これなら、アベノミクスを破綻させることによるリスクも最小限に食い止めることは出来るし、日本を滅ぼすこともなく、但し、この代償として、1%の金と権力の亡者と共に、自民党を消極的に支持するだけの使い物にならない間抜け連中については、1%に過ぎない跳ね返りと共に、安倍総理と共に、幾らでも嘆き悲しみ、全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして頂くしかございませんが、但し、これを乗り越えて、お互いに損することもなく、お互いに得することが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことができる社会に変えて行くことで、納得すれば良いだけのことだし、これなら、邪魔されるようなことさえなければ、決して邪魔するようなことはしないようにしてあげれば良いのだし、それで邪魔されることもなく、お互いに、ひっそりと幸せに暮らすことが出来るだけで、これだけを誇りとして、世界に見せつけて行く様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57666072

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスに「強い副作用」…民主公約で批判:

« 住民側が敗訴 高江通行妨害禁止訴訟 福岡高裁那覇支部判 | トップページ | 安倍政権の「正体」 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31