« 大津自殺生徒の父 いじめ法案で要望 | トップページ | 西普天間返還前倒し 「辺野古」思惑にじむ »

2013/06/13

防衛省 オスプレイの日米共同訓練を打診

 なるほど、こういう展開になっていくのか。

防衛省 オスプレイの日米共同訓練を打診(NHKニュース)

 アメリカ軍の新型輸送機オスプレイを巡って、防衛省は、日本維新の会共同代表の大阪市の橋下市長が提案した八尾空港での訓練は難しいものの、沖縄の基地負担は軽減する必要があるとして、オスプレイを使った日米共同訓練の本土での実施をアメリカ側に打診しました。
 沖縄の普天間基地に配備されているアメリカ軍の新型輸送機オスプレイを巡っては、日本維新の会共同代表の大阪市の橋下市長が、先週、安倍総理大臣と会談し、飛行訓練の一部を大阪の八尾空港で受け入れることを提案しました。
 これについて、防衛省では検討を行ったものの、八尾空港は滑走路が短く十分な規模の燃料の補給施設もないこと、さらに、地元の理解も得られていないことなどから、訓練の実施は難しいとしています。
一方で、沖縄の基地負担は軽減する必要があるとして、オスプレイを使った日米共同訓練の本土での実施をアメリカ側に打診しました。
 防衛省は、今後、訓練の拠点の選定などに向けた調整を進めることにしていますが、オスプレイを巡っては、安全性に対する懸念が強く、訓練の受け入れ先の住民らの理解を得られるかは不透明で、調整に時間がかかることも予想されます。

 自衛隊もオスプレイを導入する方向だからねえ。これで、オスプレイの訓練を全国化させようというわけ。だけど、沖縄の負担軽減につながらないのはいまの沖縄の現状がしめしている。いっそう日米同盟が一体化するのと、同時に、本土が沖縄化していく。もっとそのことを伝えないといけないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大津自殺生徒の父 いじめ法案で要望 | トップページ | 西普天間返還前倒し 「辺野古」思惑にじむ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

本質的には、結局のところ、八尾空港周辺の住民の皆様が、沖縄県の普天間基地周辺の住民の皆様と同じ苦痛を宛っるものでしか無いという真実に辿りつけば、ある程度は想定していた通りに過ぎないと思うと、もう大して驚く様なことでもございませんし、ただ聞いて呆れるばかりでしかございませんよね。
確かに沖縄県民の皆様の基地負担の軽減ということを、考えるのなら、それこそ、上手く騙されたふりをすれば、関西空港でオスプレイの訓練でもされるのであれば、どうぞご自由に、ということであれば、海岸から離れた人口の島でもある分けだし、近隣住民にご迷惑をお掛けすることも無いし、また、アメリカに対して上手く騙されたふりをすれば、空港使用料をアメリカから貰うことも出来れば、少しでも採算性も取れることで、日本にとっても損することも無いし、沖縄県民の皆様からすれば、基地負担の軽減にも繋がる分けだし、さらに言えば、辺野古移設なんかせずとも、これに伴い、余った予算を被災地に廻してあげることも出来れば、東北地方の被災地の皆様に取りましても何よりのことだし、誰も損することも無く、誰もが得することが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らせる社会に変えて行くことに繋がるのであれば、此れ程素晴らしいことはございませんし、此れ程喜ばしいこともございませんし、何も言うこともございませんよね。
それこそ、これを竹島にでも置き換えれば、日本の跳ね返りの馬鹿右翼連中を、韓国の反日活動家あるいは北朝鮮の工作員役にでもして、オスプレイに向かって、凧や風船でも飛ばして挑発行為でもやらせて、墜落するのかどうかをテストすることも出来るし、アメリカからすれば、幾らでも騙されたふりをして、それこそ在韓米軍役となって、蹴散らせて、海の底に沈めてしまうことで、知らないふりをしてしまえば良いだけのことですよね。
それこそ、本来であれば、日本が上手く騙されたふりをして、アメリカの言うとおりに脱原発に向かい、幾らでも日本経済を喜んで衰退させるようにすれば、沖縄県に運び込まれたオスプレイについては、韓国にでも持って行かれるのであれば、竹島でオスプレイの訓練でもされるのであれば、どうぞご自由に、ということで喜んで持って行かせてあげれば良いだけのことだし、あるいは、グアムや南沙諸島にでも持って行かれるのであれば、どうぞご自由に、ということで喜んで持って行かせる様にすれば良いだけのことですよね。
これなら、沖縄県民の皆様が、騙されたふりをして、一旦国有化された尖閣諸島を払い下げて頂く様に、中国と共に、日本を揺さぶって来て頂ければ、日本政府としては喜んでこれに応じてあげれば良いのだし、東京都が中国を見倣って、上手く騙されたふりをすれば、例の寄付金を、喜んで日本政府に寄付してあげることで、このお金で、今度はロシアに対して、上手く騙されたふりをして、北方領土の国後島と択捉島を買い戻すということに利用すれば、竹島を除いて、尖閣諸島と北方領土に関する領土問題は、円満に解決することも出来ると同時に、日本の国益にもなると同時に、中国の国益にもなるし、ロシアの国益にもなるばかりでなく、アメリカにとっての国益にもなるし、韓国の国益にも叶うことが出来れば、韓国からすれば、北朝鮮やベトナムに対しても良いお手本として示してあげることができる分けだし、ロシアにとっても、良いお手本にもならば、欧州のドイツやフランス、イギリスにとってもこれも良いお手本にも繋がるし、中東であれば、イスラエルを韓国やベトナムの立場に置き換えれば、日本の立場をトルコやサウジアラビアの立場に立ってあげれば、こうした中東諸国をはじめ、世界的に見れば、今度は日本が中国を見倣って、アメリカに対して上手く騙されたふりをして、対米従属からは、そっと静かに離れて行く見返りとして、新たな日英同盟を復活させることで、中国に対しては、日本が喜んで反面教師になってあげることで、イギリスやドイツ、フランス、ロシアやアメリカと協力して、例えば老人介護福祉をはじめ、子育て等の分野で、戦前の日本の代償というものを予て、貢献してあげる様にすれば、中国にとっても、孤立化することも無く、戦前の日本の二の舞になることも無く、イギリスにとっても欧州で孤立化することも無く、全人類が一つの絆となって、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る地球市民社会という中に、日本が自ら喜んでひっそりと埋没させてしまう様にすれば、これにより、二度と変な戦争に巻き込まれることも無く、近隣諸国にご迷惑をお掛けすることもなく、そっと静かに、自立して存続する道を選択することで、国内社会はもう幾らでもひっそりと静まり返った社会になってしまうことで、変な見栄を張ることも無く、極端な貧困層が中間層に底上げすると同時に、極端な富裕層が、自ら喜んで中間層に没落してして行くことで、貧富の格差が、一定の範囲内に縮小し、この中で、それなりの生活水準で、それなりの収入に見合うだけの税金や社会保険料を喜んで払ってあげることで、社会に恩返しをすることが出来て、無駄な消費を抑制し、無駄な投資もせず、無駄な競争もせず、幾らでも地味で質素な生活をして、長く使えるものは、幾らでも長く使い続けながら、使えなくなったものは、幾らでも再利用するなり、再生資源に廻してあげると同時に、新たに購入する際には、出来る限り、再生されたものを優先してあげると共に、節電や節約にも、無理をしない範囲内で、喜んで協力してあげることで、廃棄物を幾らでも減らし、海外から輸入する原油や天然ガス、食糧等の輸入を幾らでも減らしてあげると同時に、付加価値の向上と、国内需要の激減により、採算性の取れる範囲内の規模だけを残して、過剰な設備や雇用については、幾らでも喜んで海外に流出させてしまうことで、貿易依存度を幾らでも低下させ、エネルギーや食糧自給率を幾らでも向上させることで、世界的な食糧不足や資源争奪、あるいは、経済危機などによる影響を幾らでも小さくしてしまうと同時に、こうした世界経済に与える影響力も、幾らでも小さくしてしまうことで、幾らでも喜んで経済発展からは取り残され、誇りを以て、ガラパコス天国となって、心豊かで清貧な社会福祉国家となることで、全人類の救世主として高く評価されるほどの素晴らしい運命を選択することで、そっと静かにお金を溜め込みながら、のんびりと生きていけることだけを誇りとして、全人類から邪魔されることもなく、のんびりと生きて参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57587346

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省 オスプレイの日米共同訓練を打診:

« 大津自殺生徒の父 いじめ法案で要望 | トップページ | 西普天間返還前倒し 「辺野古」思惑にじむ »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31