« 改憲、2%成長を明記 自民党が参院選公約発表、アベノミクス推進前面に | トップページ | 橋下「慰安婦」暴言への国連機関勧告 安倍内閣「従わない」 紙議員に答弁書 »

2013/06/20

次期哨戒機のエンジンに異常 試験運用中、飛行停止に

 ちょっと気になるニュース。共同配信だけど。

次期哨戒機のエンジンに異常 試験運用中、飛行停止に(東京新聞)

 神奈川県の海上自衛隊厚木基地に3機が配備され、試験運用中の次期哨戒機P1のエンジンに異常が生じ、飛行を停止したことが20日、防衛省への取材で分かった。今月末の追加配備は延期され、約2年後の運用開始も遅れる可能性がある。
 P1は現行のP3C哨戒機の後継で、川崎重工業などが製造する純国産ジェット機。P3Cに比べ航続距離や速度、潜水艦などの探知能力に優れ、防衛省は約70機を配備することにしている。
 防衛省によると、同社が5月13日、6月末に追加配備する予定だったP1の飛行試験を実施中、エンジンの燃焼が不安定になって停止。乗員が手動で再起動させて着陸させた。

 うーん。どう理解すればいい?
 だいたい、この間の兵器の更新は、極端な高度化をめざしている。F35だとかオスプレイだとか。P1も高度化だろうなあ。だけど、基本はアメリカ仕様のもので。MDに代表されるような未完成な技術でもどんどん導入する。だけど、未完成なんだから、本格的に、具体的な目前の脅威に対応したものというわけではないのだろうなあと思える。そう考えると、P1は国産をめざして導入されたものだけど、ただ未完成でも高度化をめざすのが。ここには、いまの軍事戦略の根本的な問題があらわれているような気もするんだけどなあ、などと感じるのだけれどもどうだろうか。

 さて、昨日、沖縄のヘリ対策協議会の大西さんの訃報が伝えられた。東村高江のオスプレイパッド建設反対の闘いにも貢献し、非暴力の闘いが口癖で、平和的な反対闘争をまとめるうえで大きな役割を果たした方。そういう人がいたからこそ、いまのたたかいがある。合掌。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 改憲、2%成長を明記 自民党が参院選公約発表、アベノミクス推進前面に | トップページ | 橋下「慰安婦」暴言への国連機関勧告 安倍内閣「従わない」 紙議員に答弁書 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

これが、原子力発電所に置き換えれば、本質的には、中曽根大震災を引き起こしかねないという真実と重なってしまうとすれば、聞いて呆れるばかりとしか言い様がございませんが、結局のところは、核武装をするために、原発再稼働をさせようとしているのでは無いかという真実に辿りついてしまうと、さすがに、此れ程恥ずかしいことはございませんが、同時に、此れ程悲しいことはございませんよね。
それこそ、オスプレイの問題にしても、沖縄県民の皆様からすれば、中国と共に、騙されたふりをして、日本に怒りをぶつてけて来て頂くしかございませんし、北海道の住民の皆様からすれば、ロシアや韓国と共に、騙されたふりをして、日本に怒りをぶつけて頂ければ、福島県民の皆様からすれば、今度はアメリカと共に、騙されたふりをして、日本に怒りをぶつけていくことで、こうした日本の1%の金と権力の亡者とこれにしがみつくことしが出来ない右翼連中だけを、幾らでも国内移民扱いにすることで、天皇陛下と根本的に切り離してしまうことで、今度は全人類と共に、日本国民全体で、こうしたアメリカや中国、ロシア、韓国の皆様も味方につけることで、幾らでも騙されたふりをして、日本の安倍総理を馬鹿にして、こうした自民党並びに日本維新の会を窮地に追いやり、1%の金と権力の亡者と身勝手な馬鹿と間抜けの寄せ集めに過ぎない右翼連中だけを、そっと静かに、韓国と北朝鮮と同様に、上手く騙されたふりをして、「どうぞご勝手に」ということで突き放してあげることで、決して邪魔されることが無い様に離れて行くことで、大日本帝国の悪行の真実を全て明るみにして、大日本帝国そのものを、幾らでも厳しく断罪し、そっと静かに葬り捨てると共に、靖国神社だけは幾らでも孤立化させてしまうことで、そっと静かに慰霊顕彰だけは自由に出来る様にして、大切に存続させてあげることで、この衝撃からくる物凄い痛みや悲しみだけは、共に分かち合ってあげることで、安倍総理をはじめ、1%の金と権力の亡者ならびに右翼連中だけを、幾らでも喜んで泣き崩してしまうことで、最後には、「どうぞ安倍総理と運命を共にして、全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」ということで、そっと静かに背を向けて、これを乗り越えて、日本が全人類の救世主として高く評価されることにも繋がる素晴らしい運命に変えて行くことで、対米従属からそっと静かに離れつつも、東アジアの中での経済発展からは、幾らでも喜んで取り残され、経済規模や経済成長率では、韓国や北朝鮮にも、幾らでも誇りを以て一人負けをして、イギリスを見倣って、名誉ある孤立化をして、イギリスと共に、喜んで没落させても構わないのだし、これを乗り越えて、成熟した大人の国として、ひっそりと自立した、心豊かで尊い善隣外交に深化させながら、ひっそりと静まり返った社会の中で、そっと静かに幸せに暮らして行くことだけを、誇りとして世界に見せつけて行く様にして参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57632549

この記事へのトラックバック一覧です: 次期哨戒機のエンジンに異常 試験運用中、飛行停止に:

« 改憲、2%成長を明記 自民党が参院選公約発表、アベノミクス推進前面に | トップページ | 橋下「慰安婦」暴言への国連機関勧告 安倍内閣「従わない」 紙議員に答弁書 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31