« パワハラ:労働相談で最多 「バカ」など中傷、暴言 | トップページ | 2013年 第38回「視点」 »

2013/06/01

慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定」

 社会権規約委員会に続いて、国連の機関が厳しい勧告。今度は拷問禁止委員会です。ここではすでに07年の第一回目の審査でも厳しく指摘されていたのですが……。

慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定」(朝日新聞)

 国連の拷問禁止委員会は31日、旧日本軍の慰安婦問題で「日本の政治家や地方の高官が事実を否定し、被害者を傷つけている」とする勧告をまとめた。橋下徹大阪市長らの最近の発言を念頭に置いたものとみられる。日本政府に対し、こうした発言に明確に反論するよう求めている。
 拷問禁止委員会は、人間の非人道的な取り扱いを禁止する条約を守っているかどうかを調べる国際人権機関。慰安婦を条約上の被害者だとしている。10人の委員が数年に1回のペースで各国を審査する仕組みで、1999年に条約を締結した日本は、5月21、22の両日、6年ぶり2回目の審査を受けた。
 勧告は、慰安婦問題について「国会議員を含む政治家や地方政府高官によって、事実を否定する発言が続いている」と批判。日本政府がただちにとるべき対応として「当局者や公的人物による事実の否定や、それによって被害者を再び傷つける行為に反論すること」をあげた。
 名指しはしていないが、審査では、慰安婦問題を取り上げた委員4人のうち3人が「慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」「強制連行を示す証拠はない」などとした橋下氏の発言に触れ、日本政府の見解をただしていた。
 勧告対象は、代用監獄問題など多項目にわたった。慰安婦問題では、元慰安婦に対する公的な補償や救済措置がなく、関係者の訴追が行われていないことに懸念も表明。さらに、日本政府に対し、全ての歴史の教科書に慰安婦問題を含めるよう求めた。
 審査で日本政府代表は、93年の河野談話や償い金を支給したアジア女性基金の取り組みを説明したが、橋下氏の発言には一切触れなかった。……

 朝日新聞の記事には英文の勧告もついているので、ぜひ。みごとに政治家の発言についての日本政府の消極的な態度を批判している。政府はきちんのした反論をすべきだと。と同時に、補償、救済ももとめる。そして教科書の記述。
 歴史修正主義派はかなり追い込まれているんだろうなあ。都内で、集会を開いている。
女性論者7氏も堂々主張「河野談話は撤廃を」(産経新聞)いつものタカ派の人たちの発言をならべたが、女性を7人も動員している。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« パワハラ:労働相談で最多 「バカ」など中傷、暴言 | トップページ | 2013年 第38回「視点」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

従軍慰安婦問題の真実に向き合えば、国際人権機関から、日本に対してこうした勧告が突きつけられたという
真実に辿りつけば、ついに来るところまで来たのだとすれば、もうこれ以上、逃げ回ることは許されないし、こう
した事実に対して正面から向き合い、自らこれを断罪し、乗り越えて行けば、行き着く先には日本は全人類の
救世主として高く評価されることに繋がる程の素晴らしい運命を選択することに繋がるのは言うまでもございま
せんが、この代償として、自ら、日本がこれまでに築いてきた国際社会の中における地位や名誉、誇りというも
のは、全て見捨てなければならないことは言うまでもございませんよね。
ということは、こうした地位や名誉、誇りを捨て去ることに対して、物凄い抵抗をして、こうした真実から目を背け
るようなことをすれば、逆に、幾らでも、こうした地位や名誉、誇りを奪われ、行き着く先は一億総懺悔という愚か
な過ちを繰り返して、日本を滅ぼすことに繋がってしまう運命を選択することなれば、全人類からすれば、今度は
これを「間抜けの総懺悔」だと、幾らでも腹の底で嘲笑われてしまうとすれば、此れ程悲しいことはございませんし、
いずれにせよ、これもまた日本が自ら選択した運命に他ならないという真実に辿りついてしまえば、自明のことと
しか言い様がございませんよね。
ならば、今度は、国連に対して、上手く騙されたふりをして、「誠に以て恥ずかしいことですが、こうした厳しい勧告
をして頂きまして、誠に有難うございます。従軍慰安婦問題に関する事実に対しては、もう言い逃れはできませんし
本来なら、深くお詫びをして、この代償として、被害者の皆様には、賠償責任を果たしたいところではございますが、
もう今の日本には、こうした余裕も無いし、ゆとりも無いし、この代償として、これまでの国際社会の中における地位や
名誉、誇りなんか、全て喪失させてしまうことで、二度と変な戦争に巻き込まれるようなこともせず、全人類に多大な
ご迷惑をお掛けするようなこともせず、ただひっそりとした国に転落してあげることで、誰も損することも無く、誰もが得
することが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、幸せに暮らすことが出来るだけの社会福祉国家と
して、そっと静かに存続して参りますので、どうぞ、もっともっと、幾らでも大日本帝国をのものを厳しく断罪して下さい
ます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」と喜んで応えてあげると共に、大日本帝国そのものを、天皇陛下とも根本
的に切り離し、国際社会と共に、幾らでも大日本帝国そのものを厳しく断罪して、この罪だけは、日本人自らが、幾らでも
被ってあげることで、靖国神社を孤立化させてしまうことで、複雑な感情を抱きながらも、そっと静かに慰霊顕彰だけは自由に出来る様にしてあげると共に、近隣諸国の皆様には、複雑な感情を抱きながらも、そっと静かに通り過ぎて行かれる様にしてあげることで、共に分かち合いながら、これを乗り越え、幾らでも喜んで肩身の狭い思いをして、ただひたすらに
ひっそりと生きていくことで、共に幸せに暮らしていくことが出来る社会に変えてしまえば良いのだし、これに対して物凄い
抵抗をして、邪魔をしてくる、全体主義と分極化した利己主義だけの運命共同体にしがみつく連中に対しては、騙されたふりをして、そっと静かに離れていくようにすることで、「どうぞ全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」と応えてあげて、突き放してしまう様にすれば良いのだし、決して邪魔だけは
絶対にしないように留意してあげれば、結局のところは、これもまた、日本人の構造的欠陥というものが、その根本原因となっているのだし、これを克服して乗り越えて行く様にすれば良いのだし、こうした邪魔をしてくるだけの共同体的日本人というのは、こうした真実に向き合う勇気も無いし、自分達が生きて行けなくなることへの不安や恐怖に怯え、結局のところ、これが好戦的平和ボケに繋がってしまっただけの、極めて幼稚で傲慢なヘタレ民族に過ぎないのだし、全人類からすれば、最も猿に近い民族だと見られるばかりでしか無いという真実に辿りつけば、チンパンジーやオランウータンなら、悪さをすれば、幾らでも追い払うか、虫けら同然に皆殺しにされることになったとしても、当然のことでしか無いし、だが、同じ日本人同士で、このようなことだけは絶対にしたくはないのもまた当然のことですが、だが避けては通れない以上、邪魔されるようなことになれば、それこそ「ふざけるな!大日本ヘタレ民族の大馬鹿野郎!、お前らなんか、幾らでも日本からとっとと出て行き、アメリカの言いなりにでもなって戦争にでも行って、大日本帝国の馬鹿野郎あるいは靖国神社の馬鹿野郎という物凄い無念の怒りを幾らでもぶつけて、幾らでも勝手に特攻隊でもやって、勝手に死んで下さい、責めてものあなたがただけの身勝手は愛国心というものがあれば、幾らでも出来て当然のことだし、これこそが、全人類のためでもあり、お国のため、天皇陛下のために繋がるのですから」ということで、幾らでも突き放してしまうことで、勝手に死んで逝かれるのを
、幾らでもそっと静かに腹の底で嘲笑いながら、見捨ててしまうしかないのは、何とも皮肉なことですが、これもまた自ら選択した運命に他ならないという真実に辿りつけば、自明のことでしか無いと割り切ってしまうしかございませんよね。
だが、こうしたヘタレ民族とは言え、自分たちも幸せに暮らしたいという思いだけは、全人類共通するものでもあるわけだし、これだけは、幾らでも分かち合ってあげることで、同時に、こうした真実に向き合うことに伴う、その衝撃からくる痛みや悲しみのまた、共に分かち合ってあげることで、これを乗り越えて、大日本帝国そのものによる悪行だけは幾らでも断罪し、これを自己否定した上で、新たな文明の大転換に繋げて行くことで、これまでの日本人としての誇りや名誉なんか全て捨て去った上で、新たな運命に変えて行くことで、誇りを持って、ひっそりと生きて行く様にして参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57501738

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定」:

« パワハラ:労働相談で最多 「バカ」など中傷、暴言 | トップページ | 2013年 第38回「視点」 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31