« 日本の教育予算、最下位 OECD30カ国、4年連続 2010年 | トップページ | 子どもの生活世界と子ども理解 »

2013/06/27

給料最低・小規模校…民間人校長、謝罪なき退職 校長退職で橋下氏「合わないとすぐ辞める民間」

 どっちも無責任な話だなあ。
 まず、ことの発端は……。

給料最低・小規模校…民間人校長、謝罪なき退職(読売新聞)

 大阪市立小中学校で今年度から導入された校長の全国公募に応募し、4月に民間人校長として就任した市立南港緑小学校(住之江区)の千葉貴樹校長(38)が25日、「私が力を発揮できる場所とは違う」と述べ、同日付で退職した。
 同市の民間人校長は今春、11人が就任したが、退職は初めて。校長公募は橋下徹市長が掲げた教育改革の目玉だっただけに、3か月足らずでの退職は波紋を広げそうだ。
 この日の市教育委員会議で退職を承認された千葉氏は、同小で記者会見。複数の外資系証券会社に10年以上の勤務経験があるという千葉氏は、「経験を生かし、英語教育に力を入れたいとアピールしたが、今の学校の課題は基礎学力の向上だった。英語教育に力を注げる環境ではなかった」と説明した。
 また、採用過程で市教委側と意見交換する機会が少なかったことに不満を述べ、「若いからといって、各学年1学級しかない小規模校に配属され、給料も経歴に関係なく最低級。年功序列だ」と批判。自らの退職による混乱については「何も不祥事は起こしていないし、謝罪することではない」と語り、児童に対する思いを問われ、「申し訳ないという気持ちではなく、残念な気持ち」と話した。

 教師という仕事、校長という仕事がどういうものかということをまったく理解していない。「マネジメント」「マネジメント」と言われて、何か勘違いしているとしか思えない。そこには、子どもへの責任、教師としての責務という認識はないなあ。
 ところがどっこい。この制度を推進した、あの人がこんな発言をした。

校長退職で橋下氏「合わないとすぐ辞める民間」(読売新聞)

 大阪市立小に今春就任した民間人校長が3か月足らずで退職した問題で、橋下徹市長は26日、「非常に残念。自分に合わないといってすぐに辞めるのは民間の特徴だ」と述べた。
 市役所で記者団の質問に答えた。
 橋下市長は、退職した校長について「子どもがいるのだから、責任を持って応募してもらわないと困る。公の世界だという自覚を持ってもらいたい」と指摘。一方で、「年功序列の給与体系や、活躍の場がないことについて良い問題提起をもらった。公募制度が失敗だとは思っていない」とも語り、今後も制度を推進していく考えを示した。

 何か他人事のような言い方。しかも、民間では当たり前だといわんばかり。自覚をもってもらいたいというだけで済ますとは。これでも、大阪の子どもたちは悲劇だなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 日本の教育予算、最下位 OECD30カ国、4年連続 2010年 | トップページ | 子どもの生活世界と子ども理解 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57677609

この記事へのトラックバック一覧です: 給料最低・小規模校…民間人校長、謝罪なき退職 校長退職で橋下氏「合わないとすぐ辞める民間」:

« 日本の教育予算、最下位 OECD30カ国、4年連続 2010年 | トップページ | 子どもの生活世界と子ども理解 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31