« 都議選「福祉重視」最多36% 本紙世論調査 | トップページ | (記者有論)子どもの貧困 可能性の芽、摘まぬ社会に 中塚久美子 »

2013/06/17

矢臼別米軍訓練再開 住民団体、道防衛局に抗議書

 今日は、座談会原稿をひとまず仕上げて、各方面に発信。それから山になった届いている原稿にやっと手をつける。まあ、なんとかねえ。
 いつも、一人でいる気分だからダメなんでしょうね。だけど、基本、相手のことがわかんないんだよなあ、ボクは。そんな感じがする。ブツブツ言っていることで、何とかね。

 さて。米軍基地の強化というものをものすごく感じる。そこに何か道理があるのかな?

矢臼別米軍訓練再開 住民団体、道防衛局に抗議書(北海道新聞)

 陸上自衛隊矢臼別演習場で沖縄駐留米海兵隊が実弾射撃訓練を再開したことに対し、地元住民グループが16日、別海町内の演習場ゲート前で、訓練の即時中止などを求める抗議活動を行った。北海道防衛局現地対策本部の担当者に、矢臼別を含む全国5カ所で行われている海兵隊の訓練を行わないよう求める抗議書も提出した。
 米海兵隊矢臼別移転訓練反対釧根連絡会(渡辺憲一代表)と海兵隊移転反対別海町連絡会(森高哲夫代表)の50人が参加。「訓練反対」などと書かれた横断幕を掲げ、渡辺代表が「15日は訓練再開初日でありながら、砲弾数は約200発に達した。反省が全く見られない」と訴えた。

 この演習は、いうまでもなく沖縄の国道104号越え訓練の移転によるものだ。だけど、あれから沖縄ははたして負担が軽減されたのだろうか?いまの沖縄の実態がその答えではないか。
 では移転先は? 明らかに米軍基地は拡張され、強化されている。やりたい放題の訓練がなされている。これが日本の米軍基地の現実であることはもっと知られるべきことだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 都議選「福祉重視」最多36% 本紙世論調査 | トップページ | (記者有論)子どもの貧困 可能性の芽、摘まぬ社会に 中塚久美子 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

こんな動きの真実というものを明らかにするなら、もしもこの北海道を九州地方に置き換えれば、北方領土を含む千島列島を、尖閣諸島ならびびに沖縄県に置き換えれば、樺太を台湾に置き換えて考えて見れば、アメリカからすれば、沖縄県に運び込んだオスプレイを38度線付近に持ち込もうとしているなんてことになれば、北朝鮮が騙されたふりをして、アメリカに対して、核廃絶の見返りとして、オスプレイを38度線上に持って来させるなんてことにでもなれば、それこそロシアが北朝鮮の真似でもすれば、この千島列島付近を38度線にでもしてしまうなんていう真実に辿りつけば、北方領土に関しては、歯舞諸島ならびに色丹島の2島返還どころか、一つも返って来ないばかりか、北方領土には二度と行けなくなるどころではなく、樺太千島列島のロシア国民の皆様も、北海道も沖縄県民の皆様と同様に、危険な目に晒すばかりに過ぎないという真実に辿りつけば、もう聞いて呆れてしまうと同時に、お互いに、何の国益にもならないし、たまったものではございませんよね。
ならば、今度は沖縄県民の皆様からすれば、中国と一緒になって、この北海道の皆様と一緒になって、幾らでも騙されたふりをして、安倍総理を馬鹿にして、日本の1%の金と権力の亡者を揺さぶり、追い詰めて頂けるのであれば、ロシアもまた韓国と一緒になって、北海道の住民の皆様と共に、うまく騙されたふりをして、安倍総理を馬鹿にして、1%の金と権力の亡者を揺さぶってくださるのであれば、今度は福島県民の皆様からすれば、こうした沖縄県民の皆様や北海道の住民の皆様と共に、今度はアメリカのオバマ大統領と共に、幾らでも安倍総理を馬鹿にして、1%の金と権力の亡者を揺さぶり、脱原発に向かわるように揺さぶることに対して、日本国民全体で喜んで協力してあげるようにすれば良いのだし、そうすることで、日本維新の会というのは、これに対して物凄い抵抗を繰り返すばかりの、99%の中に潜む1%に過ぎない跳ね返りの反日活動家集団に過ぎないところは、1%の金と権力の亡者と同じ穴の狢に過ぎないと同時に、こんなところにしがみつく事しか出来ない使い物にならない間抜け社員や間抜け官僚、間抜け議員の寄せ集めに過ぎないタカ派勢力こそが、全人類の大敵に過ぎない存在に他ならないのだし、もう生きて行けなくなったところで構わない存在でしかないのだし、98%のまともな日本国民全体からすれば、安倍総理に対しては、アメリカや中国、ロシア、韓国と共に、幾らでも騙されたふりをして、「どうぞあなたがたと運命を共にしてくれるお友達とご一緒になって、1%の金と権力の亡者と右翼連中だけを道連れにして、アメリカの1%の金と権力の亡者ならびに中国や韓国の反日活動家の皆様や北朝鮮も道連れにして、全人類から邪魔されない様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」ということで、幾らでも窮地に追いやりながら、そっと静かに突き放す様にして、これを見捨ててしまうことで、幾らでも喜んで泣き崩してあげるようにして、大日本帝国そのものを幾らでも厳しく断罪し、これをそっと静かに葬り捨てた上で、これを乗り越えて、対米従属からは、そっと静かに離れつつも、お互いの利益に叶うことだけをすることで、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るだけの市民社会というものに変えて行くことで、これを国境を乗り越えて行くことで、日本の98%の利益に叶うと同時に、アメリカの99%の皆様の利益にも叶い、韓国や北朝鮮の国益にも叶い、中国の国益にも叶い、ロシアの国益にも叶うことが出来るだけの、心豊かな外交へと深化させて行く様にすれば良いのだし、経済規模や成長率では、韓国や北朝鮮にも喜んで譲ってあげることで、誇りを以て一人負けをして、誇りを以て、東アジアの経済発展から取り残されながらも、そっと静かに自立して存続して行く道を選択し、誇りある平和孤児となって、成熟した素敵な大人の国となってあげるようにして参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57613973

この記事へのトラックバック一覧です: 矢臼別米軍訓練再開 住民団体、道防衛局に抗議書:

« 都議選「福祉重視」最多36% 本紙世論調査 | トップページ | (記者有論)子どもの貧困 可能性の芽、摘まぬ社会に 中塚久美子 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30