« みんな、維新との選挙協力解消 参院選と都議選 | トップページ | 水道事業統合、大阪市議会委が否決 橋下市長公約どうなる »

2013/05/22

慰安婦めぐるヘイトスピーチ、国連委が日本に改善求める

 今日の朝日の社会面。

慰安婦めぐるヘイトスピーチ、国連委が日本に改善求める(朝日新聞)

 国連の社会権規約委員会は21日、日本に対して、従軍慰安婦をおとしめるような行為をやめるよう求めた。一部の排外主義的グループが「従軍慰安婦は売春婦だった」という趣旨のヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返しているのを受けたもので、政府に改善を求めている。
 同委員会は発表した見解の中で、日本政府に対して「公衆を教育し、憎悪表現や汚名を着せる表現を防ぐ」ことを求めた。さらに元慰安婦の「経済、社会、文化的な権利や補償への悪影響を懸念する」としたうえで、「必要な全ての措置」をとることも要請した。
 今回の見解では、朝鮮学校が国の高校無償化制度の対象外となったことについても、「差別にあたる」と批判し、改善を求めている。
 同委員会は、人権を保障するための国連の条約「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(社会権規約)」の締約国を対象に、定期的に見解をまとめている。今回は4月下旬に日本政府と市民団体の双方から意見を聞いたうえで、発表した。法的な拘束力はないが、政府は誠実に受け止める義務がある。……

 社会権規約委員会の日本審査では、日本のバンドが「売春ババア殺せ チョン斬れ」などの歌詞が入った曲を作り、そのCDが韓国の元慰安婦らに送りつけられた出来事も紹介されたというけど、たしかにそういう事件があったことを思い出した。審査は、橋下徹さんのこの間の「慰安婦」発言や、西村真悟議員の「韓国人の売春婦はまだうようよいる」発言の前で、そういう意味では、政治家の発言を直接批判したわけではないとも言えるのだろうけれども、こうした問題が日本社会で理解が深まっていないし、政治が役割をはたすどころか、逆の役割をはたしていることを懸念しているとも言える。この間の、政治家の発言への批判をしっかりおこなうとともに、国民レベルでの認識が深められ、共有化されるような政治的な議論もおこなわれなければいけなのだろうなあと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« みんな、維新との選挙協力解消 参院選と都議選 | トップページ | 水道事業統合、大阪市議会委が否決 橋下市長公約どうなる »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57435960

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦めぐるヘイトスピーチ、国連委が日本に改善求める:

« みんな、維新との選挙協力解消 参院選と都議選 | トップページ | 水道事業統合、大阪市議会委が否決 橋下市長公約どうなる »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31