« どうなる「いじめ対策法」 与・野党案まとまる | トップページ | 首相、9条改正に意欲…米誌インタビュー »

2013/05/17

自民、敵基地攻撃能力の保持検討 新防衛計画大綱の提言骨子案

 ニュースをクリップ。

自民、敵基地攻撃能力の保持検討 新防衛計画大綱の提言骨子案(共同通信)

 自民党は17日、国防部会・安全保障調査会の合同会議で、政府が今年新たに策定する長期的な防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」に向けた提言の骨子案を示した。北朝鮮の核・ミサイル開発を踏まえ、敵基地攻撃能力の保持を検討するよう主張。中国の海洋進出を念頭に、離島防衛の強化も打ち出した。月内に正式決定し、政府へ提出する。
 岩屋毅安全保障調査会長は会議で「自民党がこの国を守る決意を示しながら、参院選で信を問う」と述べた。
 骨子案は北朝鮮の脅威を念頭に、海上配備型迎撃ミサイル搭載のイージス艦を含め、ミサイル防衛)のための効果的な部隊配備、運用態勢の構築を図るべきだと明記した。

 時事通信の配信の提言概要はこれ。
 集団的自衛権という言葉は、概要にはないけれども、どうなんだろう。「日米防衛協力の指針(ガイドライン)見直し」ということで具体化されていくのだろうか。日米の軍事一体化と日本の役割の増大がすすみそうな文面かな。同時に、相当、自民党のなかで主導的に軍事的に傾斜していくような姿勢も垣間見えるなあ。「自主憲法制定と国防軍設置▽国家安全保障基本法制定▽日本版NSC(国家安全保障会議)設立▽秘密保護法制定▽国防基本方針見直し▽防衛省改革」からはじまって、「新たな防衛力の構築=強靱(きょうじん)な機動的防衛力」というスローガンのもと、「隙間のない事態対応▽統合運用強化=陸上総隊設置検討▽防衛駐在官増強▽島しょ防衛強化▽敵基地攻撃能力保持検討▽テロ・ゲリラへの実効的対処▽在外邦人輸送能力強化自衛隊の人員・装備・予算の大幅拡充▽諸外国並みの防衛費確保自衛隊の人員・装備・予算の大幅拡充▽諸外国並みの防衛費確保」など目白押し。自衛隊が変わるという印象。

 同時に、今日はこういうニュースもあった。
12年度の自殺自衛官79人=政府答弁書(時事通信)
 判明している自殺原因は、精神疾患等29人、家庭問題13人、借財8人、職務5人、病苦4人、その他8人だったそうだ。過去との比較の資料がないのでよくわからないけれども、戦場に近くなった自衛隊の現状をいろいろな形で反映しているようにも思える。うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« どうなる「いじめ対策法」 与・野党案まとまる | トップページ | 首相、9条改正に意欲…米誌インタビュー »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57405466

この記事へのトラックバック一覧です: 自民、敵基地攻撃能力の保持検討 新防衛計画大綱の提言骨子案:

« どうなる「いじめ対策法」 与・野党案まとまる | トップページ | 首相、9条改正に意欲…米誌インタビュー »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30