« 学童保育の障害児 10年で約3倍に | トップページ | 監視強まる生活保護(敵がいる:4) »

2013/05/01

名護市長ら「基地これ以上負えぬ」参院予算委に

 昨日は、参院予算委の公聴会が那覇でおこなわれた。そこでのやりとりは、自公政権と沖縄との根深い溝がうきぼりになった。

名護市長ら「基地これ以上負えぬ」参院予算委に(沖縄タイムス)  参院予算委員会(石井一委員長)は30日、2013年度予算案をめぐる地方公聴会を那覇市内のホテルで開いた。川上好久副知事、稲嶺進名護市長、照屋義実県商工会連合会長、新垣安弘県議が公述人として基地問題や振興などについて意見を陳述。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐっては「これ以上の負担は負えない」「県外移設が早い」など4氏ともに実現が困難との意見を述べた。  公述人に対する質疑では、自民党の山崎力氏が「本土では震災のがれき処理の受け入れですら反対されるのが現状。普天間の受け入れは困難だ」と述べ、辺野古に移設しなければ普天間が固定化すると指摘した。  これに対し稲嶺市長は「本土では国が地方にがれき処理の強要ができないというが(沖縄では)辺野古を強要している」と反論。固定化の懸念についても「二者択一で考えるべきではない。(政府は)真剣に県外を考えたのか」と訴えた。  新垣県議も「既存の滑走路を持つ県外に移設する方が早いという仲井真弘多知事の言っていることは正しい」と述べ、辺野古移設見直しを求めた。……

 この山崎議員はさらに言っている「普通の国民は『(基地を)引き受けていいよ』と言わない。それが現実。その間を縫った解決策が辺野古移設だ」とまで言ってのける。これには稲嶺市長は怒り心頭だ。「普通の国民と言うが『ウチナンチュ』は日本人に含めてもらえていないのか」と。当然の怒りだと思う。その怒りが自公政権には届かないのか。あえて無視を続くけるというのか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 学童保育の障害児 10年で約3倍に | トップページ | 監視強まる生活保護(敵がいる:4) »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57287291

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長ら「基地これ以上負えぬ」参院予算委に:

« 学童保育の障害児 10年で約3倍に | トップページ | 監視強まる生活保護(敵がいる:4) »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30