« 生活保護「心苦しく」辞退、心中図る 母殺害の娘の初公判 札幌地裁 | トップページ | アルマジロ~アフガン前線基地の7か月~ »

2013/05/14

特別支援学校の教室不足に対策を

 うちの雑誌でもとりあげたのですけど。大事なニュースです。

特別支援学校の教室不足に対策を(NHKニュース)

 障害がある子どもが通う特別支援学校の児童や生徒が急増し、教室不足が深刻になっているとして、保護者や学校の教員たちが国に早急な対策を求める署名活動を始めました。
 JR横浜駅前で行われた署名活動には、特別支援学校に通う子どもの保護者や教職員が参加しました。
 特別支援学校は、この10年間で児童や生徒の数が3万5000人、率にして40%も増えた一方、学校の数はおよそ70校、7%の増加にとどまっています。
 このため、教室が足りない学校が相次ぎ、一つの教室をカーテンで仕切って使ったり、図書室や音楽室をなくしたりして対応しています。
 参加した保護者たちは、過密化で学ぶ環境が悪化しているとして、国に対し、教室不足を早急に解消してほしいと訴えました。
 また、小学校や中学校、それに高校には、広さや設備などの基準がありますが、特別支援学校にはそうした基準はありません。
 参加した人たちは基準がないことが過密化の問題につながったとして、特別支援学校にも基準を作り、施設の整備を進めてほしいと訴え、集まった人たちが次々と署名に応じていました。
 署名活動を行ったグループの鳥居順子さんは、「障害がある子どもたちの学ぶ環境は危機的な状況です。きちんとした基準を作り、環境を整えて教室不足を解消してほしい」と話しています。
 グループでは、全国で集めた署名を、来月国に提出し、教室不足の解消と設置基準の策定を働きかけることにしています。

 大規模化の問題の背景には、特別支援学校には設置基準がないことです。2010年12月に全国の大学等の特別支援教育研究者141名が発表した「<国民の皆さんへの緊急アピール>知的障害特別支援学校大規模化の現状を憂える~適正化のための「基準」を~」においても、「大規模化が止まらず、特別支援学校の教育環境の整備が追いつかない背景の最大のものは、学校の適正規模についての全国的な基準がない、設備教育条件についての基準を示す特別支援学校設置基準がないことである」「小・中・高校の「設置基準」がありながら、未だに特別支援学校の「基準」がないままに放置されていることは、障害のある子どもたちに対する差別であり、特別支援教育軽視と非難されても弁解の余地はなかろう」と指摘されています(http://www.shinsyokyoso.org/sitetheme/kennkyuushaapi-ru.pdf
 ぜひ、署名にご協力を!
 また、20日の「おはよう日本」でも、東京の特別支援学校、神奈川の特別支援学校分教室の様子とあわせてこの問題がとりあげられるそうです。ぜひ広げましょう!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 生活保護「心苦しく」辞退、心中図る 母殺害の娘の初公判 札幌地裁 | トップページ | アルマジロ~アフガン前線基地の7か月~ »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57385308

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援学校の教室不足に対策を:

» 特別支援学校の教室不足 [びっくりしちゃった!!]
今朝の、おはよう日本でやっていたので、気になって調べてみました。テレビでは、特別支援学校では、教室の大きさなど決まっていない。教室をアコーディオンカーテンで分けて授業 ... [続きを読む]

« 生活保護「心苦しく」辞退、心中図る 母殺害の娘の初公判 札幌地裁 | トップページ | アルマジロ~アフガン前線基地の7か月~ »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30