« 首相、「進駐軍が作った」 改憲実現に意欲 | トップページ | 首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」 »

2013/05/08

内田樹さん 「日本の現在地」

 今日の朝日のオピニオン欄には内田さんが登場。正直言うと、ボクは、この人はあまり好きではないのですけど。でも、今日のはおもしろかった。本人が自身のブログで紹介している。

 国民国家としての日本」が解体過程に入った…。
 簡単に言うと、政府が「身びいき」であることを止めて、「国民以外のもの」の利害を国民よりも優先するようになってきたということである。
 ここで「国民以外のもの」というのは端的にはグローバル企業のことである。
 起業したのは日本国内で、創業者は日本人であるが、すでにそれはずいぶん昔の話で、株主も経営者も従業員も今では多国籍であり、生産拠点も国内には限定されない「無国籍企業」のことである。この企業形態でないと国際競争では勝ち残れないということが(とりあえずメディアにおいては)「常識」として語られている。
 トヨタ自動車は先般国内生産300万台というこれまで死守してきたラインを放棄せざるを得ないというコメントを出した。国内の雇用を確保し、地元経済を潤し、国庫に法人税を納めるということを優先していると、コスト面で国際競争に勝てないからである。…
 株式会社の経営努力というのは、もっとも能力が高く賃金の低い労働者を雇い入れ、インフラが整備され公害規制が緩く法人税率の低い国を探し出して、そこで操業することだと投資家たちは考えている。このロジックはまことに正しい。
 その結果、わが国の大企業は軒並み「グローバル企業化」したか、しつつある。いずれすべての企業がグローバル化するだろう。繰り返し言うが、株式会社のロジックとしてその選択は合理的である。だが、企業のグローバル化を国民国家の政府が国民を犠牲にしてまで支援するというのは筋目が違うだろう。
 大飯原発の再稼働を求めるとき、グローバル企業とメディアは次のようなロジックで再稼働の必要性を論じた。…日本企業に「勝って」欲しいなら原発再稼働を認めよ。そうしないなら、われわれは生産拠点を海外に移すしかない。そうなったら国内の雇用は失われ、地域経済は崩壊し、税収もなくなる。それでもよいのか、と。
 この「恫喝」に屈して民主党政府は原発再稼働を認めた。
 …ことあるごとに「日本から出て行く」と脅しをかけて、そのつど政府から便益を引き出す企業を「日本の企業」と呼ぶことに私はつよい抵抗を感じる。彼らにとって国民国家は「食い尽くすまで」は使いでのある資源である。
 …大学に向かって「英語が話せて、タフな交渉ができて、一月300時間働ける体力があって、辞令一本で翌日から海外勤務できるような使い勝手のいい若年労働者を大量に送り出せ」と言って「グローバル人材育成戦略」なるものを要求するのは「人材育成コストの外部化」である。
 要するに、本来企業が経営努力によって引き受けるべきコストを国民国家に押し付けて、利益だけを確保しようとするのがグローバル企業の基本的な戦略なのである。…

 グローバル化というものの本質をしっかり指摘する。そして、うならせるのはさらに後半。

 もう一つ指摘しておかなければならないのは、この「企業利益の増大=国益の増大」という等式はその本質的な虚偽性を糊塗するために、過剰な「国民的一体感」を必要とするということである。  グローバル化と排外主義的なナショナリズムの亢進は矛盾しているように見えるが、実際には、これは「同じコインの裏表」である。…  中国や韓国とのシェア争いが「戦争」なら、それぞれの国民は「私たちはどんな犠牲を払ってもいい。とにかく、この戦争に勝って欲しい」と目を血走らせるようになるだろう。  国民をこういう上ずった状態に持ち込むためには、排外主義的なナショナリズムの亢進は不可欠である。だから、安倍自民党は中国韓国を外交的に挑発することにきわめて勤勉なのである。外交的には大きな損失だが、その代償として日本国民が「犠牲を払うことを厭わない」というマインドになってくれれば、国民国家の国富をグローバル企業の収益に付け替えることに対する心理的抵抗が消失するからである。

 排外主義、ナショナリズムの亢進の背景をしっかり指摘する。
 そして、「私たちの国で今行われていることは、つづめて言えば『日本の国富を各国(特に米国)の超富裕層の個人資産へ移し替えるプロセス』なのである」と喝破する。うーん。

 皮肉混じりに言うように、それが世界の各地でおこなわれていることなのならば、ボクらが描くべき未来とはどんな世界なのだろうか?そこが問われているんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 首相、「進駐軍が作った」 改憲実現に意欲 | トップページ | 首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

このグローバル企業の本質については、これも一つの真実として捉えるなら、アメリカに置き換えれば、99%が、1%のグローバル企業の餌食にされてしまうという真実に辿りつけば、これをTPPに置き換えれば、アメリカならびに日本の99%が、1%の餌食にされてしまうという真実にもたどり着くし、それこそアベノミクスによって、円をドルと無理心中させてしまうということになれば、結局のところは、日本の1%というのは、アメリカの言いなりと言っておきながら、99%を犠牲にするという真実に辿りついてしまえば、もう聞いて呆れるばかりでしかございませんよね。
これが中国なら、それこそ、99%の中国国民なら、幾らでも騙されたふりをして、1%から離れて行くに決まっているし、これを外交カードに利用すれば、幾らでもアメリカを揺さぶってくるということになれば、中国を韓国に置き換えれば、アメリカを戦前の日本に置き換えれば、あの従軍慰安婦問題の真実と同様に辿りついてしまうとすれば、それこそ、今度は日本がイギリスの立場にでも置き換えれば、韓国を幕末の徳川幕府の立場にでも置き換えて、中国を幕末の薩摩藩にでも置き換えると、北朝鮮と琉球王国を長州藩や会津藩にでも置き換えれば、それこそ、アヘン戦争の代償を外交カードに利用すれば、騙されたふりをして、幾らでもイギリスも揺さぶるのと同様の真実に辿りついてしまうことになれば、日本からすれば、アメリカと同様、反論の余地は何処にもないのは当然ですが、イギリス国民を怒らせる様なことにでもなれば、今度は中国が戦前の日本の二の舞になってしまうという真実にも辿りついてしまえば、結局のところは、中国の国益にもならないし、アメリカの国益にもならないし、イギリスの国益にもならないし、韓国や北朝鮮をイスラエルならびにパレスチナ国家にでも置き換えれば、ドイツやフランスを中国の立場に置き換えて、日本をトルコやサウジアラビアの立場に置き換えれば、イスラエルとパレスチナ国家を、沖縄県と台湾に置き換えて見れば、それこそ、尖閣諸島付近がヨルダン川西岸あるいは38度線と同様の状態ともなれば、沖縄県民の皆様ならびに台湾に居住する住民の皆様が、ガザ地区のパレスチナ住民の皆様と同様の悲惨な運命に巻き込まれてしまうという真実にも辿りついてしまえば、中国にとっても、日本にとっても、お互いに何の国益にもならないばかりでなく、此れ程悲しいことはございませんし、アメリカにとっても何の国益にもならないばかりのことでしかないという真実にも辿りついてしまいますよね。
だが、今度はアメリカの99%を日本の立場に置き換え、日本の99%が中国の立場になってあげて、中国に対しては喜んで反面教師になってあげると共に、韓国を日本の立場となって、これを逆手に取って、それこそ「脱ニッポン型思考のすすめ」の最後ではありませんが、今度はドイツを見倣って、アメリカに対する国益の半分は、中国に譲ってあげると同時に、中国に対する国益の半分はアメリカに譲ってあげるということをすれば、北朝鮮やベトナムをはじめモンゴルや内モンゴル、ロシアにとっても良いお手本にもなるし、ヨーロッパで、ドイツが中国の立場になって、フランスが韓国の立場にでもなれば、イギリスを日本の立場になって、同じことをすれば、これも良いお手本にもなるし、日本の99%からすれば、アメリカに対する国益の半分は、中国とロシアと韓国に喜んで譲ってあげると共に、中国に対する国益の半分は、アメリカとロシアと韓国に譲ってあげると同時に、ロシアに対する国益の半分はアメリカと中国と韓国に譲ってあげるようにすれば、イスラエルをはじめ、トルコやサウジアラビアにとっても良いお手本にもなるし、EU全体を中国に置き換えて、イギリスがこれと同じことをするようになれば、今度は日本が清国を見倣って、上手く騙されたふりをして、沖縄県を日中両続状態にして、国有化した尖閣諸島を手つかずの状態で、沖縄県に払い下げることにすれば良いのだし、北方領土の千島列島を第2の沖縄県として、これに関しては日露両属状態にして、共にそっと静かに安定した海域にでもすれば、竹島はともかくとして、簡単に解決することにもなるし、対米従属からそっと静かに離れて行く代わりに、今度は新たな日英同盟を復活させると共に、ロシアとドイツとフランスならびに日英同盟によって、日本の1%をアメリカの1%と共に無理心中させることにでもなれば、それこそ、これが全人類の救世主として高く評価されることに繋がる素晴らしい運命に変えて行くことになるとすれば、此れ程喜ばしいことはございませんし、此れ程誇らしいこともございませんし、何も言うことはございませんよね。
だが、結局のところ、これに対して物凄い抵抗を繰り返し、中国や韓国との対立を煽るような排外主義というのは、日本の1%が、こうした真実に向き合うことによって、自分達が生きて行けなくなることへの不安や恐れを抱き、そのために99%を分断してしまうことで、国内では、ただ道連れになるだけの使い物にならない間抜けと跳ね返りの馬鹿とに分断させて、これが生活保護受給者へのいじめや、福島県民や沖縄県民への負担の押し付けをはじめ、ヘイトデモ等による在日外国人差別などによって、民主主義を破壊し、個人主義というものを否定し、天皇陛下を頂点とする自己犠牲を強要する全体主義と分極化した自分勝手な利己主義だけの運命共同体を護持しようとしているだけに過ぎないという真実に辿りついてしまうとすれば、結局のところ、このような運命共同体にしがみつく事しか出来ない日本人こそが、1%と同様、全人類の大敵に過ぎないという真実に辿りついてしまうとすれば、もう余りにも天皇陛下が可哀想なこととしか言い様がございませんし、全人類にとっての悲劇にも繋がりかねないという真実に辿りついてしまえば、もう生きて行けなくなったところで、幾らでも勝手に民族自決でもして頂くことになったとしても、これもまた自らが選択した運命に他ならないという真実にも辿りついてしまうとすれば、自明のこととしか言い様がございませんが、だが、これもまた、日本人の構造的欠陥というものが引き起こしたものであるという真実に向き合えば、この衝撃からくる痛みや悲しみだけは共に分かち合うことで、これを乗り越えていくことで、こうした運命共同体と天皇陛下を根本的に切り離してしまうことで、この運命共同体そのものを自己破壊させることで、これにしがみつく事しか出来ない、日本の1%ならびに右翼の皆様に対しては、上手く騙されたふりをして、「どうぞ全人類から邪魔されない様に、何処か火t目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」ということで、そっと静かに離れて行く様にすれば良いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57340885

この記事へのトラックバック一覧です: 内田樹さん 「日本の現在地」:

« 首相、「進駐軍が作った」 改憲実現に意欲 | トップページ | 首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31