« 臨場 劇場版 | トップページ | 参院選投票先、維新3%に急落 自民は47% »

2013/05/28

オスプレイ飛行、県指摘に国「違反なし」

 これって、いったい何なんだろうか? 近日中には、文書が出るんだろうけれども、あれだけの事実をつきつけられて、どう答えるというのだろうか?

オスプレイ飛行、県指摘に国「違反なし」(沖縄タイムス)

 防衛省は27日までに、米軍普天間飛行場に配備されている垂直離着陸輸送機オスプレイの県内での飛行について、県が運用ルール違反として調査を求めていた318件について、明確な違反はなかったことを確認した。検証結果を正式にまとめ次第、県に報告し、米軍に対しても運用ルールに基づいた飛行を求める方針。
 オスプレイの飛行について、県と市町村が独自で目視調査した昨年10、11月の2カ月間と同時期に、沖縄防衛局が目視した結果や写真3千枚を基に調査。県が指摘した内容について、1件ずつ照合した結果、日米合同委員会で合意した運用ルールに明確に違反する飛行はなかったと判断した。
 同委員会は昨年9月、オスプレイの飛行について(1)できる限り学校や病院を含む人口密集地域上空を避け、移動時は可能な限り水上を飛行する(2)午後10時から午前6時までは運用上必要と考えられる活動に制限する(3)ヘリモードは米軍基地内に限定-などを柱とする運用ルールを合意。
 県などの目視調査で違反と判断したのは11市町村の318件(61・5%)で、このうち315件を「学校や病院を含む人口密集地上空での飛行」と指摘していた。
 日米両政府は今夏にも普天間へオスプレイ12機の追加配備を合意しており、正式配備までに県に報告し、地元の理解を得たい考え。ただ、飛行実態を目の当たりにしている県民から、ルール順守や配備への批判の声が高まることも予想される。
 防衛省が「明確な違反は確認されなかった」としたことについて、仲井真弘多知事は27日、「(防衛省から)正式な報告を受けていない」と断った上で「僕らはそうじゃないと思っている」と反発。
 高良倉吉副知事は「実際の飛行実態を反映した調査結果なのか」と疑問を呈し「米軍基地の提供責任は国にある。防衛省は正確にオスプレイの飛行データを調査して、米側に伝えるべきだ。オスプレイに対する安全性への県民の不安は払拭(ふっしょく)されていない」と述べた。

 FBでもたくさんの写真がアップされている。ほとんど議論の余地もない。沖縄を徹底して切り捨てるということとしか思えない。だけど、それは、本土でも大きな矛盾をうむ。それほどの事態がすすんでいる。そのすべてに目をつむるのがこの政権か。
 そして、この問題での沖縄の抗議を、橋下さんは、「市民運動的」という罵声をあびせるんだろうか?
 たまらないなあ。この日本の政治は。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 臨場 劇場版 | トップページ | 参院選投票先、維新3%に急落 自民は47% »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57478922

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ飛行、県指摘に国「違反なし」:

« 臨場 劇場版 | トップページ | 参院選投票先、維新3%に急落 自民は47% »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30