« 維新国会議員団:「表現の自由、規制も」 改憲要綱原案 | トップページ | 焦ってます »

2013/05/29

自民党:古賀氏が96条改正に反対 「赤旗」に来月掲載

 なるほど、古賀さんが「赤旗」に登場かあ。

自民党:古賀氏が96条改正に反対 「赤旗」に来月掲載(毎日新聞)

 自民党の古賀誠元幹事長が共産党機関紙「しんぶん赤旗」のインタビューに応じ、憲法改正の発議要件を緩和する96条改正について「絶対にやるべきではない」と強く反対したことが分かった。自民党の元幹部が赤旗に登場するのは異例。安倍晋三首相は96条改正に前向きだが、歯止め役のいない党内への懸念が背景にあるとみられる。6月2日付日曜版に掲載される。
 古賀氏は「各議院の総議員の3分の2以上」という発議要件に関し「憲法はわが国の最高法規。他の法規を扱う基準と違うのは当然だ」と指摘。自民党は憲法改正草案で「過半数」への緩和を掲げているが「ハードルを下げることは認めることはできない」と反対姿勢を鮮明にした。
 9条については「平和憲法の根幹。その精神が一番ありがたいところで、『世界遺産』と言っている」と平和主義の堅持を主張。そのうえで「自衛隊は9条2項(戦力不保持)を1行変えて認めればいい」として、限定的な改正にとどめるべきだとの考えを示した。
 古賀氏はこのところ、テレビ番組に出演するなど改憲への慎重論を発信している。記事では戦争遺児としての生い立ちに触れ「二度と戦争を起こしてはならない。インタビューを受けたのも、戦争を知る世代の政治家の責任だと思ったからだ」と述べ、慎重な党内論議を促した。

130602180 その赤旗日曜版がこの写真。
 保守の人のあいだでも現在の改憲に反対な人は少なくない。野中さんや加藤さんなどの発言も記憶に新しいところ。少し前で言えば、防衛庁長官だった箕輪さんが、イラクへの派兵に対して違憲訴訟をたたかったこともある。かつての保守は、政治的な立場の違いは別として、ある種の良識と一貫性があったといえるのかもしれない。古賀さんは、昨年まで遺族会会長だったわけで。元派閥にしても、利益誘導のシステム、自民党的な後援会システムなどは、国民とむすびつく制度でもあった。
 1つは、小選挙区制がそれを破壊したことは言うまでもない。と、同時に、政党助成金のシステムが政党の資金の面で国民との関係を希薄化したという点もあるのだろう。自民党政治がゆきづまり、かつての利益誘導的なやりかたでの再配分ができなくなったなかで、政治と国民との距離が広がったなかで、小泉型政治が広がる。ここでも良識よりも、キャッチフレーズが優先されるような政治になった。このあたりの保守政治の変化は興味深いのだ。
 今度の改憲を見ても、訴えるべき内容はほとんどない。96条など、国をどう変えるのかという訴えもない。だけど、国民の権利を国会が阻んでいるという詭弁とすりあえ…。
 
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 維新国会議員団:「表現の自由、規制も」 改憲要綱原案 | トップページ | 焦ってます »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57485584

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党:古賀氏が96条改正に反対 「赤旗」に来月掲載:

« 維新国会議員団:「表現の自由、規制も」 改憲要綱原案 | トップページ | 焦ってます »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30