« 橋下氏が外国特派員協会で講演、来場者は「歴史的人数」 | トップページ | 臨場 劇場版 »

2013/05/27

大阪母子死亡:「もっと食べさせたかった」母親のメモ発見

 ずっと気になっている、若いお母さんと3歳の子どものこの事件。少しずつ事実が明らかになるのかなあ。

大阪母子死亡:「もっと食べさせたかった」母親のメモ発見(毎日新聞)

 母子とみられる2人の遺体が見つかった大阪市北区天満のマンションの部屋から「子どもに、もっと良い物を食べさせてあげたかった」という趣旨のメモが残されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。室内には食べ物がほとんど残っていなかったことなどから、大阪府警は餓死した可能性が高いとみて詳しい経緯を調べている。
 府警は、2人は部屋の住人の井上充代さん(28)と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)とみて、身元の確認を進めている。メモは請求書のような紙の裏に残っており、充代さんが書いたとみられる。2人の遺体は今月24日に見つかった。

 ほぼ、餓死と判断してまちがいない。すでに、ここまでも、メモは請求書の裏に手書き、電気とガスも止められ、冷蔵庫もなく、食べ物もなく、預金口座の残高は十数円…ということがわかっている。子どもも、母親もどんな思いでいたのだろうか。2月に先に子どもが亡くなり、そしてお母さんが亡くなった。それでも餓死が続く。これが日本の現実。この国の政治がもたらしているもの。悔しくて涙が出る。それでも、生活保護を利用できなくしかねない法改正がすすめられるのか? 法案をめぐる動きも山場だが…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 橋下氏が外国特派員協会で講演、来場者は「歴史的人数」 | トップページ | 臨場 劇場版 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

これもまた、問題の本質を探れば、夫からのDV被害による虐待から身を守るために、別居したものの、生活保護も
受けることもできずに餓死に辿りついてしまったという真実に辿りつけば、これも行き着く先は、従軍慰安婦問題の
真実と重なってしまうことになるばかりでしかないとすれば、もうさすがに、聞いて呆れるどころか、世界的に見れば
こんな恥ずかしいことは無いと同時に、もう此れ程悲しいことはございませんよね。
仮に、これがDV被害ではなく、麻薬の問題に置き換えれば、麻薬取締法違反と保護責任者遺棄致死罪の罪に問わ
れた身勝手な馬鹿芸人により、犠牲になられた女性の立場を、今回の餓死した母親と子供の立場に置き換えると
すれば、アメリカに置き換えれば、中国からサイゴン市内の飲み屋や売春宿で麻薬に手を出して、本国への帰国さ
れた米軍兵士を夫の立場に置き換えれば、これにより引き裂かれた家族をこの母親と子供たちの立場に置き換えて
みれば、アメリカからすれば、このような麻薬戦略を仕出かした中国も褒められたものではないことは間違いござい
ませんが、ベトナムを韓国の立場に置き換えて考えてみれば、サイゴン市内の飲み屋や売春宿で働いていた女性を
慰安婦の立場に置き換えると、これを、この餓死した母親と子供の立場に置き換えるとすれば、決して、母親には罪
があるわけでも無いし、アメリカ軍兵士にも決して罪があるわけではないものの、アメリカを戦前の日本の立場に置き
換えれば、中国を韓国の立場に置き換えれば、中国からすれば、これもまた、アメリカが自ら選択した運命に他ならない
という真実に辿りつけば、アメリカからすれば、この前科を中国に問い詰めるようなことをすれば、逆に自ら、この罪を被ら
なければならないし、そうでなければ、中国からすれば、幾らでも騙されたふりをして、アメリカを揺さぶって来ることに
なったとしても、アメリカからすれば、反論の余地は何処にも無いのは、日本からすれば、従軍慰安婦問題で、韓国に
揺さぶられることになったとしても反論の余地は何処にもないことと変わりないし、これが韓国軍兵士を夫の立場び置き換えるとすれば、ベトナム女性とその子供の立場を、この餓死した母親と子供に置き換えれば、ベトナムからすれば、韓国に対して、これと同じことをされるに決まっているし、韓国からすれば反論の余地は何処にもないものの、日本としてはベトナムに対しても、韓国に対しても、中国に対しても、アメリカに対しても、先ずは、こうした従軍慰安婦問題の真実に向き合えば、今度はドイツを見倣って、韓国や中国、ベトナムやアメリカに対して、上手く騙されたふりをして、「従軍慰安婦問題に関しましては、大日本帝国の一部の連中が勝手に仕出かしたことであり、これに目を瞑ってきた大日本帝国そのものに責任があることは間違いございませんし、これにより多くの被害者の皆様に対しましては、心から謝罪させて頂きます。だが、天皇陛下には何の罪があるわけではございませんし、むしろ、天皇陛下も、利用されただけのことだという真実に辿りつけば、こうした被害者の皆様と同様に、天皇陛下も被害者の一人であることには変わりありませんので、今後は、この大日本帝国そのものを天皇陛下と根本的に断絶させ、靖国神社につきましては、大日本帝国とも、天皇陛下とも、国際社会とも根本的に訣別させることで、幾らでも孤立化させた上で、そっと静かに慰霊顕彰だけは自由に出来る様にさせてあげることで、大切に存続させてあげたいと存じますので、近隣諸国の皆様には、どうぞ、そっと静かに通り過ぎて行かれる様になさってくだされば、此れ程有難いことはございませんし、国家賠償につきましては、残念ながら、日本には、もうこれやりたくても、余裕もゆとりもございませんし、この代償として、日本はもうこれまでの地位や名誉も全て捨て去って、幾らでも喜んで日本経済を衰退させることで、ニ度とご迷惑をおかけしないように、そっと静かに生きて参りますので、喜んで東アジアの中で取り残され、肩身の狭い思いをしてひっそりと暮らして行くことで、誰もが損することも無く誰もが得することが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、ひっそりと静まり返った社会の中で、共に幸せに暮らすことが出来るだけの社会福祉国家を目指して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」と喜んで、全人類に対して、誇りを持って伝えてあげることで、日本を二流国に転落させることは構わないし、イギリスを見倣って、名誉ある孤立をすることで、対米従属からそっと静かに離れつつも、これを乗り越えて行くことで、日本の国益がアメリカの国益にも叶い、韓国や中国の国益にも叶い、ベトナムの国益にも叶い、北朝鮮や、ロシアの国益にも叶うことが出来るだけの心豊かな平和孤児となってあげることで、アジア太平洋地域全体で、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、平和と安定に繋がって、共に幸せに暮らすことが出来るにしてあげることで、中国に対しては、喜んで反面教師になってあげることで、「成熟した素敵な大人の国」として、ひっそりと自立して行くことで、行き着く先は、全人類の救世主として高く評価されることにも繋がる素晴らしい運命を選択して参りましょう。
いずれにせよ、歴史の真実というのは一つしか無いことだし、だが一方で真実に向き合うことで、その衝撃により、物凄い痛みや悲しみを味わうことで、生きて行けなくなることへの不安や恐れを抱き、真実から目を背けたくなる気持ちは良く分からないものではございませんが、だが、真実から逃げることはできないし、逆に、真実が明かされるよりは、自ら真実を明かして、これを乗り越えるほうが、それにより、これまで築きあげてきた地位や名誉や面子は全て失うことになったとしても、新たな別の運命に変えることで、生きて行くことが出来ることもまた真実だとすれば、これに対して物凄い抵抗を繰り返し、自分達の地位や名誉、面子ばかりを優先したところで、真実が明かされることになった場合には、取り返しのつかないことになってしまえば、もう生きて行けなくなったとしても、自明のことでしかございませんし、どちらを選択するにしても、自らが選択した運命に他ならないという真実に辿りつけば、日本の将来にとって、潔く負けを認めて、幾らでも喜んで日本経済を衰退させることで、国際競争力も喪失させ、グローバル競争から下りて、対米従属からはそっと静かに離れながらも、これを乗り越えて行くのが遥に望ましいところだし、くれぐれも、このまま対米従属ししがみつくのか、それとも核武装をしてでも体型従属から離れていくのか、なんていう極端から極端な馬鹿な真似を仕出かす、自民党や日本維新の会等の右翼連中こそが、全人類の大敵にも過ぎないし、「お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもならない」ばかりでなく、一億総懺悔により日本を滅ぼすことにでもなれば、世界的には「間抜けの総懺悔」だと嘲笑われることになったとしても、これもまた日本が自ら選択した運命に他ならないという真実に辿りつけば、聞いて呆れるどころか、たまったものではございませんし、一日も早く、アベジェクシオンを終わらせる様にして参りましょう。

これもまた、問題の本質を探れば、夫からのDV被害による虐待から身を守るために、別居したものの、生活保護も
受けることもできずに餓死に辿りついてしまったという真実に辿りつけば、これも行き着く先は、従軍慰安婦問題の
真実と重なってしまうことになるばかりでしかないとすれば、もうさすがに、聞いて呆れるどころか、世界的に見れば
こんな恥ずかしいことは無いと同時に、もう此れ程悲しいことはございませんよね。
仮に、これがDV被害ではなく、麻薬の問題に置き換えれば、麻薬取締法違反と保護責任者遺棄致死罪の罪に問わ
れた身勝手な馬鹿芸人により、犠牲になられた女性の立場を、今回の餓死した母親と子供の立場に置き換えると
すれば、アメリカに置き換えれば、中国からサイゴン市内の飲み屋や売春宿で麻薬に手を出して、本国への帰国さ
れた米軍兵士を夫の立場に置き換えれば、これにより引き裂かれた家族をこの母親と子供たちの立場に置き換えて
みれば、アメリカからすれば、このような麻薬戦略を仕出かした中国も褒められたものではないことは間違いござい
ませんが、ベトナムを韓国の立場に置き換えて考えてみれば、サイゴン市内の飲み屋や売春宿で働いていた女性を
慰安婦の立場に置き換えると、これを、この餓死した母親と子供の立場に置き換えるとすれば、決して、母親には罪
があるわけでも無いし、アメリカ軍兵士にも決して罪があるわけではないものの、アメリカを戦前の日本の立場に置き
換えれば、中国を韓国の立場に置き換えれば、中国からすれば、これもまた、アメリカが自ら選択した運命に他ならない
という真実に辿りつけば、アメリカからすれば、この前科を中国に問い詰めるようなことをすれば、逆に自ら、この罪を被ら
なければならないし、そうでなければ、中国からすれば、幾らでも騙されたふりをして、アメリカを揺さぶって来ることに
なったとしても、アメリカからすれば、反論の余地は何処にも無いのは、日本からすれば、従軍慰安婦問題で、韓国に
揺さぶられることになったとしても反論の余地は何処にもないことと変わりないし、これが韓国軍兵士を夫の立場び置き換えるとすれば、ベトナム女性とその子供の立場を、この餓死した母親と子供に置き換えれば、ベトナムからすれば、韓国に対して、これと同じことをされるに決まっているし、韓国からすれば反論の余地は何処にもないものの、日本としてはベトナムに対しても、韓国に対しても、中国に対しても、アメリカに対しても、先ずは、こうした従軍慰安婦問題の真実に向き合えば、今度はドイツを見倣って、韓国や中国、ベトナムやアメリカに対して、上手く騙されたふりをして、「従軍慰安婦問題に関しましては、大日本帝国の一部の連中が勝手に仕出かしたことであり、これに目を瞑ってきた大日本帝国そのものに責任があることは間違いございませんし、これにより多くの被害者の皆様に対しましては、心から謝罪させて頂きます。だが、天皇陛下には何の罪があるわけではございませんし、むしろ、天皇陛下も、利用されただけのことだという真実に辿りつけば、こうした被害者の皆様と同様に、天皇陛下も被害者の一人であることには変わりありませんので、今後は、この大日本帝国そのものを天皇陛下と根本的に断絶させ、靖国神社につきましては、大日本帝国とも、天皇陛下とも、国際社会とも根本的に訣別させることで、幾らでも孤立化させた上で、そっと静かに慰霊顕彰だけは自由に出来る様にさせてあげることで、大切に存続させてあげたいと存じますので、近隣諸国の皆様には、どうぞ、そっと静かに通り過ぎて行かれる様になさってくだされば、此れ程有難いことはございませんし、国家賠償につきましては、残念ながら、日本には、もうこれやりたくても、余裕もゆとりもございませんし、この代償として、日本はもうこれまでの地位や名誉も全て捨て去って、幾らでも喜んで日本経済を衰退させることで、ニ度とご迷惑をおかけしないように、そっと静かに生きて参りますので、喜んで東アジアの中で取り残され、肩身の狭い思いをしてひっそりと暮らして行くことで、誰もが損することも無く誰もが得することが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、ひっそりと静まり返った社会の中で、共に幸せに暮らすことが出来るだけの社会福祉国家を目指して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」と喜んで、全人類に対して、誇りを持って伝えてあげることで、日本を二流国に転落させることは構わないし、イギリスを見倣って、名誉ある孤立をすることで、対米従属からそっと静かに離れつつも、これを乗り越えて行くことで、日本の国益がアメリカの国益にも叶い、韓国や中国の国益にも叶い、ベトナムの国益にも叶い、北朝鮮や、ロシアの国益にも叶うことが出来るだけの心豊かな平和孤児となってあげることで、アジア太平洋地域全体で、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、平和と安定に繋がって、共に幸せに暮らすことが出来るにしてあげることで、中国に対しては、喜んで反面教師になってあげることで、「成熟した素敵な大人の国」として、ひっそりと自立して行くことで、行き着く先は、全人類の救世主として高く評価されることにも繋がる素晴らしい運命を選択して参りましょう。
いずれにせよ、歴史の真実というのは一つしか無いことだし、だが一方で真実に向き合うことで、その衝撃により、物凄い痛みや悲しみを味わうことで、生きて行けなくなることへの不安や恐れを抱き、真実から目を背けたくなる気持ちは良く分からないものではございませんが、だが、真実から逃げることはできないし、逆に、真実が明かされるよりは、自ら真実を明かして、これを乗り越えるほうが、それにより、これまで築きあげてきた地位や名誉や面子は全て失うことになったとしても、新たな別の運命に変えることで、生きて行くことが出来ることもまた真実だとすれば、これに対して物凄い抵抗を繰り返し、自分達の地位や名誉、面子ばかりを優先したところで、真実が明かされることになった場合には、取り返しのつかないことになってしまえば、もう生きて行けなくなったとしても、自明のことでしかございませんし、どちらを選択するにしても、自らが選択した運命に他ならないという真実に辿りつけば、日本の将来にとって、潔く負けを認めて、幾らでも喜んで日本経済を衰退させることで、国際競争力も喪失させ、グローバル競争から下りて、対米従属からはそっと静かに離れながらも、これを乗り越えて行くのが遥に望ましいところだし、くれぐれも、このまま対米従属ししがみつくのか、それとも核武装をしてでも体型従属から離れていくのか、なんていう極端から極端な馬鹿な真似を仕出かす、自民党や日本維新の会等の右翼連中こそが、全人類の大敵にも過ぎないし、「お国のためにもならないし、天皇陛下のためにもならない」ばかりでなく、一億総懺悔により日本を滅ぼすことにでもなれば、世界的には「間抜けの総懺悔」だと嘲笑われることになったとしても、これもまた日本が自ら選択した運命に他ならないという真実に辿りつけば、聞いて呆れるどころか、たまったものではございませんし、一日も早く、アベジェクシオンを終わらせる様にして参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57473591

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪母子死亡:「もっと食べさせたかった」母親のメモ発見:

« 橋下氏が外国特派員協会で講演、来場者は「歴史的人数」 | トップページ | 臨場 劇場版 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31