« 自民党:古賀氏が96条改正に反対 「赤旗」に来月掲載 | トップページ | 71歳、念願の中学生活 盛岡となん支援学校 »

2013/05/29

焦ってます

 数日前、4人の人から、それぞれ4冊の新刊を読んだかと聞かれた。その4冊はそれぞれとても注目すべき本で、ボクもすでに買っていたり、チャックしていたりしたけど、まだ読んでいなかった。実際に、目の前の仕事のために、読まなければならない本は山積みになっている。総合誌の編集という、この仕事を20年以上やっていて、何かと問題は個別化され、細分化され、いろいろ企画を考えるにも、調べ上げる量というのは格段に増えている感じがする。まあ、年齢とともに、調べたり読んだりする速度は、どんどん低下しているにもかかわらず、一方で、調べるべき分野も増えているという事情もあるのだろうけどねえ。それでも、数日のあいだに、とりあえず2冊ほどは読んだけどねえ。
 新聞のチェックだってそう。かつては、結構、まじめに、新聞をチェックしたり、少なくとも政治面や社説などは、全国紙プラスアルファーのチェックをやっていた(そのためのブログもつくっていた)。だけど、いまはとてもそういうことはできないなあ。2紙(いまはとりあえず、朝日と赤旗)をていねいに読んで、あとはネットでのチェックですますという感じになっている。これでは、ほんとうに支配層の側の論理をつかめているのかと言われると、ちょっと心許ない。月刊誌や週刊誌となると、どんどん穴が出てくる。

 そもそも、考えてみると、仕事にどんどん時間がかかる。それは仕方がないけど、じっくり時間をかけるという我慢もできなくなっている。そういう自分の仕事の粗さが自分でよくわかるんだよなあ。だけど、それはそれで量をこなさなければいけない。だけど仕事量は減っているだよなあ。だいたい、ボクの原動力とも言えるような取材のフットワークの良さも完全に劣化している。腰が重くなっている。動かない言い訳をしている。
 相方が生き生き仕事をしているのを見ると、ああいう気分転換、切り替えの早さにちょっと苛つく(笑い)。ボクは、家庭の問題も抱えちゃうから(苦笑)。それに刺激的な仕事をしている友人の姿をみていて、やっぱり、自分の仕事に、苛つく。

 なんて、愚痴ってもはじまらないよなあ。もっと若い人といっしょに仕事をするようなスタイルをつくらないとねえ。大きな曲がり角であるのは何も政治の世界の話だけではないねえ。こういう時代だからこそ、もっともっと、新しい仕事の仕方をつくりださないとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自民党:古賀氏が96条改正に反対 「赤旗」に来月掲載 | トップページ | 71歳、念願の中学生活 盛岡となん支援学校 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57485886

この記事へのトラックバック一覧です: 焦ってます:

« 自民党:古賀氏が96条改正に反対 「赤旗」に来月掲載 | トップページ | 71歳、念願の中学生活 盛岡となん支援学校 »

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31