« 敦賀原発2号機直下に「活断層」 規制委報告、廃炉必至 | トップページ | 同胞(はらから) »

2013/05/15

橋下氏、慰安婦発言で釈明 「必要だと一切言ってない」

 今日もこの話題でもちきりだ。さて、月刊誌はどう出る?

橋下氏、慰安婦発言で釈明 「必要だと一切言ってない」(朝日新聞)

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は15日、戦時中の旧日本軍慰安婦は必要だったとした自らの発言について「(慰安婦制度が)いま必要だなんていうことは一切言っていない」「制度を問題がなかったなんて一言も言っていない」と釈明した。慰安婦の存在自体を容認していると国内外で批判が強まったため、戦時中の状況を説明したとして、沈静化を図ったものだ。大阪市役所で記者団に語った。
 安倍首相は15日の参院予算委員会で橋下氏の一連の発言に「私の、または安倍内閣、あるいは自民党の立場とはまったく違う発言だ」と答弁した。橋下氏は「立場が違うのはありがたい話。日韓基本条約で法的にすべて解決しているということの方が慰安婦を傷つけている。慰安婦の方がどれだけ大変な苦痛を味わってきたか、大変不幸な過去を背負ってきたのか、配慮すべきだと言い続けている」と反論した。
 橋下氏は戦時中の慰安婦についても「日本の行為を正当化するつもりはない」と釈明する一方、「第2次大戦当時、世界各国が同じようなことをやっていたのに、なぜ日本だけが特別な批判を受けるかを考えなければならない」と主張した。沖縄で米軍普天間飛行場の司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と進言したことについては「米兵の性犯罪は一番沖縄県民の機微に触れるところ。米兵の性的エネルギーをコントロールすることに本気になってほしいと言った」と説明した。…

 うーん。結局この人は何も認めないんよなあ。立論の1つ。強制的につれて来たことはなく、それが非難されるのはまちがっているというが、非難されているのは奴隷的な状況で強いられたということ。しかも、それを強制的につれてこられた事実などいくらでも明らかにされている。東京裁判でも、日本の裁判所の認定でも枚挙にいとまはない。世界にあったことという、それはたしかに事実だけど、これだけ組織的に、大規模に、残虐におこなわれた例はない。そもそも、世界は、戦後の歴史のなかの、現在起こっていることも含め、そういう集団的なレイプについての痛苦な反省を積み重ねてきているではないのか!
 後段の性風俗の問題などほんとうに論外。人権をまもるたたかいは、ほんとうに長いたたかいだ。現実にさまざまな葛藤が積み重なり、女性の人権を現実のものにしようとしている営みがある。そんなことに無関心で、無頓着な人が、日頃から”道徳”の大事さをとく滑稽さを自覚しようともしない。自分の道徳が、教化と押しつけ以外何ものでもないことの証左でもあるのに…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 敦賀原発2号機直下に「活断層」 規制委報告、廃炉必至 | トップページ | 同胞(はらから) »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57391620

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下氏、慰安婦発言で釈明 「必要だと一切言ってない」:

» 「保守」の本音をむき出し〜橋下・高市発言〜 [虎哲徒然日記]
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日、戦時中の旧日本軍慰安婦について「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的にも高ぶっている猛者集団 ... [続きを読む]

« 敦賀原発2号機直下に「活断層」 規制委報告、廃炉必至 | トップページ | 同胞(はらから) »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31